Top > Search of Japanese Patents > EXERCISE IMPLEMENT USED IN SEATING POSITION AND SUPINE POSITION

EXERCISE IMPLEMENT USED IN SEATING POSITION AND SUPINE POSITION

Patent code P160012947
File No. FU621
Posted date Apr 19, 2016
Application number P2015-063094
Publication number P2016-182181A
Patent number P6418692
Date of filing Mar 25, 2015
Date of publication of application Oct 20, 2016
Date of registration Oct 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)水沢 利栄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title EXERCISE IMPLEMENT USED IN SEATING POSITION AND SUPINE POSITION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an exercise implement which can transmit a motion of one leg to the other leg by making it interlocked with that of the other leg in a state that a user is in a seating position of seating on a chair, also can transmit the motion to a belly part and a back part while making it interlocked with those of the belly part and the back part, and can effectively perform a total body exercise and an exercise like the total body exercise.
SOLUTION: An exercise implement comprises: an inextensible belt member 3 which is wound around a waist of a user, and arranged with first connecting parts 21 at left and right sides; inextensible leg cord members 7, 8 which correspond to left and right legs of the user; and a regulation interlock member 9 which regulates an interval between left and right cords 53, 53 of the left and right leg cord members. The leg cord members 7, 8 have foot-side attachment parts 59 at lower ends of the cords 53, and second connecting parts 56 connected to the first connecting parts 21 at upper ends of the cords 53. The interval regulation member 9 has slide guide parts 79, 79 which make both the left and right cords 53, 53 slide in their length directions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

有酸素運動を効果的に行い得るように構成された運動器具として、特許文献1が開示するものが提案されている。該運動器具aは、例えば図36で示すように、立位姿勢で使用されるものであり、使用者bの体に着用される衣類手段cと、少なくとも一つの四肢末端に装着される少なく一つのアンカ-部材dと、該衣類手段cを該アンカ-部材dに接続する少なくとも一つの連結部材eを有していた。そして、該連結部材e及び該衣類手段cの少なくとも一方は弾性を有し、使用者の運動時における四肢の動きに対し抵抗を与えるように構成されていた。

その一例としては図36に示すように、前記連結部材eとしてのコ-ドfが、前記アンカ-部材dとしての靴gと前記衣類手段cとしてのベルトhに連結され、更に必要に応じて該コ-ドfが、前記衣類手段cの肩部jに連結されており、例えば脚部k,mを動作させると前記コ-ドfを介して、腰部や肩部、背中部の運動を助長させ得る効果があった。

しかしながら、かかる運動器具によるときは、これを座位又は仰臥位で使用して一方の脚部kの屈伸や外向きの旋回運動(回外運動)等の運動を行ったときに、この運動を他方の脚部mに伝達させることができ、更には腰部や背中部等にも効果的に運動効果を及ぼすことができるという仕組みにはなっておらず、座位又は仰臥位において行う脚部の運動を全身運動乃至これに近い運動に連動させるということはできなかった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、座位又は仰臥位で使用する運動器具に関するものであり、より詳しくは、座位又は仰臥位で手軽に運動を行い得るのみならず、運動量や運動形態を細かく制御し得る座位又は仰臥位で使用する運動器具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
使用者の腰回りに巻き付けられ且つ、使用者の前面で見た腰位置の左右側に第1の連結部が設けられてなる非伸縮性のベルト部材と、使用者の左右の脚部に対応する非伸縮性の左右の脚コード部材と、該左右の脚コード部材を構成する左右のコ-ド間の間隔を規制する規制連動部材とを具え、
前記左右の脚コード部材の夫々は、前記コードの下端に足側装着部を有すると共に該コードの上端には前記第1の連結部に連結される第2の連結部が設けられており、
前記規制連動部材は、前記左右のコードを内側に通す環状部を具え、該環状部は、前記左右のコードの双方又はその何れか一方をその長さ方向でスライドさせるスライドガイド部を有し、左右の該スライドガイド部の内周面で前記左右のコードが間隔をもってスライド可能に摺接できる構成とされており、前記第2の連結部が前記第1の連結部に連結され且つ前記足側装着部が使用者の足に装着されて緊張した状態にある前記左右のコード間の間隔を狭めるように規制するものであり、且つ該規制連動部材は、該規制された状態で、前記スライドガイド部が、使用者の脚部の運動に伴い該左右のコードの双方又はその何れか一方をその長さ方向でスライドさせることを特徴とする座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項2】
 
