Top > Search of Japanese Patents > HEMODYNAMICS MONITORING DEVICE

HEMODYNAMICS MONITORING DEVICE meetings

Patent code P160012931
File No. FU566
Posted date Apr 19, 2016
Application number P2014-022373
Publication number P2015-146966A
Patent number P6304749
Date of filing Feb 7, 2014
Date of publication of application Aug 20, 2015
Date of registration Mar 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)重見 研司
  • (In Japanese)小畑 友里江
  • (In Japanese)高久 明子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title HEMODYNAMICS MONITORING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hemodynamics monitoring device capable of calculating left ventricle-aorta coupling Ees/Ea that serves as an index of hemodynamics in a non-invasive manner more easily and accurately than a conventional technique.
SOLUTION: Left ventricle-aorta coupling is calculated from a preejection period, an ejection period, an arterial diastolic blood pressure, and an average blood pressure on the basis of predetermined relationships in left ventricle-aorta coupling calculation means by the left ventricle-aorta coupling calculation means that the device has.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

心筋収縮末期エラスタンスEesと実効動脈エラスタンスEaの比である左心室-大動脈カップリングEes/Eaは、心臓と動脈系の結合状態(バランス)を評価する指標であり、この値を正常に保つことでバランスのとれた循環動態を維持できる。しかし、Ees/Eaを測定するためには左心室の圧と容積をカテーテルを用いて測定する必要があり、侵襲が大きく実用的でなかった。

Hayashiらは、前駆出期間PEP、駆出期間ET、収縮末期圧Pes、拡張末期大動脈圧Padから左心室-大動脈カップリングEes/Eaを算出する以下の近似式(以下、Hayashiの式ともいう。):
Ees/Ea=Pad/Pes(1+k・ET/PEP)-1
k=0.53(Ees/Ea0.51
を導いた(特許文献1、非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生体の循環動態の指標となる左心室-大動脈カップリングを非侵襲的かつ連続的にモニタリングすることにより、生体の循環動態を評価するための循環動態監視装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体の循環動態を左心室-大動脈カップリングに基づいて監視するための循環動態監視装置であって、
前記生体の左心室の心筋の収縮開始から、左心室から血液が駆出するまでの前駆出期間を非観血的に決定する前駆出期間決定手段、
前記生体の左心室から血液が駆出されている駆出期間を非観血的に決定する駆出期間決定手段、
前記生体の拡張期における大動脈内圧である動脈拡張期血圧を非観血的に決定する動脈拡張期血圧決定手段、
前記生体の平均血圧を非観血的に決定する平均血圧決定手段、および、
予め設定された関係に基づいて、前記前駆出期間決定手段により決定された前駆出期間と、前記駆出期間決定手段により決定された駆出期間と、前記動脈拡張期血圧決定手段により決定された動脈拡張期血圧と、前記平均血圧決定手段により決定された平均血圧とから、前記生体の左心室-大動脈カップリングを算出する左心室-大動脈カップリング算出手段
を有し、
前記予め設定された関係が、前記左心室-大動脈カップリングをEes/Ea、前記前駆出期間をPEP、前記駆出期間をET、前記動脈拡張期血圧をPad、前記平均血圧をPmとし、a、b、cおよびdを定数とすると、以下の方程式系(1):
Ees/Ea=a・Ees/Ea'+b
Ees/Ea'=Pad/Pm(1+k・ET/PEP)-1
k=c(Ees/Ea')d (1)
により表されるものである、
前記循環動態監視装置。

【請求項2】
 
上記方程式系(1)が、以下の方程式系(2):
Ees/Ea=0.70・Ees/Ea'-0.22
Ees/Ea'=Pad/Pm(1+k・ET/PEP)-1
k=0.53(Ees/Ea')0.51 (2)
である、請求項1に記載の装置。

【請求項3】
 
前記算出された左心室-大動脈カップリングを表示する表示装置を更に有する、請求項1または2に記載の装置。

【請求項4】
 
前記動脈拡張期血圧決定手段が、動脈血圧波形の決定または推定を伴わずに動脈拡張期血圧を決定するように構成されている、請求項1~3のいずれか1項に記載の装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014022373thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close