Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND SYSTEM FOR EXTRACTING OXIDATION PRODUCT

METHOD AND SYSTEM FOR EXTRACTING OXIDATION PRODUCT UPDATE_EN commons meetings

Patent code P160012944
File No. FU616
Posted date Apr 19, 2016
Application number P2015-041926
Publication number P2016-161464A
Patent number P6544557
Date of filing Mar 4, 2015
Date of publication of application Sep 5, 2016
Date of registration Jun 28, 2019
Inventor
  • (In Japanese)本田 知己
  • (In Japanese)濱野 大輔
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title METHOD AND SYSTEM FOR EXTRACTING OXIDATION PRODUCT UPDATE_EN commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and a system for extracting an oxidation product that can extract, from oil used in a machine or a facility, an oxidation product made of an oxidation inhibitor in the oil having been oxidized.
SOLUTION: The method for extraction is for extracting an oxidation product from oil. Oil contains base oil as a polar solvent and an oxidation inhibitor as a polar solute. The oxidation product is generated through oxidation of the oxidation inhibitor. The method for extraction includes a mixing process and a filtering process. In the mixing process, oil and a non-polar solvent are mixed so that a mixed liquid containing the oil and the non-polar solvent is generated with the precipitated oxidation product. In the filtering process, the mixed liquid obtained in the mixing process is filtered through a filter.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

油の酸化劣化の判定方法に関する技術として、特許文献1が提案されている。特許文献1には、油の酸化劣化の簡易判定法が開示されている。簡易判定法では、機械装置系に適用されている油が、2回、メンブランフィルタ分析される。簡易判定法では、1回目の測定時と2回目の測定時の結果が比較され、油の酸化劣化の進行状況が判定される。2回目の測定は、1回目の測定から所定の時間後に行われる。特許文献1には、油の酸化防止剤の残存率(残存量)を調べる方法として、RPVOT法と、RULER法があり、各方法について、次のようなことが記載されている。即ち、特許文献1には、RPVOT法は、潤滑油の基油又はタービン油等の酸化安定度を評価する方法であり、油製品の管理や使用中の油の残存寿命の推定等に用いられている、と記載されている。特許文献1には、RULER法で酸化防止剤が十分に残存していると判定されても、機械の中に茶色の油の酸化変質物が存在したり、油をメンブランフィルタで分析すると、メンブランフィルタ上に油の酸化生成物である茶色の物質が検出されることが多々ある、と記載されている。

発明者等は、特許文献2で、機械又は設備で使用された油の劣化の状態を監視する油状態監視方法及び油状態監視装置を提案している。油状態監視方法では、油が、フィルタによってろ過される。油状態監視方法では、油をろ過し、ろ過前の油の中に存在していた汚染物を捕捉したフィルタから油分が除去される。油状態監視方法では、油分が除去されたフィルタに投射された光がフィルタを透過した透過光の色成分が検出される。更に、油状態監視方法では、油分が除去されたフィルタに投射された光が反射した反射光の色成分が検出される。油状態監視装置は、光源と、カラーセンサを備える。光源は、汚染物を捕捉し、油分が除去されたフィルタに投射される光を発光する。カラーセンサは、光源で発光された光がフィルタを透過した透過光の色成分を検出する。更に、カラーセンサは、光源で発光された光がフィルタを反射した反射光の色成分を検出する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、油に含まれる酸化防止剤が酸化して生成された酸化生成物の抽出方法及び抽出システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
極性溶媒である基油と、極性溶質である酸化防止剤と、を含む油から、前記酸化防止剤が酸化して生成された酸化生成物を抽出する抽出方法であって、
前記油と無極性溶媒とを混合し、前記酸化生成物が析出した、前記油と前記無極性溶媒とを含む混合液を生成する混合工程と、
前記混合工程で生成された前記混合液を、フィルタを通してろ過するろ過工程と、を含み、
前記混合工程では、前記油と前記無極性溶媒との混合比を、体積比で、油:無極性溶媒=1:100以下として、前記油と前記無極性溶媒とを混合する、酸化生成物の抽出方法。

【請求項2】
 
極性溶媒である基油と、極性溶質である酸化防止剤と、を含む油から、前記酸化防止剤が酸化して生成された酸化生成物を抽出する抽出方法であって、
前記油と無極性溶媒とを混合し、前記酸化生成物が析出した、前記油と前記無極性溶媒とを含む混合液を生成する混合工程と、
前記混合工程で生成された前記混合液を、フィルタを通してろ過するろ過工程と、を含み、
前記混合工程では、前記油と前記無極性溶媒である石油エーテルとの混合比を、体積比で、油:石油エーテル=1:100以下として、前記油と石油エーテルとを混合する、酸化生成物の抽出方法。

【請求項3】
 
前記混合工程では、前記油と、誘電率が1.92以下である前記無極性溶媒と、を混合する、請求項1に記載の酸化生成物の抽出方法。

【請求項4】
 
前記混合工程では、前記油と、前記無極性溶媒である石油エーテル、ヘキサン、ペンタン又はヘプタンと、を混合する、請求項3に記載の酸化生成物の抽出方法。

【請求項5】
 
前記混合工程では、前記酸化防止剤としてアミン系酸化防止剤を含む前記油と、前記無極性溶媒と、を混合する、請求項1から請求項4の何れか1項に記載の酸化生成物の抽出方法。

【請求項6】
 
前記混合工程では、前記酸化防止剤としてアミン系酸化防止剤であるN-フェニル-1-ナフチルアミンを含む前記油と、前記無極性溶媒と、を混合する、請求項5に記載の酸化生成物の抽出方法。

【請求項7】
 
極性溶媒である基油と、極性溶質である酸化防止剤と、を含む油から、前記酸化防止剤が酸化して生成された酸化生成物を抽出する抽出システムであって、
前記油に対して無極性溶媒を注入する注入部と、
前記酸化生成物が析出した、前記油と前記無極性溶媒とを含む混合液を貯留する貯留部と、
フィルタを含み、前記貯留部に貯留された前記混合液を、前記フィルタを通してろ過するろ過部と、を備え、
前記注入部は、前記油に対して、前記油と前記無極性溶媒との混合比が、体積比で、油:無極性溶媒=1:100以下となる量の前記無極性溶媒を注入する、抽出システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015041926thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close