Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR DETECTING MICROORGANISM

METHOD AND DEVICE FOR DETECTING MICROORGANISM commons meetings

Patent code P160012871
File No. N15075
Posted date Mar 17, 2016
Application number P2015-235541
Publication number P2016-106632A
Patent number P6274534
Date of filing Dec 2, 2015
Date of publication of application Jun 20, 2016
Date of registration Jan 19, 2018
Priority data
  • P2014-243594 (Dec 2, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)井上 直人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title METHOD AND DEVICE FOR DETECTING MICROORGANISM commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and device for detecting microorganisms, in which microorganisms can be efficiently analyzed with a cultivation plate having simple construction.
SOLUTION: In the method for detecting microorganisms, a measurement sample is supplied to a cultivation plate 10 comprising a plurality of cultivation spots supplied with another type of nutrition resource, and microorganisms included in the measurement sample are detected by means of fluorescence measurement. In the fluorescence measurement, after the measurement sample is supplied to the cultivation plate 10, fluorescence intensity from each of the cultivation spots on the cultivation plate 10 is measured before and after cultivation, and action of microorganisms included in the measurement sample is detected based on the difference of fluorescence intensity from each of the cultivation spots before and after cultivation, thereby detecting microorganisms.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

土壌には100万を超える多様な微生物が存在すると言われている。農業では、作物の栄養、土壌の団粒構造形成、病原菌の防除等が微生物の活動によって支配されており、土壌に含まれる微生物の多様性が大きいことは、多様な栄養供給ルートの確保、土壌物理特性の改善、病原菌の増殖の抑制といった有益な効果をもたらす。このように、土壌中に生息する微生物は作物の生育環境に大きく関わるものであり、土壌中の微生物を分析することは土壌の地力の実態を把握する上で重要である。

土壌中に生息する微生物を分析する方法として、生物学的方法を利用する方法が提案されている(特許文献1)。この方法は、検査用の栄養源を収納する多数個の収納部(セル)を備える培養プレートを使用し、各々のセルに異なる栄養源を供給し、検査対象である土壌サンプルを各々のセルに滴下して微生物による培養の様子、栄養源の消費量を観察することによって微生物の存在の有無、微生物の量等を検知する方法である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、微生物の検知方法及び検知装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくともL-メチオニンとL-グルタミン酸水素ナトリウムを含む別種の栄養資源が反復して供給された複数の培養スポットを備える培養プレートに土壌サンプルを供給し、蛍光測定を利用して土壌サンプルに含まれる微生物を検知する方法であって、
前記蛍光測定として、培養プレートに土壌サンプルを供給した後、前記土壌サンプルに励起光を照射し、培養前と培養期間経過後において、前記培養プレートの各々の培養スポットからの上記励起光よりも長波長の蛍光強度もしくは蛍光スペクトルを測定し、
培養前と培養期間経過後の各々の培養スポットからの蛍光強度もしくは蛍光スペクトルの差に基づいて、土壌サンプルに含まれる微生物の作用を検出することにより、微生物を検知することを特徴とする微生物の検知方法。

【請求項2】
 
前記栄養資源として微生物による有機物の分解作用を評価するための有機物が供給された培養スポットを備える培養プレートを用いることを特徴とする請求項1記載の微生物の検知方法。

【請求項3】
 
前記栄養資源として微生物が必要とする窒素源、ビタミン、リン、硫黄を含む基礎培地が供給された培養スポットを備える培養プレートを用いることを特徴とする請求項1または2記載の微生物の検知方法。

【請求項4】
 
異なる供給濃度の栄養資源が供給された培養スポットを備える培養プレートを用いることを特徴とする請求項3記載の微生物の検知方法。

【請求項5】
 
培養スポットが設けられた領域を除き、表面が撥水性を備える培養プレートを用いることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項記載の微生物の検知方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015235541thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close