Top > Search of Japanese Patents > SENSITIZER FOR IMMUNOSTAINING, SENSITIZER KIT FOR IMMUNOSTAINING, AND IMMUNOSTAINING METHOD

SENSITIZER FOR IMMUNOSTAINING, SENSITIZER KIT FOR IMMUNOSTAINING, AND IMMUNOSTAINING METHOD

Patent code P160012799
File No. S2015-1811-N0
Posted date Feb 24, 2016
Application number P2015-180721
Publication number P2017-058145A
Patent number P6453734
Date of filing Sep 14, 2015
Date of publication of application Mar 23, 2017
Date of registration Dec 21, 2018
Inventor
  • (In Japanese)長塩 亮
  • (In Japanese)佐藤 雄一
  • (In Japanese)鉢村 和男
  • (In Japanese)矢野 愛子
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title SENSITIZER FOR IMMUNOSTAINING, SENSITIZER KIT FOR IMMUNOSTAINING, AND IMMUNOSTAINING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sensitizer for immunostaining capable of improving the dyeability of a sample in immunostaining.
SOLUTION: A sensitizer for immunostaining used for immunostaining a tissue slice contains an anionic surfactant and a reductant. The reductant is a sensitizer for immunostaining as at least one selected from a group consisting of phosphine and thiol compound. In the sensitizer for immunostaining, preferably, the anionic surfactant is a sodium dodecyl sulfate, and the reductant is a tris(2-carboxy ethyl)phosphine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

免疫染色は、組織標本に含まれるタンパク質を、抗原抗体反応により検出する手法である。免疫染色は免疫組織化学ともいう。免疫染色は、標的タンパク質の発現の程度を組織学的な情報と併せて取得できる有用な方法であることから、生命科学分野において広く用いられている。
免疫染色の対象となる組織標本としては、生体試料を固定した固定標本が用いられるのが通常である。生体試料に対して固定を行うことにより、試料を取得した際の細胞状態を、長期間にわたって保存可能となる。
しかし、生体試料に対して固定を行うことにより、免疫染色の感度が低下する場合が知られている。例えば、ホルマリンを用いて生体試料を固定した場合、固定によりタンパク質に架橋が生じて抗原部分がマスキングされるなど、抗原抗体反応が生じ難い状態になることがある。そこで、試料に対して抗原抗体反応が生じやすい状態にする処理が行われており、抗原賦活化や賦活化処理等と呼ばれている。

最も一般的な賦活化処理として、タンパク質分解酵素処理と、加熱処理が挙げられる。その他の賦活化処理に関するものとして、特許文献1には、賦活化処理に用いられる、CCAを含む抗原賦活剤が開示されている。また、特許文献2には、陰イオン性界面活性剤で標本を処理する目的抗原物質の賦活化方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、免疫染色用増感剤、免疫染色用増感剤キット、及び免疫染色方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
組織切片の免疫染色に用いられる免疫染色用増感剤であって、陰イオン界面活性剤及び還元剤を含み、前記陰イオン界面活性剤がドデシル硫酸ナトリウムであり、前記還元剤がトリス(2-カルボキシエチル)ホスフィンであり
前記ドデシル硫酸ナトリウムを0.1~30(w/v)%の割合で含み、前記トリス(2-カルボキシエチル)ホスフィンを0.06~20mol/lの割合で含む、免疫染色用増感剤。

【請求項2】
 
請求項1に記載の免疫染色用増感剤を用いる免疫染色方法であって、
前記組織切片の抗原に抗体を反応させる前に、前記免疫染色用増感剤を組織切片に接触させることを含む、免疫染色方法。

【請求項3】
 
前記組織切片に対して加熱処理することを含む、請求項2に記載の免疫染色方法。

【請求項4】
 
前記加熱処理の後に、前記免疫染色用増感剤を組織切片に接触させる、請求項3に記載の免疫染色方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close