Top > Search of Japanese Patents > HSP27 PHOSPHORYLATION INHIBITOR, APOPTOSIS-INDUCING AGENT AND ANTICANCER AGENT USING FAM83G PROTEIN OR PARTIAL PEPTIDE THEREOF

HSP27 PHOSPHORYLATION INHIBITOR, APOPTOSIS-INDUCING AGENT AND ANTICANCER AGENT USING FAM83G PROTEIN OR PARTIAL PEPTIDE THEREOF

Patent code P160013020
File No. S2014-1397-N0
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-166901
Publication number P2016-044128A
Patent number P6378972
Date of filing Aug 19, 2014
Date of publication of application Apr 4, 2016
Date of registration Aug 3, 2018
Inventor
  • (In Japanese)岡田 秀一
  • (In Japanese)山田 正信
  • (In Japanese)齋藤 従道
  • (In Japanese)山田 英二郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title HSP27 PHOSPHORYLATION INHIBITOR, APOPTOSIS-INDUCING AGENT AND ANTICANCER AGENT USING FAM83G PROTEIN OR PARTIAL PEPTIDE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an agent for inhibiting phosphorylation of HSP27 derived from a molecule present in a living body and deeply related to tumor, and treating cancer.
SOLUTION: The present invention provides an HSP27 phosphorylation inhibitor, an apoptosis-inducing agent, and an anticancer agent comprising FAM83G protein or a partial peptide thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

癌は重大な疾患であり、主たる死因である。近年、癌の診断および治療においては進展があるものもあるが、診断および治療を改善する必要性が依然として存在している。

熱ショックタンパク質の一つであるHSP27は、哺乳動物細胞中で発現され、特に、病理学的状態において発現される分子シャペロンである。HSP27は、例えば、肺扁平上皮癌をはじめとする多くの癌で過剰に発現されており、放射線や化学療法などの治療への抵抗性を付与し、腫瘍の生存を助けること、転移や予後不良とも関連することが知られている。

HSP27の発現は、抗癌剤や放射線などにより癌細胞がストレスを受けると上昇することも明らかになっている。抗癌剤に対する薬剤耐性能(抗アポトーシス作用能)の一部は、癌細胞におけるHSP27の発現の亢進や、細胞内シグナル伝達系の活性化によるHSP27のリン酸化亢進により生じるとされている。例えば、肺扁平上皮癌にはHSP27の過剰発現が見られており、HSP27の産生を阻害する物質や、HSPの発現低下を誘導する物質を用いて、化学療法と併用する治療法の確立が期待されている。このような物質としては、例えば、細胞中のHSP27 mRNAを標的とするオリゴマー化合物が知られている(特許文献1)。

また、腎臓癌の免疫療法に有用な腎臓癌特異的細胞傷害性リンパ球を誘導する、生体内に存在する分子に由来するペプチド等も知られている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドの用途、FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドをコードするDNAを含むベクターの用途、及び、特定のペプチド又はそれらの薬理学的に許容される塩に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを含む、HSP27リン酸化阻害剤であって、前記部分ペプチドは配列番号1もしくは3で表されるアミノ酸配列からなるペプチドである、HSP27リン酸化阻害剤

【請求項2】
 
前記FAM83Gタンパク質は、配列番号2又は配列番号4で表されるアミノ酸配列からる、請求項1に記載のHSP27リン酸化阻害剤。

【請求項3】
 
FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを含む、アポトーシス誘導剤であって、前記部分ペプチドは配列番号1もしくは3で表されるアミノ酸配列からなるペプチドである、アポトーシス誘導剤

【請求項4】
 
前記FAM83Gタンパク質は、配列番号2又は配列番号4で表されるアミノ酸配列からる、請求項3に記載のアポトーシス誘導剤。

【請求項5】
 
FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドを含む、抗癌剤であって、前記部分ペプチドは配列番号1もしくは3で表されるアミノ酸配列からなるペプチドである、抗癌剤

【請求項6】
 
前記FAM83Gタンパク質は、配列番号2又は配列番号4で表されるアミノ酸配列からる、請求項5に記載の抗癌剤。

【請求項7】
 
前記癌は、大腸癌、肺癌、肝癌、肉腫、血液腫瘍、及び癌幹細胞を含む腫瘍からなる群から選択される、請求項5または6に記載の抗癌剤。

【請求項8】
 
FAM83Gタンパク質又はその部分ペプチドをコードするDNAを含むベクターを含む抗癌剤であって、前記部分ペプチドは配列番号1もしくは3で表されるアミノ酸配列からなるペプチドである、抗癌剤

【請求項9】
 
前記FAM83Gタンパク質は、配列番号2又は配列番号4で表されるアミノ酸配列からる、請求項8に記載の抗癌剤。

【請求項10】
 
前記癌は、大腸癌、肺癌、肝癌、肉腫、血液腫瘍、及び癌幹細胞を含む腫瘍からなる群から選択される、請求項8または9に記載の抗癌剤。

【請求項11】
 
配列番号1もしくは3で表されるアミノ酸配列からなるペプチド。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014166901thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close