Top > Search of Japanese Patents > TREATMENT OF COLON CANCER BY CONCURRENT USE OF ANTI-PROK1 ANTIBODY AND ANTI-VEGF ANTIBODY

TREATMENT OF COLON CANCER BY CONCURRENT USE OF ANTI-PROK1 ANTIBODY AND ANTI-VEGF ANTIBODY commons meetings

Patent code P160012926
File No. FU554
Posted date Apr 19, 2016
Application number P2013-273140
Publication number P2015-127308A
Patent number P6320040
Date of filing Dec 27, 2013
Date of publication of application Jul 9, 2015
Date of registration Apr 13, 2018
Inventor
  • (In Japanese)山口 明夫
  • (In Japanese)五井 孝憲
  • (In Japanese)中澤 俊之
  • (In Japanese)呉林 秀崇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title TREATMENT OF COLON CANCER BY CONCURRENT USE OF ANTI-PROK1 ANTIBODY AND ANTI-VEGF ANTIBODY commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide novel therapeutic means of advanced recurrent colon cancer which cannot be excised.
SOLUTION: This invention relates to a therapeutic agent of colon cancer obtained by a combination of an anti-PROK1 antibody and an anti-VEGF antibody, and the therapeutic agent obtained by a further combination of at least one anticancer agent selected from irinotecan, cetuximab, 5-fluorouracil, oxaliplatin and panitumumab.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

食生活の欧米化等に伴い、日本での大腸癌の死亡数は男女共に増加傾向にあり、今後も増えることが予想されている。大腸癌は、癌が粘膜内あるいは粘膜下層に留まっている早期段階で発見される場合、内視鏡切除等によりほぼ100%の完治が可能である。しかし、癌が粘膜下層を越え、腸壁の固有筋層にまで浸潤している進行癌となると、腸の切除等が必要となる場合がある。しかも、ステージがさらに進行し、合併切除による侵襲、術後合併症や機能障害が予後改善度に見合わないと判断される症例等では切除不能と判断される。

切除不能な進行再発大腸癌の治療薬として、抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)ヒト化モノクローナル抗体製剤であるベバシズマブ(Bevacizumab)、抗EGFRヒト・マウスキメラ化モノクローナル抗体製剤であるセツキシマブ(Cetuximab)が使用されている。これらの使用により、切除不能な進行再発大腸癌であっても、生存期間が2年を超えるにまで至っている。しかし、癌の根治までには至っておらず、新規治療剤や治療方法等の開発が望まれている。

近年、VEGFとは異なる新しい血管新生増殖因子として、内分泌腺の内皮細胞に対して選択的な内分泌腺由来血管成長因子Endocrine gland vascular endothelial growth factor(EG-VEGF;別名PROK1)が報告された(非特許文献1)。さらに、EG-VEGFが正常な大腸では発現が見られないのに対し、大腸癌において発現していること等が報告された(非特許文献2)。また、甲状腺癌や膵癌においても、EG-VEGFが発現していることが報告された(非特許文献3、4)。しかし、EG-VEGFに対する抗体(以下、抗PROK1抗体という)を、大腸癌等の癌の治療及び/又は予防に使用した例はない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、抗PROK1抗体と抗VEGF抗体とを組み合わせた大腸癌の治療等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
抗PROK1抗体と抗VEGF抗体とを組み合わせてなる、大腸癌の治療剤。

【請求項2】
 
抗PROK1抗体と抗VEGF抗体とを組み合わせてなる、大腸癌における転移抑制剤。

【請求項3】
 
抗PROK1抗体と抗VEGF抗体とを含有する合剤である、請求項1または2に記載の剤。

【請求項4】
 
イリノテカン、セツキシマブ、5-フルオロウラシル、オキサリプラチン及びパニツムマブから選択される少なくとも1種の抗癌剤を、さらに組み合わせてなる、請求項1~3のいずれか一項に記載の剤。

【請求項5】
 
局所投与用である、請求項1~4のいずれか1項に記載の剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close