Top > Search of Japanese Patents > CLOUD GENERAL-PURPOSE ENVIRONMENTAL INFORMATION MONITORING SYSTEM AND MIDDLEWARE THEREOF

CLOUD GENERAL-PURPOSE ENVIRONMENTAL INFORMATION MONITORING SYSTEM AND MIDDLEWARE THEREOF UPDATE_EN commons meetings

Patent code P160012965
Posted date Apr 28, 2016
Application number P2015-171687
Publication number P2016-058084A
Date of filing Sep 1, 2015
Date of publication of application Apr 21, 2016
Priority data
  • P2014-179727 (Sep 4, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)伊藤 孝行
  • (In Japanese)大塚 孝信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
Title CLOUD GENERAL-PURPOSE ENVIRONMENTAL INFORMATION MONITORING SYSTEM AND MIDDLEWARE THEREOF UPDATE_EN commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cloud general-purpose environmental information monitoring system and its middleware for keeping damages due to natural disasters to a minimum in business types, such as types represented by agriculture industry and fishery and aquaculture industry in which yields are substantially affected by natural phenomena, and types like river management.
SOLUTION: A cloud general-purpose environmental information monitoring system has a multi-hop communication function that, by making middleware lie in between, reads supply voltage corresponding to each sensor and various settings of communication formats from a server, enables communication with each sensor, and is easy to add and change analog and digital communication-type sensors according to environmental information corresponding to a purpose. The system does not need an external power source because it includes a photovoltaic power generator. The system obtains environmental information obtained by an environmental information acquisition sensor node capable of continuous data transmission, transmits it to the cloud server through a mobile phone network or the Internet, and integrally manages the collected environmental information.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

農業や水産養殖をはじめとした、自然環境の変動により出来高が大きく変動する分野において、農業であれば育成する作物に合わせた日照量、温湿度、及び土壌水分量などの環境情報のモニタリングを行うことにより育成にとって必要な環境情報を取得し、作物の安定した生産を行うことが求められている。
また、湖水や河川、及び近海からの取水による水産生物の養殖においても、海水塩分濃度や溶解酸素量、及びPH値等の環境情報を定期的に取得することにより、安定した水質管理を行うことが求められている。
さらに、防災分野では河川の水位や周辺の気圧を代表とする環境情報を取得することにより、堤防における危険水位を逸脱する場合に近隣住民へ通報するシステムが構築されている。

特許文献1においては、雨量計および水位計の情報を定期的に取得し、農業用水路やダム、および河川の水位異常状態を通知するシステムが開示されている。
また、特許文献2においては、LED照明設備に取り付けられたカメラ端末を有線接続し、農業や産業施設内での監視を行うシステムが開示されている。
さらに、特許文献3においては、河川およびポンプを有する排水施設向けの異常水位時に警報音を鳴らし、注意喚起を行うシステムが開示されている。
また、特許文献4においては、有線接続された、河川に複数設置された水位センサの情報を比較し、危険水位の判断を行い、通報するシステムが開示されている。
しかし、どのシステムにおいても取得した環境情報は有線接続のセンサ近傍に備えられた集中管理施設によってのみ、閲覧することが可能であり、携帯端末や遠隔地から設定の変更を行うことや、データの閲覧を行うことは考慮されていない。また、センサ類に関しても、追加や変更を行うことを想定して生産されておらず、目的に応じて接続したセンサの変更を行うことは何ら考慮されていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、温湿度、大気圧、水位、日照、土壌湿度などの環境情報の取得、及び閲覧・通報するためのモニタリングシステムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アナログ及びデジタル通信式センサを目的に応じた環境情報により追加、変更が容易な無線通信ノードを備えたことを特徴とするクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項2】
 
マルチホップ通信が可能であり、太陽光発電装置により外部電源を必要とせず、継続的にデータ送信が可能な環境情報取得センサノードを備えたことを特徴とする請求項1記載のクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2により取得された環境情報取得を携帯電話回線網、もしくはインターネット回線網を通じてクラウドサーバへ送信する受信ユニットを備えたことを特徴とするクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項4】
 
請求項1または請求項3に記載の環境情報取得センサノード、及び受信ユニットにより収集された環境情報を一括管理するクラウドサーバアプリケーションを備えたことを特徴とするクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項5】
 
請求項4記載のサーバアプリケーションにおいて、ユーザがWebインターフェースにて、自己のセンサ情報を携帯端末等により閲覧可能としたことを特徴とするクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項6】
 
前記サーバアプリケーションにおいて、ユーザが設定したセンサ毎の異常値に応じて携帯電話のSMSメッセージ、及びe-mailによりユーザへ通報することを特徴とする請求項5記載のクラウド型汎用環境情報モニタリングシステム。

【請求項7】
 
請求項1記載の無線通信ノードに組み込まれ、各センサに応じた供給電圧、通信形式の各種設定をサーバから読み込み、各センサとの通信を可能とするミドルウェア。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015171687thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close