Top > Search of Japanese Patents > WHEELCHAIR

WHEELCHAIR commons

Patent code P160012912
Posted date Apr 18, 2016
Application number P2015-237310
Publication number P2017-099789A
Date of filing Dec 4, 2015
Date of publication of application Jun 8, 2017
Inventor
  • (In Japanese)大津山 澄明
  • (In Japanese)浅田 晴香
Applicant
  • OSAKA SANGYO UNIVERSITY
Title WHEELCHAIR commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wheelchair which can easily and smoothly pass an ascending step having a gap between an upper step face and lower step face, and which can avoid increase in side and at the same time reduce in weight.
SOLUTION: A seat 10 is supported to a main body frame 20. Two front wheels 31, 32 are rotatably supported to the main body frame 20 at right-left positions of the seat 10. A swinging fork 43 is provide to a rear side of the main body frame 20. A rear wheel 40 is rotatably supported to the swinging fork 43. The swinging fork 43 is provided with a safety wheel supporting frame 44 so as to extend frontward and rearward of the rear wheel 40. In a front-rear direction, a middle safety wheel 50 is rotatably mounted on the safety wheel supporting frame 44 via a fixing fork 50a so as to be positioned between the front wheels 31, 32 and the rear wheel 40. The middle safety wheel 50 moves apart from a flat face when the front wheels 31, 32 and the rear wheel 40 are in contact with the flat face.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、段差を容易に乗り越すことが可能な種々の車椅子が提案されている。例えば、特許文献1には、15cm程度の段差を乗り越えやすくするために、車椅子の前輪として大径の車輪を用いることが記載されている。特許文献1の車椅子においては、後輪として小径の車輪を含むエアーキャスターが設けられる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、車椅子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
車椅子であって、
座席と、
前記座席を支持する本体フレームと、
前記座席の左右に位置するとともに前記本体フレームに回転可能に支持される第1および第2の車輪と、
左右に揺動可能に前記本体フレームの前部または後部に設けられる揺動部材と、
前記揺動部材に回転可能に支持される第3の車輪と、
前後方向において前記第1および第2の車輪と前記第3の車輪との間の位置で前記本体フレームまたは前記揺動部材に回転可能に支持される第4の車輪とを備え、
前記第3の車輪の直径は、前記第1および第2の車輪の直径よりも小さく、
前記第4の車輪は、前記第1、第2および第3の車輪が平坦面に接地しているときに前記平坦面から離間する、車椅子。

【請求項2】
 
前記第4の車輪は、前記第1の車輪の外周円の下側と前記第4の車輪の外周円の下側とに接する共通接線および前記第2の車輪の外周円の下側と前記第4の車輪の外周円の下側とに接する共通接線が前記第3の車輪の中心軸よりも下方を通るように配置される、請求項1記載の車椅子。

【請求項3】
 
前記揺動部材は、前記本体フレームの後部に設けられ、
前記第3の車輪は、前記第1および第2の車輪よりも後方に位置する、請求項1または2記載の車椅子。

【請求項4】
 
前記第3の車輪に関して前記第4の車輪と反対側で前記本体フレームまたは前記揺動部材に回転可能に支持される第5の車輪をさらに備え、
前記第5の車輪は、前記第1、第2および第3の車輪が平坦面に接地しているときに前記平坦面から離間し、前記第1の車輪の外周円の下側と前記第5の車輪の外周円の下側とに接する共通接線および前記第2の車輪の外周円の下側と前記第5の車輪の外周円の下側とに接する共通接線が前記第3の車輪の中心軸よりも下方を通るように配置される、請求項1~3のいずれか一項に記載の車椅子。

【請求項5】
 
前記第4の車輪の直径は、前記第1、第2および第3の車輪の直径よりも小さい、請求項1~4のいずれか一項に記載の車椅子。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015237310thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close