Top > Search of Japanese Patents > MgTiO3 SINGLE CRYSTAL BODY, PRISM USING IT, AND METHOD FOR MANUFACTURING MgTiO3 SINGLE CRYSTAL

MgTiO3 SINGLE CRYSTAL BODY, PRISM USING IT, AND METHOD FOR MANUFACTURING MgTiO3 SINGLE CRYSTAL

Patent code P160013092
File No. H18-044
Posted date Jul 8, 2016
Application number P2006-116979
Publication number P2007-290874A
Patent number P5023321
Date of filing Apr 20, 2006
Date of publication of application Nov 8, 2007
Date of registration Jun 29, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小松 隆一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title MgTiO3 SINGLE CRYSTAL BODY, PRISM USING IT, AND METHOD FOR MANUFACTURING MgTiO3 SINGLE CRYSTAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an MgTiO3 single crystal body having a larger birefringence than that of a rutile birefringent single crystal, a prism using it, and a method for manufacturing an MgTiO3 birefringent single crystal.
SOLUTION: The MgTiO3 birefringent single crystal is manufactured by a floating zone method using an MgTiO3 ceramic rod prepared by mixing MgO and TiO2 at the stoichiometric composition (MgO:TiO2=1:1) and sintering.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光ファイバを接続する中継光増幅器には、反射戻り光が雑音を誘起することから、反射戻り光を遮断して雑音を押さえるために光アイソレータが使用されている。光アイソレータは、複屈折単結晶プリズムの間にファラデー回転素子を配し、複屈折単結晶プリズムの傾斜面をファラデー回転素子の各々反対側に向け、かつ各々の傾斜面が平行となるように配置されている。光アイソレータのプリズムに用いられる複屈折性単結晶には、主としてルチル単結晶が利用されている(特許文献1、2参照)。

ルチル単結晶は、浮遊帯溶融法(FZ法)、ベルヌイ法などで製造されている(特許文献3、4参照)。
【特許文献1】
特開平6-175070号公報
【特許文献2】
特開2001-264694公報
【特許文献3】
特開平7-330429号公報
【特許文献4】
特開2004-361815号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複屈折率が大きいMgTiO3単結晶体を使用した光アイソレータに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光ファイバを接続する、ファラデー回転子及びMgTiO3複屈折単結晶板を備えた光アイソレータであって、
前記ファラデー回転子の光入射側及び光出射側のそれぞれに、前記MgTiO3複屈折単結晶板を垂直面が前記ファラデー回転子側に向くように且つ常光線と異常光線ともに45°ずれるように配置し、さらに、前記ファラデー回転子の光入射側に配設された前記MgTiO3複屈折単結晶板の光出射面及び前記ファラデー回転子の光出射側に配設されたMgTiO3複屈折単結晶板の光入射面を、それぞれc軸に平行な面とした光アイソレータ
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close