Top > Search of Japanese Patents > CELL FORMULATION FOR IMPROVEMENT OF COGNITIVE DYSFUNCTION

CELL FORMULATION FOR IMPROVEMENT OF COGNITIVE DYSFUNCTION

Patent code P160013017
File No. S2014-1385-N0
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-170861
Publication number P2016-044152A
Patent number P6391364
Date of filing Aug 25, 2014
Date of publication of application Apr 4, 2016
Date of registration Aug 31, 2018
Inventor
  • (In Japanese)安宅 弘司
  • (In Japanese)乾 明夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title CELL FORMULATION FOR IMPROVEMENT OF COGNITIVE DYSFUNCTION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cell formulation useful for the improvement of cognitive dysfunction.
SOLUTION: The invention relates to a cell formulation for the improvement of cognitive dysfunction containing a cell population containing (i) marrow-derived trypsin resistance cells or (ii) mesodermal progenitor cells obtained from CD105 positive, CD90 negative fraction obtained by a method for fractionating cells with flow cytometer using a surface antigen as an indicator; and to a production method of the cell formulation comprising culturing bone marrow cells collected from a human, subsequently treating with trypsin for 10-30 minutes, and resulting in cells which do not exfoliate from a culture vessel, as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

骨髄内の幹細胞は、造血系幹細胞と間葉系幹細胞に分類される。造血系幹細胞は各種血球細胞に分化し、一方、間葉系幹細胞は骨芽細胞、脂肪細胞、軟骨細胞に分化する。

間葉系幹細胞(Mesenchymal stem cells, MSC)を使った再生をターゲットとした様々な研究(アルツハイマー病、脳梗塞、脊髄損傷、肝臓再生、糖尿病(β細胞再生)、腱再生など)が行われている。間葉系幹細胞は三胚葉に分化する。

骨髄由来間葉系幹細胞は、各成長因子の分泌、抗炎症作用(免疫調整作用)、抗アポトーシス作用などで損傷部位の修復に関与することが報告されている(非特許文献1)。

骨髄由来細胞を使った認知機能障害改善についての研究は、骨髄由来間葉系幹細胞を直接脳内投与した報告がある(非特許文献2)。間葉系幹細胞は骨髄以外の組織にも存在しており、脂肪組織、胎盤及び臍帯由来の間葉系幹細胞によるアルツハイマー病における認知機能低下の改善については基礎研究ならびに臨床研究が報告されている(非特許文献3)。

しかしながら、骨髄細胞を培養、トリプシン処理して得られた骨髄由来トリプシン耐性細胞を静脈内投与又は骨髄内投与することでの認知機能障害改善について報告はない。トリプシン処理は細胞に対してある種のストレスを与えると考えられるが、このようなストレス耐性の骨髄由来細胞にMuse(multilineage differentiating stress enduring)細胞がある(非特許文献4)。しかしながら、Muse細胞の分画分取方法(非特許文献5)では、トリプシン処理は5分間であり、また、トリプシン処理で剥離していることから、トリプシン耐性細胞(中胚葉前駆細胞)ではないと考えられる。

近年、骨髄由来間葉系幹細胞のなかでもいくつかのサブポピュレーションがあり、いわゆる間葉系幹細胞(MSC)以外の幹細胞の存在について報告がされてきている。この中の一つに中胚葉前駆細胞(Mesodermal progenitor cells)がある。この中胚葉前駆細胞は間葉系幹細胞(MSC)の親細胞であると報告されている(非特許文献6)。

また、骨髄由来細胞でトリプシン耐性の性質を有する細胞は中胚葉前駆細胞であることが報告されている(非特許文献7)。ヒト中胚葉前駆細胞の表面抗原についての報告があり、ヒト中胚葉前駆細胞はCD105陽性、CD90陰性とされている(非特許文献6)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、骨髄由来細胞を用いた認知機能障害改善用細胞製剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
髄由来トリプシン耐性細胞であって、トリプシン処理により培養容器から剥離しない細胞を含有する認知機能障害改善用細胞製剤。

【請求項2】
 
骨髄内、静脈内又は脳内に投与される請求項1記載の細胞製剤。

【請求項3】
 
骨髄由来トリプシン耐性細胞が、ヒトから採取された骨髄細胞を培養後、トリプシン処理を施し、当該処理により培養容器から剥離しない細胞である請求項1又は2記載の細胞製剤。

【請求項4】
 
(i)ヒトから採取された骨髄細胞を培養する工程(ii)次いで10~30分間トリプシン処理を施す工程(iii)前記トリプシン処理により培養容器から剥離しない細胞を培養容器から剥離させる工程、及び(iv)得られた細胞を認知機能障害改善用細胞製剤の有効成分として配合する工程を含む、認知機能障害改善用細胞製剤の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close