前記第1の連結部と前記第2の連結部は共にループ状部を具え、該第1、第2の連結部の連結は環状連結具を以て行われる如くなされており、該環状連結具は、略C字状を呈するフック本体の開口部が開閉杆で開閉可能となされており、該開閉杆を開いて該フック本体を前記ループ状部に挿通した後に該開閉杆が閉じられることによって前記連結がなされることを特徴とする請求項1記載の座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項3】
 
使用者の上半身に装着され且つ、使用者の前面で見た腰位置の左右側に第3の連結部が設けられてなる非伸縮性の上衣部材と、使用者の腰回りに巻き付けられ且つ、使用者の前面で見た腰位置の左右側に第1の連結部が設けられてなる非伸縮性のベルト部材と、使用者の左右の脚部に対応する非伸縮性の左右の脚コード部材と、該左右の脚コード部材を構成する左右のコード間の間隔を規制する規制連動部材とを具え、
前記左右の脚コード部材の夫々は、前記コードの下端に足側装着部を有すると共に該コードの上端には前記第1の連結部に連結される第2の連結部が設けられており、
前記規制連動部材は、前記左右のコードを内側に通す環状部を具え、該環状部は、前記左右のコードの双方又はその何れか一方をその長さ方向でスライドさせるスライドガイド部を有し、左右の該スライドガイド部の内周面で前記左右のコードが間隔をもってスライド可能に摺接できる構成とされており、前記第2の連結部が、前記第1の連結部に連結され且つ前記足側装着部が使用者の足に装着されて緊張した状態にある前記左右のコード間の間隔を狭めるように規制するものであり、且つ該規制連動部材は、該規制された状態で、前記スライドガイド部が、使用者の脚部の運動に伴い該左右のコードの双方又はその何れか一方をその長さ方向でスライドさせるようになされ、
又、前記第3の連結部が前記第1の連結部に連結されることを特徴とする座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項4】
 
前記第1の連結部と前記第2の連結部と前記第3の連結部は共にループ状部を具え、該第1の連結部と該第2の連結部の連結及び、該第1の連結部と該第3の連結部の連結は、共に環状連結具を以て行われる如くなされており、該環状連結具は、略C字状を呈するフック本体の導入開口部が開閉杆で開閉可能となされており、該開閉杆を開いて該フック本体を前記ループ状部に挿通した後に該開閉杆が閉じられることによって前記連結がなされることを特徴とする請求項3記載の座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項5】
 
前記第2の連結部が前記第1の連結部に連結され且つ前記足側装着部が使用者の足に装着されて緊張した状態にある前記左右のコード間の間隔を狭めるように規制する前記規制連動部材に、座位状態又は仰臥位状態の使用者がこれを手で把持するための把手部が設けられていることを特徴とする請求項1~4の何れかに記載の座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項6】
 
前記第2の連結部が前記第1の連結部に連結され且つ前記足側装着部が使用者の足に装着されて緊張した状態にある前記左右のコード間の間隔を狭めるように規制する前記規制連動部材に保持紐が取り付けられており、該保持紐の上端部分が前記ベルト部材に取り付けられることによって、前記規制連動部材が、使用者の膝部の上側の所要高さ位置に配置されることを特徴とする請求項1~4の何れかに記載の座位又は仰臥位で使用する運動器具。

【請求項7】
 
前記第2の連結部が前記第1の連結部に連結され且つ前記足側装着部が使用者の足に装着されて緊張した状態にある前記左右のコード間の間隔を狭めるように規制する前記規制連動部材を使用者の膝部の下側の所要高さ位置で保持するための保持杆を具え、該保持杆の上側部分は、使用者が手で把持するための把持部とされると共に、該保持杆の下端は該規制連動部材に連結されることを特徴とする請求項1又は3記載の座位又は仰臥位で使用する運動器具。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015063094thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close