Top > Search of Japanese Patents > CARBON FIBER-REINFORCED PLASTIC, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND CARBON FIBER

CARBON FIBER-REINFORCED PLASTIC, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND CARBON FIBER commons

Patent code P160012974
File No. N15084
Posted date May 11, 2016
Application number P2016-041629
Publication number P2017-155172A
Date of filing Mar 3, 2016
Date of publication of application Sep 7, 2017
Inventor
  • (In Japanese)村上 泰
  • (In Japanese)鮑 力民
  • (In Japanese)小林 正美
  • (In Japanese)奥野 直樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title CARBON FIBER-REINFORCED PLASTIC, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND CARBON FIBER commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a carbon fiber-reinforced plastic with improved adhesion between a carbon fiber and a thermoplastic resin, a method for producing the same, and a carbon fiber.
SOLUTION: A carbon fiber-reinforced plastic 10 includes a carbon fiber 1 and a thermoplastic resin 3. The outer periphery of the carbon fiber 1 is partially or entirely coated with a titanium compound layer 2. The thermoplastic resin 3 is preferably a polyester resin, and the titanium compound layer 2 is a titanium oxide film formed from a titanium alkoxide solution. The method for producing the carbon fiber-reinforced plastic 10 comprises: preparing the carbon fiber 1 whose outer periphery is partially or entirely coated with the titanium compound layer 2; and combining the prepared carbon fiber 1 and the thermoplastic resin 3 to produce the carbon fiber-reinforced plastic 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics:FRP)は、ガラス繊維等の繊維を母材樹脂中に入れて強度を向上させた複合材であり、軽量、高強度及び耐食性に優れていることから、金属の代替材料として航空機や車両の内外装等に使用されている。母材樹脂として熱硬化性樹脂を用いたFRPは、高強度であるが、成形時間がやや長く、リサイクル性も悪いという難点がある。一方、母材樹脂として熱可塑性樹脂を用いたFRPは、繊維強化熱可塑性プラスチック(Fiber Reinforced Thermoplastics:FRTP)と呼ばれ、加熱して溶融し易いので、成形時間が短く、リサイクル性もよいという利点があり、注目されている。

これらFRPでは、繊維としてガラス繊維や炭素繊維が主に用いられており、特に炭素繊維と熱硬化性樹脂であるエポキシ樹脂とで構成された炭素繊維強化プラスチック(Carbon Fiber Reinforced Plastic:CFRP)は、炭素繊維が母材樹脂中に分散されていて、軽量である上、強度や剛性が高いため、ゴルフシャフト、テニスラケット、釣竿等に幅広く利用され、また、大型航空機の翼や胴体等の主要構造部材にも使用されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、熱可塑性樹脂と炭素繊維との密着性に優れた炭素繊維強化プラスチック及びその製造方法並びに炭素繊維に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭素繊維と熱可塑性樹脂とを有する炭素繊維強化プラスチックであって、前記炭素繊維は、チタン化合物層で外周の一部又は全部が被覆されていることを特徴とする炭素繊維強化プラスチック。

【請求項2】
 
前記熱可塑性樹脂が、ポリエステル樹脂である、請求項1に記載の炭素繊維強化プラスチック。

【請求項3】
 
前記チタン化合物層が、チタンアルコキシド溶液から形成されてなる酸化チタン膜である、請求項1又は2に記載の炭素繊維強化プラスチック。

【請求項4】
 
チタン化合物層で外周の一部又は全部が被覆された炭素繊維を準備する工程と、準備された前記炭素繊維と熱可塑性樹脂とを複合させる工程とを有することを特徴とする炭素繊維強化プラスチックの製造方法。

【請求項5】
 
前記チタン化合物層が、チタンアルコキシド溶液を脱水縮合して形成される、請求項4に記載の炭素繊維強化プラスチックの製造方法。

【請求項6】
 
前記熱可塑性樹脂がポリエステル樹脂である、請求項4又は5に記載の炭素繊維強化プラスチックの製造方法。

【請求項7】
 
チタン化合物層で外周の一部又は全部が被覆されていることを特徴とする炭素繊維。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016041629thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close