Top > Search of Japanese Patents > YEAST CULTURE METHOD

YEAST CULTURE METHOD

Patent code P160013004
File No. S2014-1272-N0
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-158276
Publication number P2016-034249A
Patent number P6393898
Date of filing Aug 3, 2014
Date of publication of application Mar 17, 2016
Date of registration Sep 7, 2018
Inventor
  • (In Japanese)大津 厳生
  • (In Japanese)河野 祐介
  • (In Japanese)鶴岡 愛
  • (In Japanese)加知 卓磨
  • (In Japanese)舟橋 依里
  • (In Japanese)城山 真恵加
  • (In Japanese)高木 博史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
Title YEAST CULTURE METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a yeast culture technique that can promote the growth of yeast and allows efficient production of bacterial cells of yeast, production of ethanol by yeast, or the like.
SOLUTION: Yeast is cultured with a medium comprising a thiosulfate and/or a salt thereof as a sulfur source, which can promote the growth of yeast and allows efficient production of bacterial cells of yeast or production of ethanol by yeast.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

酵母は、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、醤油、味噌、パン等の発酵食品の他、工業用エタノールの製造にも利用されている。更に、酵母は、乾燥酵母や酵母エキスにして、食品原料、医薬品原料、化粧品原料等としても利用されている。このように、酵母は、人類にとって不可欠な微生物であり、酵母の菌体生産や酵母によるエタノール生産は現代社会を支える重要な技術になっている。

このような背景の下、酵母の菌体生産や酵母によるエタノール生産等を短時間で効率的に行う技術を構築することが非常に重要になっている。酵母菌体の生産性や酵母によるエタノール生産性を向上させるには、使用する酵母を変異又は改質させる方法も有効であるが、このような方法では、使用する酵母毎に煩雑な操作が必要となるため、汎用性の点で欠点がある。一方、培養環境を制御することによって酵母の生育を促進させることができれば、使用する酵母毎に煩雑な操作を必要とすることもないため、酵母菌体の生産や酵母によるエタノール生産等を短時間で効率的に行う上で、汎用性がある有効な手法になり得る。

従来、酵母の生育には、培養方式、培地中の溶存酸素濃度や炭素源濃度等が影響することが知られており、商業的な酵母の培養では、これらを制御することによって酵母の生育促進が図られている。しかしながら、従来の培養条件を制御する方法では、酵母の生育促進効果の点で限界があり、更なる技術の開発が望まれている。

一方、微生物は、硫黄源の非存在下では生育できないため、微生物を培養する上で、硫黄源は必須の栄養源となっている。微生物の培養において、硫黄源として一般的に硫酸塩が使用されているが、含硫黄化合物を微生物で効率的に産生させる際に、硫酸塩以外の硫黄源の使用が有効になる場合があることも報告されている。例えば、特許文献1には、L-システイン生産能を有し、且つ、亜硫酸還元に関与する遺伝子の発現が増大するように改変された腸内細菌科に属する細菌を、チオ硫酸を含有する培地で培養することによって、L-システインもしくはその関連物質の製造効率が向上することが開示されている。

しかしながら、含硫黄化合物の物質生産を目的とする場合以外で、使用する硫黄源の種類が、微生物の培養に及ぼす影響については明らかにされていない。更に、酵母の培養において、硫黄源として硫酸及び/又はその塩が一般的に使用されているが、使用する硫黄源の種類と酵母の生育の関係についても検討されておらず、酵母がチオ硫酸及び/又はその塩を単一硫黄源として使用できるか否かも明らかにされていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、酵母の培養方法に関する。より具体的には、酵母の生育を促進でき、酵母の菌体生産や酵母によるエタノール生産等を効率的に行うことができる酵母の培養方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
0.001~100mMのチオ硫酸及び/又はその塩を単一硫黄源として含む培地で酵母を培養することを特徴とする、酵母の培養方法。

【請求項2】
 
前記酵母が、エタノール産生酵母である、請求項1に記載の培養方法。

【請求項3】
 
エタノールの製造に適用される、請求項2に記載の培養方法。

【請求項4】
 
0.001~100mMのチオ硫酸及び/又はその塩を単一硫黄源として含むことを特徴とする、酵母培養用の培地。

【請求項5】
 
エタノール産生酵母の培養に使用される、請求項4に記載の培地。

【請求項6】
 
エタノールの製造に使用される、請求項5に記載の培地。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close