TOP > 国内特許検索 > 微乳頭構造を有する肺腺癌細胞用培地及びその利用

微乳頭構造を有する肺腺癌細胞用培地及びその利用

国内特許コード P160012798
整理番号 S2015-1884-N0
掲載日 2016年2月24日
出願番号 特願2015-216081
公開番号 特開2017-085909
登録番号 特許第6472084号
出願日 平成27年11月2日(2015.11.2)
公開日 平成29年5月25日(2017.5.25)
登録日 平成31年2月1日(2019.2.1)
発明者
  • 佐藤 之俊
  • 松尾 由紀子
  • 中島 裕康
出願人
  • 学校法人北里研究所
発明の名称 微乳頭構造を有する肺腺癌細胞用培地及びその利用
発明の概要 【課題】微乳頭構造を有する肺腺癌の性状をより正確に反映したヒト細胞株を提供する。
【解決手段】微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣に由来するヒト細胞株。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要

肺癌は日本のみならず世界で最も高い罹患率と死亡率を有する癌である。肺癌の中でも腺癌の罹患率が最も多く、中でも微乳頭構造を有する肺腺癌は、原発巣から容易に遊離することから、脈管侵襲やリンパ節転移を起こし、予後不良である(例えば非特許文献1~3を参照)。したがって、微乳頭構造を有する肺腺癌の病態解明及びより有効な治療法の開発が急務であるが、研究材料に乏しいのが現状である。

産業上の利用分野

本発明は、微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣に由来するヒト細胞株及びその利用に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ホロトランスフェリン、インスリン、プロゲステロン、プトレシン及びセレナイトを含有する、微乳頭構造を有する肺腺癌細胞用培地。

【請求項2】
請求項に記載の培地中で微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣から直接作製された細胞を培養する工程を備える、微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣から直接作製された細胞株の樹立方法。

【請求項3】
ホロトランスフェリン、インスリン、プロゲステロン、プトレシン及びセレナイトを含有する、微乳頭構造を有する肺腺癌細胞の培地用添加剤。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close