Top > Search of Japanese Patents > HEAT-MELTING LAMINATION TYPE FILAMENT FOR THREE-DIMENSIONAL PRINTER, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

HEAT-MELTING LAMINATION TYPE FILAMENT FOR THREE-DIMENSIONAL PRINTER, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P160013047
File No. DP1629
Posted date Jun 9, 2016
Application number P2015-139592
Publication number P2016-028887A
Date of filing Jul 13, 2015
Date of publication of application Mar 3, 2016
Priority data
  • P2014-143891 (Jul 14, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)田中 達也
  • (In Japanese)荒尾 与史彦
  • (In Japanese)荒木 邦紘
  • (In Japanese)松岡 敬
  • (In Japanese)松本 紘宣
Applicant
  • (In Japanese)学校法人同志社
Title HEAT-MELTING LAMINATION TYPE FILAMENT FOR THREE-DIMENSIONAL PRINTER, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat-melting lamination type filament for a 3D printer capable of obtaining a molded article having a desired function by addition of a filler, which is not obtained only by a thermoplastic matrix resin, without impairing handleability and formability such as flexibility of a conventional filament for a 3D printer; and a method for producing the same.
SOLUTION: A heat-melting lamination type filament for a three-dimensional printer is formed of a matrix resin 2 having thermoplasticity, and a functional resin composition containing a functional nanofiller 3 such as a carbon nanotube, a carbon nanofiber, a cellulose nanofiber and a nanoclay which is dispersed into the matrix resin 2 having the thermoplasticity; and achieves higher functionality of a molded article.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

多品種少量生産技術として、三次元プリンタ(以下、「3Dプリンタ」と記す)が再注目されている。特に、熱溶解積層法を用いた熱溶解積層型3Dプリンタ(特許文献1参照)は、低価格化が進んでおり、家庭・オフィス用としても需要が高まっている。
すなわち、熱溶解積層型3Dプリンタは、予め熱可塑性樹脂をマトリックスとする樹脂組成物からなる長尺の3Dプリンタ用フィラメントを作製しておき、この3Dプリンタ用フィラメントをプリンタの押出ヘッドに供給し、押出ヘッド内でフィラメントを加熱してマトリックスの熱可塑性樹脂を溶融あるいは半溶融状態にする。そして、その後、押出ヘッドのノズル先端から溶融物あるいは半溶融物を線状に押し出し少しずつ積み上げながら冷却固化させて射出成形では金型が複雑になる、あるいは、成形できないような立体構造を有する造形物を造形できるようになっている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメント(以下、「3Dプリンタ用フィラメント」と記す)およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメントであって、熱可塑性を有するマトリックス樹脂と、この熱可塑性を有するマトリックス樹脂中に分散された機能性ナノフィラーを含む機能性樹脂組成物によって形成されていることを特徴とする熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメント。

【請求項2】
 
熱可塑性を有するマトリックス樹脂が、アクリロニトリル-ブチレン-スチレン共重合体樹脂,ポリ乳酸樹脂,ポリアミド樹脂,ポリプロピレン樹脂,ポリエチレン樹脂,ポリカーボネート樹脂,ポリ塩化ビニル樹脂,アクリル樹脂 ,ポリスチレン樹脂,ポリエステル樹脂,ポリウレタン樹脂,ポリフェニレンエーテル樹脂,ポリアセタール樹脂,ポリフェニレンサルファイド樹脂,フッ素樹脂,ポリアミドイミド樹脂,ポリエーテルスルホン樹脂,ポリスルホン樹脂,液晶ポリマー,ポリアリレート樹脂,ポリエーテルイミド樹脂,芳香族ポリエーテルケトン樹脂からなる群より選ばれた少なくとも1種である請求項1に記載の熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメント。

【請求項3】
 
機能性ナノフィラーが、導電性ナノ粒子またはナノファイバーである請求項1または請求項2に記載の熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメント。

【請求項4】
 
機能性ナノフィラーが、ナノクレイ粒子である請求項1または請求項2に記載の熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメント。

【請求項5】
 
混練によって熱可塑性を有するマトリックス樹脂中に機能性ナノフィラーが分散状態にされたフィラメント形成用機能性樹脂組成物を押出機でフィラメント形状に連続的に押し出すことを特徴とする請求項1~請求項4のいずれかに記載の熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメントの製造方法。

【請求項6】
 
超臨界二酸化炭素存在下で熱可塑性マトリックス樹脂と機能性ナノフィラーを混練する請求項5に記載の熱溶解積層型3次元プリンタ用フィラメントの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015139592thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close