Top > Search of Japanese Patents > REMOTE DIAGNOSTIC SYSTEM FOR ANIMAL AND REMOTE DIAGNOSTIC METHOD FOR ANIMAL

REMOTE DIAGNOSTIC SYSTEM FOR ANIMAL AND REMOTE DIAGNOSTIC METHOD FOR ANIMAL

Patent code P160013030
File No. S2014-1317-N0
Posted date Jun 3, 2016
Application number P2014-159132
Publication number P2016-034265A
Date of filing Aug 5, 2014
Date of publication of application Mar 17, 2016
Inventor
  • (In Japanese)川口 博明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title REMOTE DIAGNOSTIC SYSTEM FOR ANIMAL AND REMOTE DIAGNOSTIC METHOD FOR ANIMAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a remote diagnostic system capable of quickly and accurately knowing a change in a body condition of an animal and diagnosing/treating the animal at a super-early stage.
SOLUTION: A remote diagnostic system for an animal includes a semiconductor chip 1 implanted in a body of an animal for measuring a body temperature of the animal, and wirelessly transmitting the body temperature data to the outside, a relay 2 for receiving the wirelessly transmitted body temperature data, and transmitting it to the outside through the Internet 3, and data processing means 4 for performing a veterinary diagnosis by analyzing the body temperature data received through the Internet 3, and transmitting the result to an external terminal device 5 through the Internet so that it is possible to know a change in a body condition of the animal quickly and accurately, and perform a treatment for the animal at a super-early stage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

畜産業において生産効率および品質を向上させることは、グローバルな競争環境にさらされるわが国畜産業の社会的急務である。そのためには、牛等の産業動物の病気・病死を未然に防ぐことが重要である。

畜産業において、動物の健康状態を超早期的かつ正確に把握し、必要な場合は獣医師に連絡して対処する必要がある。従来、畜産農家における牛などの産業動物の健康状態の管理は、人手により行われていた。例えば、牛の日常的な健康状態を把握するのに、農家の従事者が一頭ごとに目視により行動を観察し、食欲や糞尿の状態を確認していた。 また動物の健康状態を把握するための重要事項の一つである動物の体温の測定についても、一頭ごとに直腸に体温計を挿入するなどして測定しており、高齢化が進むわが国畜産農家の従事者にとって大きな負担となっていた。一方では、農場の大規模化が進み、従事者1人当たりの管理頭数が増えることに起因する従事者の負担の増大も生じている。

他方、IT技術を利用した遠隔操作による動物の管理方法としては、牛の首輪につけた加速度センサ及び下顎の体温センサにより計測されたデータを無線送信し、そのデータを解析することにより、健康状態、発情や分娩のタイミングを把握する方法が発明されている(例えば、特許文献1参照)。

また、1頭あるいは2頭以上の動物に物理センサ(加速度、傾斜、温度など)を装着し、データを無線送信し、そのデータを解析することにより、動物の健康管理を行うシステムが提案されている(例えば、特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はIT技術を利用した動物の遠隔診断についてのシステム及びその方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
動物の体内に埋め込まれ動物の体温を測定してその体温データを外部に無線送信する半導体チップと、前記半導体チップから無線送信された前記体温データを受信してインターネットを介して外部に送信する中継器と、前記インターネットを介して受信した前記体温データを解析し外部の端末にその解析データを送信するデータ処理手段とを備えたことを特徴とする動物の遠隔診断システム。

【請求項2】
 
前記半導体チップは動物の耳根部の皮下又は尾根部の皮下のいずれか一方又は双方に埋め込まれたことを特徴とする請求項1記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項3】
 
前記データ処理手段は前記半導体チップから送信された動物の体温データをリアルタイムで処理し、獣医学的診断を行うとともに異常と認められる場合は前記外部の端末に動物の診療を促す指示を送信することを特徴とする請求項1又は請求項2記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項4】
 
前記獣医学的診断は、動物の体温が予め定められた範囲から逸脱した場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項3記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項5】
 
前記獣医学的診断は、動物の体温変化が予め定められた基準変動値より大きい場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項3記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項6】
 
前記獣医学的診断は、特定の時間における動物の体温が予め定められた範囲から逸脱した場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項3記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項7】
 
前記半導体チップは内部に温度センサと無線送信回路を含み、表面が動物の体内で反応を起こさず、かつ動物の体液が内部に浸透し難い材料で被覆されていることを特徴とする請求項1ないし請求項6のいずれか1項に記載の動物の遠隔診断システム。

【請求項8】
 
動物の体内に埋め込まれたセンサにより動物の体温を測定するステップと、前記体温データを中継器に無線送信するステップと、前記送信された体温データを前記中継器がインターネットを介して外部のデータ処理手段に送信するステップと、前記データ処理手段が送信されたデータを解析し動物の健康状態を診断するステップと、インターネットを介して外部の端末に前記診断結果を送信するステップとを備えたことを特徴とする動物の遠隔診断方法。

【請求項9】
 
前記動物の健康状態を診断するステップは、送信された動物の体温データをリアルタイムで処理し、獣医学的な診断を行うとともに、異常と認められる場合は動物の診療を促す診断を行うことを特徴とする請求項8記載の動物の遠隔診断方法。

【請求項10】
 
前記獣医学的な診断は、動物の体温が予め定められた範囲から逸脱している場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項9記載の動物の遠隔診断方法。

【請求項11】
 
前記獣医学的な診断は、動物の体温変化が予め定められた基準変動値より大きい場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項9記載の動物の遠隔診断方法。

【請求項12】
 
前記獣医学的診断は、特定の時間における動物の体温が予め定められた範囲から逸脱した場合は動物の健康に異常が認められると診断することを特徴とする請求項9記載の動物の遠隔診断方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014159132thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close