Top > Search of Japanese Patents > PLANT TISSUE TRANSPARENTIZING AGENT

PLANT TISSUE TRANSPARENTIZING AGENT UPDATE_EN commons

Patent code P160012999
File No. NU-635
Posted date May 30, 2016
Application number P2015-245977
Publication number P2017-108684A
Patent number P6601842
Date of filing Dec 17, 2015
Date of publication of application Jun 22, 2017
Date of registration Oct 18, 2019
Inventor
  • (In Japanese)栗原 大輔
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title PLANT TISSUE TRANSPARENTIZING AGENT UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a plant tissue transparentizing agent which can transparentize a plant tissue quickly and conveniently, and provide a plant tissue transparentizing agent which can transparentize a plant tissue while stably maintaining the fluorescent properties of fluorescent protein.
SOLUTION: A plant tissue transparentizing agent comprises at least one polyhydric alcohol selected from the group consisting of an alcohol amine and a sugar alcohol, and an ionic surfactant.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物の個々の細胞及び組織の役割、さらには植物体全体の成り立ち等を明らかにするためには、植物の内部構造を詳細に観察する必要がある。現代では、目的の細胞や構造を蛍光タンパク質等の蛍光物質で選択的に標識し、細胞や組織を詳細に観察することが可能となっている。

しかし、植物は、クロロフィル等の色素を含み、光を逃さないために光を散乱させる構造(例えば、形状の異なる細胞や空気層の存在)を有し、さらには特にめしべ等においては複雑な組織構造を有しているので、通常、透明度が極めて低い。このため、上記蛍光物質による標識技術を用いても、外から観察できるのは植物の表面及びそれに近い部分のみであり、植物の内部構造を観察するには、器官の解剖や組織切片の作製等の煩雑で熟練を要する操作が必要であった。

植物を透明化すること自体は古くから行われており、代表的な植物透明化試薬としては抱水クロラール溶液が知られている。しかし、抱水クロラール溶液は、植物を透明化することはできるものの、蛍光タンパク質の蛍光特性を損ねてしまう。

このような状況の中、近年、動物研究においては、脳を透明化して蛍光観察する手法が、日本を始め国内外の多くの研究グループによって開発されている(特許文献1~4)。一方、この動物透明化技術を利用した、新たな植物透明化技術の開発も進められている(非特許文献1~2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物組織透明化剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アルコールアミン及び糖アルコールからなる群より選択される少なくとも1種の多価アルコール、並びにイオン性界面活性剤を含有する、植物組織透明化剤。

【請求項2】
 
前記イオン性界面活性剤が親水基として-C(=O)-O、-C(=O)-OH、又は-C(=O)-OM(式中、Mはナトリウム原子又はカリウム原子を示す。)を有する陰イオン性界面活性剤である、請求項1に記載の植物組織透明化剤。

【請求項3】
 
前記イオン性界面活性剤が部分構造としてステロイド骨格を含む陰イオン性界面活性剤である、請求項1又は2に記載の植物組織透明化剤。

【請求項4】
 
前記糖アルコールがペンチトールである、請求項1~3のいずれかに記載の植物組織透明化剤。

【請求項5】
 
前記アルコールアミンが一般式(1):
【化1】
 
(省略)
[一般式(1)中:R1及びR2は、同一又は異なってヒドロキシアルキル基を示す。R3はヒドロキシアルキル基、又は一般式(2):
【化2】
 
(省略)
(一般式(2)中:R4及びR5は、同一又は異なってヒドロキシアルキル基を示す。nは1~4の整数を示す。)で表される基を示す。]
で表されるアルコールアミンである、請求項1~4のいずれかに記載の植物組織透明化剤。

【請求項6】
 
前記R3が一般式(2)で表される基である、請求項5に記載の植物組織透明化剤。

【請求項7】
 
前記R3がヒドロキシアルキル基である、請求項5に記載の植物組織透明化剤。

【請求項8】
 
さらに尿素及び尿素誘導体からなる群より選択される少なくとも1種を含有する、請求項1~7のいずれかに記載の植物組織透明化剤。

【請求項9】
 
アルコールアミン及び糖アルコールからなる群より選択される少なくとも1種の多価アルコール、並びにイオン性界面活性剤を含有する、蛍光タンパク質含有植物組織の透明化剤。

【請求項10】
 
請求項1~9のいずれかに記載の植物組織透明化剤を植物組織と接触させることを含む、透明化植物組織の製造方法。

【請求項11】
 
前記植物組織が蛍光タンパク質を含有する、請求項10に記載の製造方法。

【請求項12】
 
請求項1~9のいずれかに記載の植物組織透明化剤を含有する、透明化植物組織。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close