Top > Search of Japanese Patents > DISINFECTION AGENT AND DISINFECTION METHOD

DISINFECTION AGENT AND DISINFECTION METHOD

Patent code P160013058
File No. S2016-0123-N0
Posted date Jun 21, 2016
Application number P2015-229953
Publication number P2017-095408A
Date of filing Nov 25, 2015
Date of publication of application Jun 1, 2017
Inventor
  • (In Japanese)中田 一弥
  • (In Japanese)山口 友一
  • (In Japanese)下戸 貴仁
  • (In Japanese)寺島 千晶
  • (In Japanese)勝又 健一
  • (In Japanese)鈴木 智順
  • (In Japanese)池北 雅彦
  • (In Japanese)藤嶋 昭
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title DISINFECTION AGENT AND DISINFECTION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a disinfection agent that has a photocatalyst and can inactivate spores and the like, and a disinfection method.
SOLUTION: The disinfection agent has a photocatalyst in which the potential at the lower end of a conduction band is more positive than the one-electron reduction potential of oxygen, and more negative than the two-electron reduction potential of oxygen, at least one alcohol selected from the group consisting of ethanol and methanol, and water.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

病原微生物等を不活化する消毒方法は、紫外線照射、オートクレーブ等による物理的消毒法と、消毒剤を用いた化学的消毒法とに大別される。このうち紫外線照射による消毒方法は、紫外線の非照射部分への効果が期待できないため、有用性は限定的である。また、オートクレーブによる消毒方法は、簡便な方法とは言い難く、且つ、消毒対象物(医療器具等)が耐熱性を有していなければならない。このような背景から、消毒剤を用いた化学的消毒法が広く採用されている。

近年では、化学的消毒法の1つとして、光触媒作用により生じるヒドロキシラジカルを利用した消毒方法が提案されている。
例えば、特許文献1には、光触媒性酸化チタンと、硝酸と、アルコールとを含有する複合溶液に医療器具を浸漬し、光照射することにより、病原微生物を不活化する方法が開示されている。
また、特許文献2には、光触媒性酸化チタンを含有する複合懸濁液を病原微生物に接触させ、光照射することにより、病原微生物を不活化する方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、消毒剤及び消毒方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
伝導帯下端の電位が酸素の一電子還元電位よりも正側であり、且つ、酸素の二電子還元電位よりも負側である光触媒と、エタノール及びメタノールからなる群より選択される少なくとも1種のアルコールと、水とを含有する消毒剤。

【請求項2】
 
前記光触媒がWO3である請求項1に記載の消毒剤。

【請求項3】
 
水と前記アルコールとの体積比(水/アルコール)が5/95~35/65である請求項1又は請求項2に記載の消毒剤。

【請求項4】
 
芽胞の不活化に用いられる請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の消毒剤。

【請求項5】
 
伝導帯下端の電位が酸素の一電子還元電位よりも正側であり、且つ、酸素の二電子還元電位よりも負側である光触媒と、エタノール及びメタノールからなる群より選択される少なくとも1種のアルコールと、水との存在下で光照射し、光照射による生成物によって消毒する消毒方法。

【請求項6】
 
前記光触媒がWO3である請求項5に記載の消毒方法。

【請求項7】
 
水と前記アルコールとの体積比(水/アルコール)が5/95~35/65である請求項5又は請求項6に記載の消毒方法。

【請求項8】
 
芽胞を不活化する請求項5~請求項7のいずれか1項に記載の消毒方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close