Top > Search of Japanese Patents > GUIDING DEVICE OF CAPSULE ENDOSCOPE

GUIDING DEVICE OF CAPSULE ENDOSCOPE

Patent code P160012971
File No. N15080
Posted date May 11, 2016
Application number P2016-036995
Publication number P2017-153530A
Patent number P6667176
Date of filing Feb 29, 2016
Date of publication of application Sep 7, 2017
Date of registration Feb 27, 2020
Inventor
  • (In Japanese)田代 晋久
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title GUIDING DEVICE OF CAPSULE ENDOSCOPE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a guiding device of a capsule endoscope in which the capsule endoscope being taken is guided by using magnetic force and a simple constitution is provided.
SOLUTION: A guiding device of a capsule endoscope includes a capsule endoscope, and magnetic field action means for guiding and operating the capsule endoscope from outside the body by applying magnetic force in the capsule endoscope. The magnetic field action means includes: a first permanent magnet 21a and a second permanent magnet where the same poles are arranged to face each other; and a magnetic spacer material mounted by abutting an end face between the opposed magnetic poles of the first permanent magnet and the second permanent magnet, and having a cross section becoming a gear-wheel shape.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

カプセル型内視鏡は内服型の内視鏡であり、近年、人体の内臓器官の検査に用いられるようになってきた。カプセル型内視鏡は円筒状のカプセル内に、内臓器官を撮影する撮影機構と、撮影した映像情報を外部に送信する通信機構と、これらの機構を駆動する電源とを内蔵している。
カプセル型内視鏡は器官の蠕動運動により人体内を通過しながら内臓器官の内部を撮影するが、撮影する部位を調整したり、移動位置を調整したりするための機構として、磁界(磁力)を利用してカプセル型内視鏡の位置を調節する手段が検討されている。磁界を利用してカプセル型内視鏡の位置を調節する方法としては、カプセル型内視鏡に永久磁石を内蔵させ、コイルや永久磁石を利用して磁力によりカプセル型内視鏡を位置調節する方法等が提案されている(特許文献1~4等)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、内服したカプセル型内視鏡を体内において誘導操作するカプセル型内視鏡の誘導装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
カプセル型内視鏡と、
該カプセル型内視鏡に磁力を作用させ、体外からカプセル型内視鏡を誘導操作する磁界作用手段とを備えるカプセル型内視鏡の誘導装置であって、
前記磁界作用手段が、
同極を対向させた配置とした第1の永久磁石及び第2の永久磁石と、
前記第1の永久磁石と第2の永久磁石の対向する磁極間に装着された磁性スペーサ材とを備え
前記磁性スペーサ部材が、歯車形状に形成されていることを特徴とするカプセル型内視鏡の誘導装置。

【請求項2】
 
カプセル型内視鏡と、
該カプセル型内視鏡に磁力を作用させ、体外からカプセル型内視鏡を誘導操作する磁界作用手段とを備えるカプセル型内視鏡の誘導装置であって、
前記磁界作用手段が、
同極を対向させた配置とした第1の永久磁石及び第2の永久磁石と、
前記第1の永久磁石と第2の永久磁石の対向する磁極間に装着された磁性スペーサ材とを備え
前記第1の永久磁石と第2の永久磁石の軸線方向の外端面に、第1の磁性材と第2の磁性材がそれぞれ装着されていることを特徴とするカプセル型内視鏡の誘導装置。

【請求項3】
 
前記磁性スペーサ部材が、歯車形状に形成されていることを特徴とする請求項2記載のカプセル型内視鏡の誘導装置。

【請求項4】
 
前記磁性スペーサ材が、径方向に着磁された径方向着磁磁石であることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載のカプセル型内視鏡の誘導装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016036995thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close