Top > Search of Japanese Patents > FLYING BODY CAPABLE OF TRAVELING ON LAND

FLYING BODY CAPABLE OF TRAVELING ON LAND

Patent code P160012989
Posted date May 20, 2016
Application number P2015-158743
Publication number P2016-043922A
Patent number P6624423
Date of filing Aug 11, 2015
Date of publication of application Apr 4, 2016
Date of registration Dec 6, 2019
Priority data
  • P2014-166767 (Aug 19, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)山田 学
  • (In Japanese)高橋 七奈
  • (In Japanese)大塚 真生
  • (In Japanese)小澤 愛
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
Title FLYING BODY CAPABLE OF TRAVELING ON LAND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that when a flying body in which wheels having a protection function are provided to a flying body main body and which travels with its propulsion part inclined in a travelling direction is applied to the inspection of a ceiling, a wall, etc. of a deteriorated tunnel or a deteriorated bridge, it is impossible for the flying body to travel horizontally on a vertical wall since there is no lifting force vertically upward.
SOLUTION: A flying body 1 having an axle 11 attached to a flying body main body 20 having a propulsion part 21 so that it is perpendicular to a travelling direction of wheels 12 in travelling on land includes a roll shaft 22 orthogonal to the axle 11, and a roll bearing 23 that rotatably engages with the roll shaft 22, either the roll shaft 22 or the roll bearing 23 being fixed to the flying body main body 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明の対象である陸上走行可能な回転する車輪付の飛行体に関する従来技術は、車輪の無い、推進器(プロペラ駆動装置やジェット型推進装置など)をもつ飛行体(以下、飛行体本体)である。例えば非特許文献1と2のようなヘリコプタ型のものや、非特許文献3のような飛行船型や、非特許文献4のような航空機型のものである。一方、特許文献1では、機体に複数のロータ(プロペラ)が配設された飛行体本体であって、ロータを2次元的にプロテクトフレームで囲うことによって、フレームの内側に配設される前記ロータと障害物との接触を防止する飛行体本体を開示している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、推進部を有する飛行体本体に、陸上走行時の車輪の進行方向に垂直となるように取り付けた車軸を有した陸上走行可能な飛行体に関するものである(以下、「陸上走行時の車輪の進行方向」を「車輪の進行方向」と略して記載する)。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
推進部を有する飛行体本体に、陸上走行時の車輪の進行方向に垂直となるように取り付けた車軸を有した飛行体において、
前記車軸に直交するロール軸と、
前記ロール軸に回転自在に嵌合したロール軸軸受と、を有し、
前記ロール軸または前記ロール軸軸受の内、いずれか一方が前記飛行体本体に固定され
残りの他方は前記車軸に固定され、
前記飛行体本体に対して前記車軸が回転し、
前記飛行体本体に、前記回転を制止するロック機構を有することを特徴とする飛行体。

【請求項2】
 
前記ロック機構は、前記ロール軸にロック部を固定し、
前記ロック部に、前記車軸または前記車軸に平行なロック軸を、
弾性体による付勢力で固定することを特徴とする請求項1に記載する飛行体。

【請求項3】
 
壁等に前記車輪が当接し、前記付勢力と反対方向の力が発生すると、前記ロック機構が解除されることを特徴とする請求項2に記載する飛行体。

【請求項4】
 
推進部を有する飛行体本体に、陸上走行時の車輪の進行方向に垂直となるように取り付けた車軸を有した飛行体において、
前記飛行体本体に固定したロール軸と、
前記ロール軸の両端にロール軸軸受と、
前記ロール軸軸受に回転自在に嵌合し、前記ロール軸に直交し互いに平行である前記車軸と、
前記車軸の両端に前記車輪を回転自在に嵌合する車輪嵌合部を有し、
前記ロール軸に対して、一方の側の一対の前記車輪嵌合部は、一方の車輪と嵌合し、
他方の側の一対の前記車輪嵌合部は、他方の車輪と嵌合していることを特徴とする飛行体。

【請求項5】
 
推進部を有する飛行体本体に、陸上走行時の車輪の進行方向に垂直となるように取り付けた車軸を有した飛行体において、
前記飛行体本体に固定したロール軸軸受と、
前記ロール軸軸受に回転自在に嵌合したロール軸と、
前記ロール軸の両端に前記ロール軸に直交し互いに平行である前記車軸を固定し、
前記車軸の両端に前記車輪を回転自在に嵌合する車輪嵌合部を有し、
前記ロール軸に対して、一方の側の一対の前記車輪嵌合部は、一方の前記車輪と回転自在に嵌合し、
他方の側の一対の前記車輪嵌合部は、他方の車輪と嵌合していることを特徴とする飛行体。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015158743thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close