Top > Search of Japanese Patents > VERTICAL FINE ADJUSTMENT MECHANISM FOR MICROSCOPE

VERTICAL FINE ADJUSTMENT MECHANISM FOR MICROSCOPE achieved

Patent code P02P000492
File No. A021P38
Posted date Jul 10, 2003
Application number P2001-225307
Publication number P2003-043372A
Patent number P4125498
Date of filing Jul 26, 2001
Date of publication of application Feb 13, 2003
Date of registration May 16, 2008
Inventor
  • (In Japanese)木下 一彦
  • (In Japanese)塩 育
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title VERTICAL FINE ADJUSTMENT MECHANISM FOR MICROSCOPE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical microscope of high stability which prevents a specimen from causing defocus and movement (drift) of an object point (object) during observation.
SOLUTION: This vertical fine adjustment mechanism of the microscope comprises vertically moving rectilinear guide mechanism 4 and 8 for an objective lens 6 of the microscope constituted to a type which is symmetric with the optical axis and fine adjustment means 10, 11 and 12 for the objective lens.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の光学測定機、光学顕微鏡の焦準機構には対物レンズをZ軸方向に上下動する機構が多く用いられている。
従来型の顕微鏡の構成を図面を参照して簡単に説明すると、図4は顕微鏡の要部側面図、図5は同平面図である。図において、101は鏡台、102は鏡台101に上下動自在に取付けた支持台、103は支持台の取付けた対物レンズ回転交換器(レボルバ)、104はレボルバに取付けた対物レンズである。支持台102は図5に示すようにその両側に上下動直進案内機構用のV溝105が形成され、さらにこの溝に対向して鏡台101にも上下動直進案内機構用のV溝106が形成されこれらV溝間にコロまたは球107が挟持されている。また支持台102にはラック108が取付けられ、このラック108に噛み合うピニオン109を有する軸110が鏡台より突出し、この突出部に不図示の操作部材が取付けられている。操作部材を回すと軸110を介してピニオン109が回転し、支持台102に設けたラック108が上下に移動し、これと共に支持台102も上下することでレボルバ103に取り付けた対物レンズ104の焦点を合わせることができるようになっている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、光学測定機などを含む光学顕微鏡等の上下微動機構(焦準機構)に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
外筒、中筒、対物レンズを取付け可能にした内筒7の三重筒を構成し、中筒3、内筒7には円周等分方向に上下動直進案内機構を設け、さらに内筒には上下微動手段を設けたことを特徴とする顕微鏡の上下微動機構。

【請求項2】
 
前記上下微動手段は、中筒7に設けた連動ピン10と、連動ピンに当接し連動ピンを上下する逆L字金物と、逆L字金物を作動するアクチュエータとを備えていることを特徴とする請求項1に記載の顕微鏡の上下微動機構。

【請求項3】
 
前記連動ピンを対称に2個設け双方に均等な力がかかるようにしたことを特徴とする請求項2に記載の顕微鏡の上下微動機構。

【請求項4】
 
前記アクチュエータはマイクロメータであることを特徴とする請求項2または請求項3に記載の顕微鏡の上下微動機構。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001225307thum.jpg
State of application right Registered
License status (In Japanese)通常実施権[C01-06]
Reference ( R and D project ) CREST Protein Structure and Functional Mechanisms -Toward Creation of Innovative Medicines, Diagnosis, and Material Production Based on Functional Mechanisms of Proteins- AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close