Top > Search of Japanese Patents > PHARMACEUTICAL COMPOSITION FOR TREATMENT AND/OR PREVENTION OF ESOPHAGEAL STRICTURE

PHARMACEUTICAL COMPOSITION FOR TREATMENT AND/OR PREVENTION OF ESOPHAGEAL STRICTURE

Patent code P160013024
File No. S2014-1359-N0
Posted date Jun 2, 2016
Application number P2014-164429
Publication number P2016-040238A
Patent number P6486627
Date of filing Aug 12, 2014
Date of publication of application Mar 24, 2016
Date of registration Mar 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)井戸 章雄
  • (In Japanese)坪内 博仁
  • (In Japanese)小牧 祐雅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title PHARMACEUTICAL COMPOSITION FOR TREATMENT AND/OR PREVENTION OF ESOPHAGEAL STRICTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pharmaceutical composition for the treatment and/or prevention of esophageal stricture.
SOLUTION: The invention relates to a pharmaceutical composition for the treatment and/or prevention of esophageal stricture containing HGF protein as an active ingredient, (where, HGF protein may be any polypeptide of (a) a polypeptide comprising an amino acid sequence represented by sequence ID number 2; (b) a polypeptide comprising an amino acid sequence in which one or some amino acids are deleted, substituted, or added in the amino acid sequence represented by sequence ID number 2; or (c) a polypeptide comprising an amino acid sequence having 90% or more identity with the amino acid sequence represented by sequence ID number 2; and to a stent comprising the pharmaceutical composition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

食道では、早期食道癌(食道表在癌)に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後には高率に狭窄が発生する。このような粘膜下層剥離術後の食道狭窄に対しては内視鏡的バルーン拡張術が用いられるが、嚥下困難などの狭窄症状を改善するには複数回の拡張術を必要とし、またいったん拡張が得られても容易に再発することが多い。
上記のような粘膜下層剥離術後の食道狭窄に対して、内視鏡的バルーン拡張術以外に有効な解決手段はこれまで知られていない。

一方、HGFは、1986年に坪内及び合田らによって劇症肝炎患者血漿から単離された、肺再生を強力に促進する増殖因子であり(非特許文献1)、そのヒトcDNAは、1989年にクローニングされた(非特許文献2)。HGFは幹細胞のみならず種々の上皮系細胞、内皮細胞および一部の間葉系細胞に対して細胞増殖等の多彩な作用を発揮する。また、HGFは傷害消化管粘膜においては重要な修復因子で、その傷害粘膜の修復促進作用は、組み換えヒトHGFを用いた実験腸炎モデルにおいて確認されている(非特許文献3~5)。
しかしながら、HGFが消化管狭窄に対して有効であることは、これまで知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、肝細胞増殖因子(hepatocyte growth factor:HGF)タンパク質を有効成分として含有する、食道狭窄を治療及び/又は予防するための医薬組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
肝細胞増殖因子(HGF)タンパク質を有効成分として含有する、食道狭窄を治療及び/又は予防するための医薬組成物。

【請求項2】
 
食道狭窄が、内視鏡的粘膜下層剥離術後の食道狭窄である、請求項1に記載の医薬組成物。

【請求項3】
 
HGFタンパク質が、ヒトHGFタンパク質である、請求項1又は2に記載の医薬組成物。

【請求項4】
 
HGFタンパク質が、組み換えHGFタンパク質である、請求項1~3のいずれか1項に記載の医薬組成物。

【請求項5】
 
HGFタンパク質が、
(a)配列番号2で示されるアミノ酸配列を含むポリペプチド、
(b)配列番号2で示されるアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列を含むポリペプチド、又は
(c)配列番号2で示されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列を含むポリペプチド、
のいずれかのポリペプチドである、請求項1~4のいずれか1項に記載の医薬組成物。

【請求項6】
 
食道狭窄が食道潰瘍に起因する、請求項1~5のいずれか1項に記載の医薬組成物。

【請求項7】
 
食道潰瘍が修復される、請求項1~6のいずれか1項に記載の医薬組成物。

【請求項8】
 
請求項1~7のいずれか1項に記載の医薬組成物を含む、食道狭窄を治療及び/又は予防するためのステント。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014164429thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close