Top > Search of Japanese Patents > FEEDBACK CONTROL SIMULATION DEVICE, CONTROL DEVICE, FEEDBACK CONTROL SIMULATION METHOD, AND FEEDBACK CONTROL SIMULATION PROGRAM

FEEDBACK CONTROL SIMULATION DEVICE, CONTROL DEVICE, FEEDBACK CONTROL SIMULATION METHOD, AND FEEDBACK CONTROL SIMULATION PROGRAM meetings

Patent code P160013048
File No. 150071JP01
Posted date Jun 13, 2016
Application number P2015-223265
Publication number P2017-041223A
Date of filing Nov 13, 2015
Date of publication of application Feb 23, 2017
Priority data
  • P2015-162518 (Aug 20, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)田川 泰敬
Applicant
  • National University Corporation Tokyo University of Agriculture and Technology
Title FEEDBACK CONTROL SIMULATION DEVICE, CONTROL DEVICE, FEEDBACK CONTROL SIMULATION METHOD, AND FEEDBACK CONTROL SIMULATION PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To generate a control signal for accurately controlling an object to be controlled without performing complicate calculation.
SOLUTION: A feedback control simulation device 12 includes: a control model 16 corresponding to a control object 20; and a controller 18 for a control model for, on the basis of a target value r of an output signal yM to be output from the control model 16 and an output signal ym output from the control model 16 in a state that a virtual disturbance dv is input to the control model 16, generating a control signal uM such that the output signal yM output from the control model 16 becomes the target value r, and for outputting the control signal uM to the control model 16.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、出力の目標値と実際の出力値を比較して自動的に出力値と目標値が一致するように制御するフィードバック制御シミュレーション装置が知られている(例えば特許文献1、2参照)。また、出力に変動を起こさせるような外乱を予測し、これを前もって打ち消すように制御するフィードフォワード制御装置が知られている。さらに、フィードバック制御とフィードフォワード制御を組み合わせた装置が知られている(例えば特許文献3~5参照)。

フィードバック制御やフィードフォワード制御は、様々な分野の技術に適用され、例えば車両の運転支援システムにも適用される。近年、運転支援システムでは、先行車追従や前方車両との衝突回避、車線維持などが実用化されている。このように、運転支援の適用範囲は拡がってきているが、事故のない運転の実現には到っていない。事故の発生原因には、危険の見落としや急な飛び出しに対する注意不足といったものがある。これらの原因に対処するには、広い範囲に複数存在する注意点を同時に考慮した運転を行う必要がある。このことから、複数の注意点を考慮するために、対処すべき要素を足し合わせることができる人工ポテンシャル法を用いた制御が考案されている。しかしながら、運転支援システムの最終目標といえる全自動運転を考える場合、経路計画を行う人工ポテンシャル法では、自由な経路や速度設定を行うのが困難である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、フィードバック制御シミュレーション装置、制御装置、フィードバック制御シミュレーション方法、及びフィードバック制御シミュレーションプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
制御対象に対応する制御モデルと、
前記制御モデルから出力される第1の出力信号の目標値と、前記制御モデルに仮想外乱を入力させた状態で前記制御モデルから出力された第2の出力信号と、に基づいて、前記制御モデルから出力された前記第1の出力信号が前記目標値となるような制御信号を生成して前記制御モデルに出力する制御モデル用コントローラと、
を備えたフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項2】
 
前記制御モデル用コントローラから出力された前記制御信号を前記制御対象に出力するための制御信号出力部
を備えた請求項1記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項3】
 
前記仮想外乱に基づいて、前記制御モデルに仮想外乱を入力させた状態と等価な状態を得るために前記制御信号に加算する信号である等価仮想外乱を生成する等価仮想外乱生成部を備え、
前記制御信号出力部は、前記制御信号と前記等価仮想外乱とを加算した制御信号を前記制御対象に出力する
請求項2記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項4】
 
前記制御モデルから出力された前記第1の出力信号を、前記制御対象を制御する制御対象用コントローラに出力するための出力信号出力部
を備えた請求項1~3の何れか1項に記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項5】
 
前記制御対象は移動体であり、前記目標値は前記移動体の目標軌道であり、前記仮想外乱は前記移動体が移動する際に障害となる障害物を仮想した外乱であり、前記第1の出力信号は前記障害物を回避した障害物回避軌道である
請求項1~4の何れか1項に記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項6】
 
前記仮想外乱は、ポテンシャル関数から得られた外乱である
請求項5記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項7】
 
前記移動体は車両であり、前記ポテンシャル関数は、前記車両に斥力を与える関数である
請求項6記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項8】
 
前記ポテンシャル関数は、前記車両が進入する交差点入り口で前記斥力が最大となるように設定された関数である
請求項7記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項9】
 
前記移動体は2つのアームであり、互いのアームを前記障害物とみなして前記ポテンシャル関数を設定する
請求項6記載のフィードバック制御シミュレーション装置。

【請求項10】
 
請求項4記載のフィードバック制御シミュレーション装置と、
前記フィードバック制御シミュレーション装置の前記制御モデルから出力された前記第1の出力信号に基づいて前記制御対象を制御する制御対象用コントローラと、
を備えた制御装置。

【請求項11】
 
前記制御対象用コントローラが、前記制御対象の逆モデルである
請求項10記載の制御装置。

【請求項12】
 
コンピュータが、
制御対象に対応する制御モデルから出力される第1の出力信号の目標値と、前記制御モデルに仮想外乱を入力させた状態で前記制御モデルから出力された第2の出力信号と、に基づいて、前記制御モデルから出力された前記第1の出力信号が前記目標値となるような制御信号を生成して前記制御モデルに出力するステップ
を含むフィードバック制御シミュレーション方法。

【請求項13】
 
コンピュータを、
請求項1~9の何れか1項に記載のフィードバック制御シミュレーション装置を構成する各手段として機能させるためのフィードバック制御シミュレーションプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015223265thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close