Top > Search of Japanese Patents > MONOCLONAL ANTIBODY THAT RECOGNIZES AMPA TYPE GLUTAMIC ACID RECEPTOR SUBUNIT AND USE THEREOF

MONOCLONAL ANTIBODY THAT RECOGNIZES AMPA TYPE GLUTAMIC ACID RECEPTOR SUBUNIT AND USE THEREOF

Patent code P160013006
File No. S2014-1269-N0
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-153743
Publication number P2016-030733A
Patent number P6434736
Date of filing Jul 29, 2014
Date of publication of application Mar 7, 2016
Date of registration Nov 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)竹本 研
  • (In Japanese)浜窪 隆雄
  • (In Japanese)岩成 宏子
  • (In Japanese)高橋 琢哉
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
Title MONOCLONAL ANTIBODY THAT RECOGNIZES AMPA TYPE GLUTAMIC ACID RECEPTOR SUBUNIT AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a novel technique of providing an anti-GluA1 antibody that can destruct the function of GluA1 specifically with light by CALI (chromophore assisted light inactivation) and inducing the erasure of memory.
SOLUTION: The present invention provides a monoclonal antibody for an extracellular domain of GluA1, the monoclonal antibody capable of suppressing or destructing the function of an AMPA type glutamic acid receptor specifically with light irradiation by CALI, and also provides a fragment thereof having the stated function.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

AMPA型グルタミン酸受容体のひとつGluA1は、シナプス可塑性という脳の高次機能に重要な現象を担う分子である。これまでの脳スライスを用いた電気生理学的解析により、ひげ経験依存的にGluA1がシナプスに移行することが報告されている(Takahashi T, Svoboda K, Malinow R. Science. 2003 Mar 7;299(5612):1585-8)。また文脈的恐怖条件付け学習時にGluA1がシナプスに移行することが報告されている(Mitsushima D, Ishihara K, Sano A, Kessels HW, Takahashi T. Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Jul 26;108(30):12503-8)。上記の通り、GluA1は学習記憶学習の成立に重要な分子であることが知られている。即ち、AMPA受容体の中でも、活動依存的にシナプスに移行するGluA1は、活性化した神経細胞や動物の記憶学習を特異的に操作する標的として有望であると考えられる。

他方、AMPA受容体の光不活性化を可能にした化合物6-アジド-7-ニトロ-1,4-ジヒドロキノキサリン-2,3-ジオン(ANQX)(Chambers JJ. et al., J.AM.CHEM.SOC. 2004, 126, 13886-13887)が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、AMPA型グルタミン酸受容体のサブユニットであるGluA1を特異的に認識するモノクローナル抗体に関する。より詳細には、本発明は、光照射分子不活性化(chromophore assisted light inactivation; CALI)法により光に特異的にAMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊できるモノクローナル抗体に関する。本発明は上記モノクローナル抗体を用いてAMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊する方法にも関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
GluA1の細胞外ドメインに対するモノクローナル抗体であって、光照射分子不活性化(CALI)により光照射特異的にAMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊でき、
GluA1の細胞外ドメインが、GluA1の236-286アミノ酸領域(配列番号2)であり、
照射分子不活性化(CALI)により、光照射特異的に、GluA1/GluA1であるAMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊できるが、GluA1/GluA2およびGluA2/GluA3の機能は抑制又は破壊せず、
光照射分子不活性化(CALI)によりNMDA受容体の機能は抑制又は破壊せず、
GluA1の活性を中和しない、
モノクローナル抗体又は前記機能を有するその断片。

【請求項2】
 
前記モノクローナル抗体が、受領番号NITE AP-01879(受託番号NITE P-01879)を有するハイブリドーマが産生するモノクローナル抗体である、請求項1に記載のモノクローナル抗体又はその断片。

【請求項3】
 
光増感物質で標識されている、請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体又はその断片。

【請求項4】
 
受領番号NITE AP-01879(受託番号NITE P-01879)を有するハイブリドーマ。

【請求項5】
 
請求項1から3の何れかに記載のモノクローナル抗体又はその断片を含む、AMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊するための試薬。

【請求項6】
 
光増感物質で標識されている請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体又はその断片を、AMPA型グルタミン酸受容体を発現している細胞にインビトロで接触し、光照射する工程を含む、AMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊する方法。

【請求項7】
 
光増感物質で標識されている請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体又はその断片を非ヒト哺乳動物に投与し、光照射する工程を含む、前記非ヒト哺乳動物におけるAMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊する方法。

【請求項8】
 
AMPA型グルタミン酸受容体の機能を抑制又は破壊することにより、前記非ヒト哺乳動物における記憶が消去される、請求項7に記載の方法。

【請求項9】
 
光増感物質で標識されている請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体又はその断片を非ヒト哺乳動物に投与し、光照射する工程を含む、前記非ヒト哺乳動物における記憶を消去する方法。

【請求項10】
 
光増感物質で標識されている請求項1又は2に記載のモノクローナル抗体又はその断片を非ヒト哺乳動物に投与し、光照射する工程を含む、前記非ヒト哺乳動物におけるAMPA型グルタミン酸受容体の機能を解析する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close