Top > Search of Japanese Patents > AFFECTION TROUBLE DETECTING METHOD

AFFECTION TROUBLE DETECTING METHOD meetings

Patent code P160012928
File No. FU556
Posted date Apr 19, 2016
Application number P2013-264455
Publication number P2015-119785A
Patent number P6487144
Date of filing Dec 20, 2013
Date of publication of application Jul 2, 2015
Date of registration Mar 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)友田 明美
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title AFFECTION TROUBLE DETECTING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for detecting an affection trouble non-invasively.
SOLUTION: A method for detecting an affection trouble from the change in the activation degree of a brain internal part by stimulating a subject in a reward system and by analyzing the brain image of a subject and by analyzing a brain image of the subject by a functional magnetic resonance imaging method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

愛着障害をはじめとするトラウマ関連疾患は、環境素因と遺伝的素因が複雑に絡み合って発症する多因子疾患であり、その診断や治療は容易ではない。特に子ども達の情動機構が完成する生後5歳までに、親から虐待やネグレクトを受けた場合、76%の子供が愛着障害を発症し、後の人格障害等に大きく影響することが知られている(非特許文献1)。そのため愛着障害に対する早期治療介入が必要とされている。しかし愛着障害に関する確定診断は、専門医の行動観察と患児の問題行動に対する聞き取り調査により行っているのが通例であり、国内の愛着障害専門医が少ない上に、愛着障害の症状、特に愛着障害患者の呈する多動衝動性障害が、注意欠陥多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Disorder;ADHD)などの発達障害の症状と酷似しているため、愛着障害の早期発見や鑑別診断は非常に困難な状況にある。

さらに、国内外で愛着障害患者に対する脳科学的な解析は未確立であるため、同疾患の診断に関しては、「精神障害の診断と統計の手引き5」(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders、DSM-5) (非特許文献2)で対応しているのが現状である。このため、医療現場では、個別症例の違いを予測でき、治療の効果を最大限に引き出すことができるツールが切望されていた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に分類される愛着障害の判定および愛着障害と注意欠陥多動性障害の鑑別方法に関する。より詳しくは、報酬系のストレス負荷による脳内部位の賦活度を測定することによって、注意欠陥多動性障害と区別のつきにくい愛着障害を判定する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
験者に報酬系の刺激を行い、被験者の脳画像を解析し、脳内部位の賦活度の変化から愛着障害を判定するためのデータを収集する方法であって、報酬系の刺激が金銭報酬を伴うカードめくりテストであり、脳内部位が背側線条体、腹側線条体及び視床である方法。

【請求項2】
 
被験者に金銭報酬を伴うカードめくりテストを行い、機能的磁気共鳴画像法による被験者の脳画像を解析し、脳内部位の賦活度を、
(1)高い金銭報酬を伴う場合に不変又は低下、および低い金銭報酬を伴う場合に不変又は低下
(2)高い金銭報酬を伴う場合に上昇、および低い金銭報酬を伴う場合に不変又は低下
に類別することからなる愛着障害を鑑別するためのデータを収集する方法であって、脳内部位が背側線条体、腹側線条体及び視床である方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013264455thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close