Top > Search of Japanese Patents > WAVE DISSIPATING STRUCTURE

WAVE DISSIPATING STRUCTURE

Patent code P160013071
File No. H17-073
Posted date Jun 29, 2016
Application number P2005-178984
Publication number P2007-009404A
Patent number P4469985
Date of filing Jun 20, 2005
Date of publication of application Jan 18, 2007
Date of registration Mar 12, 2010
Priority data
  • P2005-163488 (Jun 3, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)羽田野 袈裟義
  • (In Japanese)高海 克彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title WAVE DISSIPATING STRUCTURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent sea area environmental pollution, by holding stability of a structure, by preventing rolling-up, the movement and dissipation of a fine particle of the sea bottom, by restraining the vertical movement of a water particle, while reducing cost by reducing horizontal force to the weave dissipating structure.
SOLUTION: This wave dissipating structure is composed of a base 10, columns 2 and a plurality of horizontal slabs 3 mutually arranged at an interval. The base 1 is formed of a box body, and can be carried on the sea by imparting buoyancy to the wave dissipating structure 1, and is arranged at the sea bottom, and prevents deposited particulates from rolling up by the vertical movement of a wave. The columns 2 are formed in an elliptic and corner-rounded rectangular shape having the major axis in the shore offing direction so as not to receive large horizontal force by the wave. The horizontal slabs 3 are a prestressed concrete slab, and are fixed to the columns 2 by a proper means.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

捨石や異形コンクリートブロックを相互に噛み合わせるようにした消波堤が知られている。捨石や異形コンクリートブロックを用いた消波堤は、消波効果、工費、景観の点で問題があり、更には水平波力を直接支持により受け止める重力式構造であるため、強い波の作用下では洗掘による沈下・崩壊の危険性もあり、また、周囲の海底が急勾配の場合には、安定性にも問題がある。

特許文献1(特公平6-3003号公報)には、図7に示すように、海底地盤に打込んだ複数本の杭体の下方に支持部材を取り付け、杭体の下方に挿通孔を備えたスペーサコンクリートブロックと複数の挿通孔を備えた梁コンクリートブロックを杭体に遊嵌させて積重ねることによりスリット構造部を形成し、スリット構造部の上方で且つ水面下の位置に、挿通孔を備えた平面面積の大きいスラブコンクリートブロックを挿通孔で杭体に挿通することにより、水深の深い領域はスリット構造部において、スペーサコンクリートブロック及び梁コンクリートブロックによる反射と、これらブロックの形状抵抗による乱れ、スリットにより囲まれた遊水部における乱流によって波のエネルギーを損失させることによって消波させ、水深の浅い領域では、水平板構造部において上下に分離され、水平板での反射、水平面上での砕波、進行波と逆行波の衝突による乱れ、砕波後の波も含む水平面上の進行波と水平面下の進行波の位相差による渦により消波させて水平面により波の上下のエネルギー伝達を小さくすることによって消波する消波構造物が開示されている。
【特許文献1】
特公平6-3003号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、波のエネルギーを吸収して消波する消波構造物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
海底に接する基台と、基台の上に薄い水平版を間隔をあけて複数層形成した消波堤であって、該水平版に穴が形成してあり、該穴の上下に遮蔽板が設けてあることを特徴とする消波堤

【請求項2】
 
請求項1において、穴の位置が各層において異なる消波堤。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2において、水平版の面積が海底に近いほど広くなっており、台形状に配置してある消波堤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005178984thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close