Top > Search of Japanese Patents > BIODEGRADABLE POLYESTER

BIODEGRADABLE POLYESTER meetings

Patent code P160012881
File No. S2014-1122-N0
Posted date Mar 29, 2016
Application number P2014-150083
Publication number P2016-023281A
Patent number P6407600
Date of filing Jul 23, 2014
Date of publication of application Feb 8, 2016
Date of registration Sep 28, 2018
Inventor
  • (In Japanese)橘 熊野
  • (In Japanese)粕谷 健一
  • (In Japanese)永山 晃次
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title BIODEGRADABLE POLYESTER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide biodegradable polyester excellent in biodegradability, processability and strength.
SOLUTION: A copolyester comprises the following constitutional unit A and constitutional unit B.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生分解性高分子の実用化においては強度と生分解性のバランスが重要である。既存の生分解性高分子として、そのバランスが最も取れているのがポリブチレン-co-アジペート(PBAT)である(特許文献1)。エンジニアリングプラスチックであるポリブチレンテレフタレートと、生分解性高分子であるポリブチレンアジペートの共重合体であるPBATは、それぞれの共重合体ユニットの特徴である高強度かつ優れた生分解性を有することから、Ecoflexという名称で市販されている。しかしながら、PBATは石油由来であり、バイオマス資源から製造されていない。
また、本発明者らは、7-オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2,3-ジカルボン酸とジオールとのポリエステルを開示している(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生分解性と加工性および強度に優れたポリエステルに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記構成単位Aと構成単位Bを含む共重合ポリエステル。
【化1】
 
(省略)

【請求項2】
 
構成単位(A)と構成単位(B)の存在比が1:99~90:10である、請求項1に記載の共重合ポリエステル。

【請求項3】
 
数平均分子量が5000~100000である、請求項1または2に記載の共重合ポリエステル。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載の共重合ポリエステルを成形して得られる成形品。

【請求項5】
 
衛生用品、農園芸用資材、漁業用資材または土木建築用資材である、請求項4に記載の成形品。

【請求項6】
 
テレフタル酸と、7-オキサビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2,3-ジカルボン酸と、1,4-ブタンジオールとを共重合させる工程を含む、請求項1~3のいずれか一項に記載の共重合ポリエステルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014150083thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close