Top > Search of Japanese Patents > HUMAN CELL STRAIN DERIVED FROM PRIMARY LESION OF PULMONARY ADENOCARCINOMA HAVING MICROPAPILLARY STRUCTURE AND USE THEREOF

HUMAN CELL STRAIN DERIVED FROM PRIMARY LESION OF PULMONARY ADENOCARCINOMA HAVING MICROPAPILLARY STRUCTURE AND USE THEREOF

Patent code P160012798
File No. S2015-1884-N0
Posted date Feb 24, 2016
Application number P2015-216081
Publication number P2017-085909A
Patent number P6472084
Date of filing Nov 2, 2015
Date of publication of application May 25, 2017
Date of registration Feb 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 之俊
  • (In Japanese)松尾 由紀子
  • (In Japanese)中島 裕康
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title HUMAN CELL STRAIN DERIVED FROM PRIMARY LESION OF PULMONARY ADENOCARCINOMA HAVING MICROPAPILLARY STRUCTURE AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a human cell strain that accurately reflects the properties of pulmonary adenocarcinoma having a micropapillary structure.
SOLUTION: The present invention provides a human cell strain derived from a primary lesion of pulmonary adenocarcinoma having a micropapillary structure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

肺癌は日本のみならず世界で最も高い罹患率と死亡率を有する癌である。肺癌の中でも腺癌の罹患率が最も多く、中でも微乳頭構造を有する肺腺癌は、原発巣から容易に遊離することから、脈管侵襲やリンパ節転移を起こし、予後不良である(例えば非特許文献1~3を参照)。したがって、微乳頭構造を有する肺腺癌の病態解明及びより有効な治療法の開発が急務であるが、研究材料に乏しいのが現状である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣に由来するヒト細胞株及びその利用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホロトランスフェリン、インスリン、プロゲステロン、プトレシン及びセレナイトを含有する、微乳頭構造を有する肺腺癌細胞用培地。

【請求項2】
 
請求項1に記載の培地中で微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣から直接作製された細胞を培養する工程を備える、微乳頭構造を有する肺腺癌の原発巣から直接作製された細胞株の樹立方法。

【請求項3】
 
ホロトランスフェリン、インスリン、プロゲステロン、プトレシン及びセレナイトを含有する、微乳頭構造を有する肺腺癌細胞の培地用添加剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close