Top > Search of Japanese Patents > CURABLE RESIN COMPOSITION

CURABLE RESIN COMPOSITION meetings

Patent code P160013056
File No. S2016-0085-N0
Posted date Jun 21, 2016
Application number P2015-234907
Publication number P2017-101141A
Patent number P6583821
Date of filing Dec 1, 2015
Date of publication of application Jun 8, 2017
Date of registration Sep 13, 2019
Inventor
  • (In Japanese)安達 健太
  • (In Japanese)山▲崎▼ 鈴子
  • (In Japanese)豊村 祥子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title CURABLE RESIN COMPOSITION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a curable resin composition small in risk, harmfulness and environmental load and cured extremely quickly with moisture in air at ordinary temperature by using a curable resin having a silicon-containing group and a moisture curable adhesive and a sealing material containing the curable resin composition.
SOLUTION: There is provided a curable resin composition containing a curable resin having a hydrolyzable silyl group (A) and a composite complex (B) in which a basic compound (b) is coordinated to a metal complex (a), is small in risk, harmfulness and environmental load and cured extremely quickly with moisture in air at ordinary temperature because an organic tin compound is not used.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

分子内に加水分解性シリル基等の含ケイ素基を有する樹脂は、空気中の水分と反応して硬化するため、湿気硬化性樹脂としての利用が研究されている。例えば、湿気硬化性粉体塗料用の硬化性樹脂として、加水分解性シリル基を有する樹脂を用いることが知られている(特許文献1)。上記粉体塗料は、加熱により加水分解反応を促進する熱潜在性触媒を含有し、粉末状の硬化性樹脂が加熱により溶融すると共に硬化して塗膜が形成される。また、表面を加水分解性シラン化合物で処理した粉末状熱可塑性ポリウレタン樹脂と、一定温度でシリル基の加水分解反応を促進する熱潜在触媒とを含有する樹脂組成物が、加熱した金型で成形され、粉体の溶融及び湿気によって表面架橋が進行することもまた知られている(特許文献2)。上記粉体塗料及び樹脂組成物の硬化には加熱を必要とし、常温では硬化しない。

一方、常温で硬化する接着剤やシーリング材の硬化性樹脂として加水分解性シリル基を有する樹脂を用いることも試みられており、かかる硬化性樹脂は常温で液状であり、空気中の湿分による加水分解反応が触媒によって促進されて樹脂が硬化する。上記のような含ケイ素基を有する硬化性樹脂を用いた従来の接着剤及びシーリング材は、硬化速度が遅く、より速く硬化するものが望まれており、硬化速度を上げる改善が試みられている。

従来、分子末端に加水分解性ケイ素基を有する湿気硬化型の変成シリコーン樹脂の硬化触媒として、ジブチル錫ジラウレート、ジブチル錫ジアセテート、ジオクチル錫ジラウレート等の有機錫化合物が汎用されている。上記有機錫化合物は、変成シリコーン樹脂を速やかに硬化させるため重宝されているが、有機錫化合物は重金属である錫を含有しているため、近年、人体に対する危険性や有害性が指摘されており、環境負荷も大きい。また、硬化触媒として、有機酸やアミン化合物を用いることも知られているが、含ケイ素基を有する硬化性樹脂の硬化速度は遅い。そしてまた、近年、硬化触媒として三フッ化ホウ素錯体が有用であることが報告された(特許文献3、非特許文献1)。しかし、硬化性樹脂の溶融時に有毒なフッ化水素ガスが発生することから、使用用途が限定され、実用性が乏しい。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、硬化性樹脂組成物に関し、より詳細には、短時間で硬化することが可能な硬化性樹脂組成物、及び、かかる硬化性樹脂組成物を含有する湿気硬化型接着剤又はシーリング材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
加水分解性シリル基を有する硬化性樹脂(A);
β-ジチオケトン金属錯体(a)にアミン化合物(b)が配位した複合錯体(B);
を含有し、前記β-ジチオケトン金属錯体の中心金属が、亜鉛(II)、銅(I)及び銅(II)からなる群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする硬化性樹脂組成物。

【請求項2】
 
硬化性樹脂(A)100質量部当たり、複合錯体(B)を0.01~10質量部含有する請求項1に記載の硬化性樹脂組成物。

【請求項3】
 
アミン化合物が、第一級アミン、第二級アミン及び第三級アミンからなる群より選択される少なくとも1種の化合物である請求項1又は2に記載の硬化性樹脂組成物。

【請求項4】
 
硬化性樹脂(A)の加水分解性シリル基が、同一又は異なるアルコキシ基を有する、モノアルコキシシリル基、ジアルコキシシリル基、又はトリアルコキシシリル基であることを特徴とする請求項1~3のいずれか一項に記載の硬化性樹脂組成物。

【請求項5】
 
硬化性樹脂(A)の主鎖骨格が、エチレン重合体、プロピレン重合体、ブテン重合体、スチレン重合体又はそれらの共重合体であることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項に記載の硬化性樹脂組成物。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか一項に記載の硬化性樹脂組成物を含有することを特徴とする湿気硬化型接着剤又はシーリング材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close