Top > Search of Japanese Patents > DESTRUCTION PREVENTION STRUCTURE FOR VIADUCT

DESTRUCTION PREVENTION STRUCTURE FOR VIADUCT

Patent code P160012987
File No. (S2014-0692-N0)
Posted date May 20, 2016
Application number P2015-132426
Publication number P2016-027239A
Patent number P6671612
Date of filing Jul 1, 2015
Date of publication of application Feb 18, 2016
Date of registration Mar 6, 2020
Priority data
  • P2014-138360 (Jul 4, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)後藤 芳顯
  • (In Japanese)山田 忠信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
  • (In Japanese)日本車輌製造株式会社
Title DESTRUCTION PREVENTION STRUCTURE FOR VIADUCT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a destruction prevention structure for viaduct with a relatively simple structure and satisfactory workability capable of preventing destruction of bridge pier as well as destruction of the entire viaduct caused therefrom.
SOLUTION: A bridge pier transverse beam 3 has brackets 4 provided at both ends thereof and is provided with a cable 5 having a slack. One end of the cable 5 is fastened to the brackets 4 and the other end thereof is fixed at an appropriate position. In an ordinary state or in an earthquake, little force is applied to the cable 5; but at an occurrence of destruction, the cable gets tensioned and weight is distributed to thereby prevent destruction of a bridge pier 2a, 2b, 2c or 2d to prevent destruction of the entire viaduct caused therefrom.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、高架橋では上部構造(桁)が横梁上面に設置され支承で支持されている。この支承が東北太平洋沖地震クラスの極大地震動によって破壊した場合、上部構造が水平方向に大きく移動し下部構造である橋脚と横梁から落下する可能性がある。

これを防止する目的で設置されるのが落橋防止装置である。落橋防止装置は橋脚が致命的な損傷に至っていない場合に有効に機能する。しかしながら、橋脚が倒壊した場合には無力であり高架橋全体の倒壊につながる。

この種の落下防止装置として、上部構造端部と下部構造または隣接する上部構造端部同士をPCケーブルによって連結することにより、支承損壊後の上部構造の移動をPCケーブルによって制限し落橋を防止するもの(特許文献1参照)がある。
また、PCケーブル式と同様に、上部構造端部と下部構造を鋼製のチェーンによって連結し,上部構造の移動を制限することにより落橋を防止するもの(特許文献2参照)がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、橋脚と横梁を有する高架橋の倒壊防止構造に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
橋脚と横梁を有し、前記橋脚と前記横梁とが略T字形状をなす高架橋において、
前記横梁の長手方向の両端に、それぞれケーブルの一方を固定し、前記ケーブルの、前記横梁に固定された箇所を第1固定点とすること、
前記ケーブルの他方を、前記横梁の同じ方向の外側に位置するアンカーに、
それぞれ弛ませて固定し、前記ケーブルの、前記アンカーに固定された箇所を第2固定点とすること、
前記橋脚の基部が損傷し耐力を喪失することで、前記橋脚の変位が耐震設計での許容限界を超えたとき以降に、
前記ケーブルが緊張することにより、
前記橋脚の倒壊および付随して生じる高架橋の全体倒壊を防止すること
前記ケーブルの長さは、
前記橋脚の変位前の前記第1固定点と前記第2固定点との水平方向の距離に、耐震設計での許容限界に発生している前記橋脚の変位により生じる前記第1固定点の水平方向の変位を加えた値と、前記第1固定点と前記第2固定点との高さ方向の距離と、に基づき、ピタゴラスの定理により算出した値を超えた値であり、
前記橋脚の変位前の前記第1固定点と前記第2固定点との水平方向の距離に、倒壊点に発生している前記橋脚の変位により生じる前記第1固定点の水平方向の変位を加えた値と、前記第1固定点と前記第2固定点との高さ方向の距離と、に基づき、ピタゴラスの定理により算出した長さを超えない値であること、
を特徴とする高架橋の倒壊防止構造。

【請求項2】
 
前記横梁の両端部にそれぞれ2本のケーブルを取付け、
橋脚に対して橋軸方向の両側に設置したアンカーに、
2本のケーブルの他端を、
それぞれ弛ませて固定し、
橋脚の橋軸方向の倒壊を抑止することを特徴とする請求項1に記載する高架橋の倒壊防止構造。

【請求項3】
 
ケーブルの結合部にダンパーおよび/または弾性体を設置してケーブルに作用する衝撃力を低減することを特徴とする請求項1または請求項2の何れか1項に記載の高架橋の倒壊防止構造。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015132426thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close