Top > Search of Japanese Patents > SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS, SHEET-LIKE PACK, AND PRODUCTION METHODS OF SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS

SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS, SHEET-LIKE PACK, AND PRODUCTION METHODS OF SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS

Patent code P160012979
File No. N15106
Posted date May 11, 2016
Application number P2016-059886
Publication number P2017-171614A
Date of filing Mar 24, 2016
Date of publication of application Sep 28, 2017
Inventor
  • (In Japanese)金 翼水
  • (In Japanese)渡邊 圭
  • (In Japanese)李 鎬翌
  • (In Japanese)山口 恭平
  • (In Japanese)永石 智貴
  • (In Japanese)トウ テン
  • (In Japanese)原 国豪
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
  • (In Japanese)株式会社エヌツーセル
Title SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS, SHEET-LIKE PACK, AND PRODUCTION METHODS OF SHEET-LIKE PACK BASE MATERIALS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide sheet-like pack base materials capable of giving a high degree of mental satisfaction in addition to of giving a higher beauty effect.
SOLUTION: The present invention has a nano fiber layer 20 consisting of a nano fiber 22, and gold 24 is deposited on the nano fiber layer 20. The nano fiber layer 20 is also formed on one surface of a seat-like reinforce layer 10, and the gold 24 coats the surface of the nano fiber 22. Preferably the thickness of the gold 24 ranges from 1 nm to 100 nm, and preferably the nano fiber 22 consists of a hydrophilic polymer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、補強材層とナノ繊維層とを有するシート状パック(例えばフェイスパック)が知られている(例えば、特開2007-070347号公報参照。)。

図12は、従来のシート状パック900を説明するために示す図である。図12(a)は従来のシート状パック900の側断面図であり、図12(b)は図12(a)における破線Aで囲まれた部分の拡大図である。

従来のシート状パック900は、図12に示すように、親水性の繊維912からなる基材(補強材層)910の一方面に、親水性のナノ繊維922からなるナノ繊維層920が形成された構造を有している。従来のシート状パック900においては、ナノ繊維層920に化粧液又は美容液が含浸されている。

このため、従来のシート状パック900を例えば顔面などに貼り付けて使用することにより、高い美容効果が得られる。すなわち、従来のシート状パック900は、ナノ繊維922の繊維径が小さいことから、ナノ繊維922が肌の細かい溝に入り込みやすくなり、肌への密着性に優れる。これにより、ナノ繊維層920に含浸された化粧液又は美容液がナノ繊維を介して肌に浸透しやすくなる。

また、従来のシート状パック900は、ナノ繊維922の繊維径が小さいことから、ナノ繊維同士の間に形成される空隙の空間体積が大きくなる。このため、当該空隙に化粧液又は美容液が保持されやすくなり、大量の化粧水又は美容液をナノ繊維層に含浸させることが可能となる。その結果、従来のシート状パック900によれば、美容効果及び保湿効果が長時間持続可能となり、それによって、高い美容効果が得られる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、シート状パック基材、シート状パック及びシート状パック基材の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ナノ繊維からなるナノ繊維層を有し、
前記ナノ繊維層には、金が含まれていることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項2】
 
請求項1に記載のシート状パック基材において、
前記ナノ繊維層は、シート状の補強材層の一方面に形成されていることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項3】
 
請求項2に記載のシート状パック基材において、
前記補強材層は、前記ナノ繊維の繊維径よりも大きな繊維径を有する繊維からなることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載のシート状パック基材において、
前記金は、前記ナノ繊維の表面を被覆した状態となっていることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項5】
 
請求項1~3のいずれかに記載のシート状パック基材において、
前記金は、前記ナノ繊維に含まれた状態で存在していることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれかに記載のシート状パック基材において、
前記ナノ繊維は、親水性ポリマーからなることを特徴とするシート状パック基材。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれかに記載のシート状パック基材を用いて製造されていることを特徴とするシート状パック。

【請求項8】
 
請求項7に記載のシート状パックにおいて、
前記シート状パックは、顔面に貼り付けて用いる顔面貼付用のシート状パックであることを特徴とするシート状パック。

【請求項9】
 
ナノ繊維からなるナノ繊維層に金が含まれているシート状パック基材を製造するためのシート状パック基材の製造方法であって、
前記ナノ繊維の原料となるポリマー溶液を準備する工程と、
前記ポリマー溶液を電界紡糸することによって前記ナノ繊維層を形成する電界紡糸工程と、
前記ナノ繊維層に金を蒸着させる金蒸着工程と、
を有することを特徴とするシート状パック基材の製造方法。

【請求項10】
 
ナノ繊維からなるナノ繊維層に金が含有しているシート状パック基材を製造するためのシート状パック基材の製造方法であって、
前記ナノ繊維の原料となるポリマー溶液に金の粒子を分散させた金分散ポリマー溶液を準備する工程と、
前記金分散ポリマー溶液を電界紡糸することによって前記ナノ繊維層を形成する電界紡糸工程と、
を有することを特徴とするシート状パック基材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016059886thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close