Top > Search of Japanese Patents > HARDENING TREATMENT METHOD OF METAL

HARDENING TREATMENT METHOD OF METAL meetings

Patent code P160012882
File No. S2014-1107-N0
Posted date Mar 29, 2016
Application number P2014-161140
Publication number P2016-027183A
Patent number P6452340
Date of filing Aug 7, 2014
Date of publication of application Feb 18, 2016
Date of registration Dec 21, 2018
Priority data
  • P2014-134017 (Jun 30, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)小山 真司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title HARDENING TREATMENT METHOD OF METAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hardening treatment method capable of hardening easily a metal surface to impart rust-resistant property and high quality thereto.
SOLUTION: A hardening treatment is performed by a hardening treatment method having steps for: immersing a metal member into a molten bath formed by melting borax and aluminum; taking out the metal member from the molten bath and cooling it; and then subjecting the metal member to heat treatment under a nitrogen atmosphere.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、機械部品や金型等の耐食性や耐摩耗性を要求される金属部材に対して、表面を改質して、耐食性、耐摩耗性、硬度を向上することが行われていた。
従来の表面改質方法としては、例えば、コーティングやプラズマ窒化処理等が挙げられる。

コーティングの処理方法としては、PVD(物理的気相成長)法による蒸着被覆が一般的である。
PVD法で形成されたコーティング膜は、耐摩耗性や耐食性に優れていることから、工具や耐エロージョン部品のハードコーティングに用いられている。
しかし、コーティング膜は、硬質で靭性が低いこと等が問題となり、しばしば基材から剥離するという問題点を有する。

プラズマ窒化処理は、窒素ガスを含む雰囲気中でグロー放電を発生させてイオン化した窒素を陰極とし、加工材料中に浸透させて窒化する熱処理方法である。
プラズマ窒化処理は、処理時間に長時間を必要とする。また、排気ガス中に多量のアンモニアが含まれるため、このアンモニアの処理が必要になる。これらのことから、プラズマ窒化処理を採用した場合、表面硬化処理の費用が高額になる。
また、プラズマ窒化処理専用の鋼種(SACM645)でなければ、所望の硬化層深さが得られない、という短所を有する。

一方、ホウ砂中へアルミニウム(Al)を添加した溶融浴に金属部材を浸漬することにより、金属部材の表面をホウ化処理する、溶融塩浸漬法は、安価で簡便な表面改質方法である(特許文献1を参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、金属の表面の硬度を向上させる硬化処理方法に係わる。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属部材を、ホウ砂及びアルミニウムを溶融した溶融浴に浸漬する工程と、
前記金属部材を前記溶融浴から取り出し、冷却する工程と、
その後、前記金属部材に対して、窒素雰囲気中で熱処理する工程を有し、
前記窒素雰囲気中で熱処理する工程の温度を、900~1000℃の範囲内とする
金属の硬化処理方法。

【請求項2】
 
冷却した前記金属部材を水中で煮沸処理した後に、前記熱処理する工程を行う、請求項1に記載の金属の硬化処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014161140thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close