Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE MATERIAL

COMPOSITE MATERIAL

Patent code P160013011
File No. J1006-04
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-175363
Publication number P2016-050235A
Date of filing Aug 29, 2014
Date of publication of application Apr 11, 2016
Inventor
  • (In Japanese)金子 達雄
  • (In Japanese)立山 誠治
  • (In Japanese)野田 鷹裕
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title COMPOSITE MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composite material that has a tensile strength that allows its use as an alternative to aluminum and also has excellent elasticity, an imide polymer which can be suitably used for the composite material and a method for producing the same, and an amide acid polymer which can be used suitably as the production intermediate of the imide polymer.
SOLUTION: An amide acid polymer has a repeating unit represented by formula (I) [R is a vinylene group or a group represented by a specific formula in which two ester groups bind to a carbon four-membered ring; A is a tetravalent substituent].
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高分子材料は、金属と比べて一般に軽量であり、リサイクルが可能であることから、自動車産業、航空宇宙産業などの分野で注目を浴びており、金属の代替材料として利用されている。しかし、高分子材料単独では機械的強度が低いことから、高分子材料は、一般に繊維と併用することにより、繊維強化複合材料として用いられている。

従来、粘着性、変形性などに優れた複合材料として、強化繊維、エポキシ樹脂およびベンゾオキサジン化合物を含有する複合材料用プリプレグが提案されている(例えば、特許文献1参照)。また、繊維方向の圧縮強度に優れた繊維強化複合材料として、ベンゾオキサジン化合物と、シクロヘキセンオキサイド基を持つエポキシ樹脂またはビスフェノール型エポキシ樹脂とを含む繊維強化複合材料用樹脂組成物が提案されている(例えば、特許文献2参照)。

しかし、前記複合材料用プリプレグおよび前記繊維強化複合材料用樹脂組成物は、粘着性および変形性に優れているか、または繊維方向の圧縮強度に優れているが、引張り強度および弾性の双方に同時に優れているとはいえないことから、近年、アルミニウムと代替可能な程度の引張り強度を有し、弾性に優れた複合材料の開発が待ち望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複合材料に関する。さらに詳しくは、本発明は、例えば、航空宇宙分野、自動車産業、鉄道車両、船舶などの用途に使用することが期待される複合材料に関する。本発明は、また前記複合材料に好適に使用することができるイミドポリマーおよびその製造方法、ならびに当該イミドポリマーの製造中間体として有用なアミド酸ポリマーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
イミドポリマーおよび無機充填材を含有する複合材料であって、前記イミドポリマーが、式(I):
【化1】
 
(省略)
〔式中、Rは、式:-CH=CH-で表わされるビニレン基または式(Ia):
【化2】
 
(省略)
(式中、R1およびR2は、それぞれ独立して炭素数1~4のアルキル基を示す)
で表わされる基、Aは式:
【化3】
 
(省略)
で表わされる基を示す〕
で表わされる繰返し単位を有することを特徴とする複合材料。

【請求項2】
 
無機充填材が、炭素繊維またはガラス繊維である請求項1に記載の複合材料。

【請求項3】
 
式(I):
【化4】
 
(省略)
〔式中、Rは、式:-CH=CH-で表わされるビニレン基または式(Ia):
【化5】
 
(省略)
(式中、R1およびR2は、それぞれ独立して炭素数1~4のアルキル基を示す)
で表わされる基、Aは式:
【化6】
 
(省略)
で表わされる基を示す〕
で表わされる繰返し単位を有することを特徴とするイミドポリマー。

【請求項4】
 
式(II):
【化7】
 
(省略)
〔式中、Rは式:-CH=CH-で表わされるビニレン基または式(Ia):
【化8】
 
(省略)
(式中、R1およびR2は、それぞれ独立して炭素数1~4のアルキル基を示す)
で表わされる基、Aは式:
【化9】
 
(省略)
で表わされる基を示す〕
で表わされる繰返し単位を有するアミド酸ポリマーを50~400℃の温度に加熱することを特徴とする式(I):
【化10】
 
(省略)
(式中、RおよびAは前記と同じ)
で表わされる繰返し単位を有するイミドポリマーの製造方法。

【請求項5】
 
式(II):
【化11】
 
(省略)
〔式中、Rは式:-CH=CH-で表わされるビニレン基または式(Ia):
【化12】
 
(省略)
(式中、R1およびR2は、それぞれ独立して炭素数1~4のアルキル基を示す)
で表わされる基、Aは式:
【化13】
 
(省略)
で表わされる基を示す〕
で表わされる繰返し単位を有することを特徴とするアミド酸ポリマー。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close