Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR CASTING METAL PLATE

METHOD AND APPARATUS FOR CASTING METAL PLATE commons

Patent code P160013003
File No. 2011-22
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2013-055259
Publication number P2014-180673A
Patent number P6037332
Date of filing Mar 18, 2013
Date of publication of application Sep 29, 2014
Date of registration Nov 11, 2016
Inventor
  • (In Japanese)羽賀 俊雄
Applicant
  • (In Japanese)学校法人常翔学園
Title METHOD AND APPARATUS FOR CASTING METAL PLATE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and an apparatus for casting a metal plate which enable casting of a plate material excellent in surface quality, especially the surface quality of the principal surface.
SOLUTION: A method of producing a metal plate by casting comprises injecting a molten metal into a mold having a side wall 30 which is deformable following the pressing force of a pressing implement and a bottom plate 20 having a cooling capability and pressing down, together with the side wall 30, the surface of the metal with a pressing implement 40 having a cooling capability in the direction toward the bottom plate before complete solidification of the metal. A casting apparatus 10 for producing a metal plate by casting includes the mold having the side wall 30 which is deformable by pressing with the pressing implement and the bottom plate 20 having a cooling capability and the pressing implement 40 which has a cooling capability and presses down, together with the side wall 30, the surface of the metal in the direction toward the bottom plate before complete solidification of the injected molten metal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、アルミニウム、鋼、銅を含む多くの金属は、板材(例えば厚さ5mm~30mm)を得るために、スラブ、インゴット等の比較的厚い(例えば厚さ150mm程度以上)の鋳造材を得た後、必要に応じて鍛造工程を経た後、熱間圧延または冷間圧延等の加工を行っている。
このような、鋳造後の加工工程を行うことをなく、鋳造工程において最終製品である板材を得ることができれば、製造コストの削減および省エネルギーの実現等多くの利点を有する。
このため、例えば特許文献1~3等に示すように、双ロールキャスター、双ベルトキャスター、ブロックキャスター等の鋳造装置を用いて鋳造により板材を得る方法が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、金属板の鋳造方法及び鋳造装置に関し、特に、表面性状に優れた金属板を鋳造可能な鋳造装置及び鋳造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鋳造による金属板の製造方法において、金属の溶湯を、押圧具の押圧により追随して変形可能な側壁と冷却能を有する底板とを有する型枠内に注湯し、金属が完全に凝固する前に、冷却能を有する前記押圧具で、金属の表面を前記側壁と共に底板に向かう方向に圧下することを特徴とする金属板の製造方法。

【請求項2】
 
前記押圧具が、前記一対の側壁を挟んで前記底板の上面と対向するロールであり、
前記側壁が、前記底板の上面に配置され互いに離間して一方向に延在する一対の側壁であり
溶湯を前記型枠内に注湯する溶湯供給部から金属の溶湯を注湯し、前記溶湯を、前記底板にて冷却しつつ、前記底板と、前記一対の側壁と、前記ロールと、から形成されたキャビティーに供給し、前記キャビティー内で、前記ロールにより底板に向かう方向に荷重を付与することにより、前記一対の側壁を前記ロールの外形に追随した形状に変形させると共に、前記ロールで前記溶湯をさらに冷却しながら圧下して、前記金属板を鋳造する工程と、を含むことを特徴とする請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記側壁が、耐火物の繊維材料から成り通気性を有する断熱部材から形成されていることを特徴とする請求項1または2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
前記底板が、複数の分割底板から構成されていることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項5】
 
前記底板を冷却する冷却手段を有することを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の製造方法。

【請求項6】
 
鋳造により金属板を製造する製造装置において、
押圧具の押圧により変形可能な側壁と、冷却能を有する底板とを有する型枠と、
冷却能を有し、注湯された金属が完全に凝固する前に、金属の表面を前記側壁と共に底板に向かう方向に圧下するための押圧具と、
を有することを特徴とする金属板の製造装置。

【請求項7】
 
前記押圧具が、前記一対の側壁を挟んで前記底板の上面と対向するロールであり、
前記側壁が、前記底板と、前記底板の上面に配置され互いに離間して一方向に延在する一対の側壁であり、
溶湯を前記型枠内に注湯する溶湯供給部を備えており、
前記側壁は、前記ロールにより付与された荷重により前記ロールの外形に追随した形状に変形されることを特徴とする請求項6に記載の鋳造装置。

【請求項8】
 
前記底板と前記ロールで冷却され鋳造された前記金属板をさらに冷却して圧下する2次冷却ロールを有することを特徴とする請求項7に記載の鋳造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013055259thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close