Top > Search of Japanese Patents > PROPHYLACTIC AND/OR THERAPEUTIC AGENT FOR ANEURYSM

PROPHYLACTIC AND/OR THERAPEUTIC AGENT FOR ANEURYSM foreign

Patent code P160013067
File No. H16-018
Posted date Jun 29, 2016
Application number P2005-035769
Publication number P2006-089455A
Patent number P4686704
Date of filing Feb 14, 2005
Date of publication of application Apr 6, 2006
Date of registration Feb 25, 2011
Priority data
  • P2004-244316 (Aug 24, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)吉村 耕一
  • (In Japanese)青木 浩樹
  • (In Japanese)松崎 益徳
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title PROPHYLACTIC AND/OR THERAPEUTIC AGENT FOR ANEURYSM foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a prophylactic and/or a therapeutic agent for aneurysm, capable of pharmaceutically preventing occurrence or enlargement of a lump or capable of inhibiting rupture thereof when the lump is degenerated, while the aneurysm is a clinically important disease leading to death due to the rupture and an invasive surgical treatment is a solely existing treatment therefor.
SOLUTION: This prophylactic and/or therapeutic agent for the aneurysm contains a JNK (c-Jun N-terminal kinase) inhibitor as an active ingredient. The JNK inhibitor is, in details, developed based on new discovery that acceleration of decomposition of an extracellular substrate of an arterial wall and inhibition of regeneration thereof are simultaneously caused by activation of the JNK. Therefore, the JNK inhibitor synthetically rectifies various factors of the above and further prevents collapse of the extracellular substrate. Further, the inhibitor prevents onset, progress, and the rupture of the aneurysm and, still more, improves life and prognosis of a patient suffering from the aneurysm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

虚血性心疾患や脳血管障害など血管病変を主体とする循環器疾患による死亡者数は増加の一途をたどっており、現在ではほぼ悪性腫瘍と並んで、わが国における病死原因の第1位となる勢いである。その中でも動脈瘤の罹患数は特に増加の傾向にある。動脈瘤は、大動脈や末梢動脈の動脈壁が脆弱化することにより形成される膨らみであり、壁全層が拡大する真性動脈瘤と血管壁が裂けて血管壁内に血液が流入することによって発生する解離性動脈瘤とが知られている。いずれも進行とともに瘤径が拡大し、放置すればいずれ破裂して死に至る疾患である。このように臨床上重要な疾患であるにもかかわらず、その生命予後の改善のためにでき得る現在唯一の治療方法は外科的治療(外科的切除あるいはステントグラフト留置等)である。しかしながら、手術自体患者への負担が大きく、手術の危険性が動脈瘤破裂の危険性を上回る場合もまれではないため、新たな動脈瘤低侵襲治療、特に薬物療法が望まれていた。

動脈瘤は、動脈壁を構成している細胞外基質の分解亢進あるいは合成異常により動脈壁が脆弱化することによって発症し、進展、そして破裂に至ると考えられている。これまでに、細胞外基質の分解酵素の一群であるマトリックスメタロプロテアーゼ(以下、「MMP」という。)が動脈瘤の病態において重要であるとされ、動脈瘤の進展予防法としてMMP活性阻害物質も有効であろうと注目されていた。実際米国においてはMMP活性阻害薬を用いて治験が実施されたが、明らかな瘤の進展防止効果は確認されなかった(非特許文献1)。
【非特許文献1】
J.Vascular Surgery 36:1-12項(2002)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、注射投与あるいは経口投与等により、生体内で有効にJNK(c-Jun N-terminal kinase)の活性を阻害する物質を用いた、動脈瘤の予防および/または治療に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の一般式(1)で示される化合物を有効成分とする動脈瘤退縮のための動脈瘤療剤。
【化1】
 
(省略)
[但し、上記式中、R1とR2は、それぞれ同一または異なり、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、ニトロ基、三フッ化メチル基、スルホニル基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、アルコキシ基、アリール基、アリールオキシ基、アリールアルキルオキシ基、アリールアルキル基、シクロアルキルアルキルオキシ基、シクロアルキルオキシ基、アルコキシアルキル基、アルコキシアルコキシ基、アミノアルコキシ基、モノまたはジアルキルアミノアルコキシ基、または次の(a)、(b)、(c)、または(d)の式で示されるグループのいずれかである。
【化2】
 
(省略)
(上記Rはアルキル基、R3とR4は末端が連結したアルキリデンまたはヘテロ原子を含むアルキリデン、或いは、それぞれ同一または異なり、水素原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、シクロアルキルアルキル基、アリールオキシアルキル基、アルコキシアルキル基、アルコキシアミノ基、またはアルコキシ(モノまたはジーアルキルアミノ)基を表し、R5は、水素原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アリールアルキル基、シクロアルキルアルキル基、アルコキシ基、アミノ基、モノまたはジーアルキルアミノ基、アリールアミノ基、アリールアルキルアミノ基、シクロアルキルアミノ基、またはシクロアルキルアルキルアミノ基を表す。)]

【請求項2】
 
前記化合物がアントラピラゾール-6-オンである、請求項1に記載の動脈瘤治療剤。

【請求項3】
 
動脈瘤が真性大動脈瘤と解離性大動脈瘤とを含む大動脈瘤である請求項1または2に記載の動脈瘤療剤。

【請求項4】
 
動脈瘤が腹部大動脈瘤と胸部大動脈瘤を含む大動脈瘤である請求項1から3のいずれかに記載の動脈瘤療剤。

【請求項5】
 
前記物質を含有する医薬が口薬である請求項1から4のいずれかに記載の動脈瘤療剤。

【請求項6】
 
前記物質を含有する医薬が射薬である請求項1から4のいずれかに記載の動脈瘤療剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close