Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RECOVERING SLUDGE IN LAKE, AND SLUDGE RECOVERY DEVICE

METHOD FOR RECOVERING SLUDGE IN LAKE, AND SLUDGE RECOVERY DEVICE

Patent code P160013105
File No. H19-030
Posted date Jul 8, 2016
Application number P2007-070841
Publication number P2008-229447A
Patent number P4802334
Date of filing Mar 19, 2007
Date of publication of application Oct 2, 2008
Date of registration Aug 19, 2011
Inventor
  • (In Japanese)羽田野 袈裟義
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title METHOD FOR RECOVERING SLUDGE IN LAKE, AND SLUDGE RECOVERY DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for recovering sludge in a lake or the like where the energy of wind blowing on the water face in a lake is utilized, thus sludge deposited on the bottom of the lake or the like can be easily recovered away at a low cost, and to provide a sludge recovery device.
SOLUTION: Sludge soaring underwater from the bottom part of a lake upon strong wind is sucked with a pump 7 from either opening part 4 of a duct 3 together with water, and is passed through a straightening net 6 provided at the inside of the duct 3, the sludge and water are separated with the straightening net 6, and the separated water is refluxed to the lake or the like from the other opening part 5 of the duct 3. The sludge separated with the straightening net 6 is dropped to the inside of a storage part 2 installed in the lower part of the straightening net 6, so as to be recovered.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、河川や湖沼等の底に堆積したヘドロを回収・除去する方法としては、例えば、特許文献1に記載されているように、河川・湖
沼等の底に堆積したヘドロ とその上層にある上層水からなる汚濁スラリーを配管で吸引し、吸引された汚濁スラリーに無機系凝集剤を添加した後これを吸引されたヘドロと混合し、次いでこれらの混合物を沈殿処理して処理水とスラッジとに分離して処理水を元の河川・湖
沼等に放流するとともに、スラッジを固化して客土として再生する方法が提案されている。
【特許文献1】
特開2002-370100号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、湖沼の底部に堆積したヘドロを回収・除去するためのヘドロ回収方法及びヘドロ回収装置に関する。なお、ここで「湖沼」という用語は広い意味で用いており、天然や人工の湖や沼の他、池、河川も含むものとする。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水面に吹く風の影響を受けて湖沼の底部から水中に舞い上がるヘドロを水とともにダクトの一方の開口部から吸い込んで前記ダクト内に設けた整流網を通過させ、前記整流網によりヘドロと水とを分離し、分離された水を前記ダクトの他方の開口部から湖沼に環流させるとともに、前記整流網で分離されたヘドロを当該整流網の下方に設けた収容部内に落下させて回収するようにしたことを特徴とする湖沼のヘドロ回収方法。

【請求項2】
 
湖沼の水中に開口する開口部を両端に有するダクトと、
前記ダクトの一方の開口部から湖沼中の水を吸入し、当該ダクト内に吸入した水を他方の開口部から湖沼中に環流させるポンプと、
前記ダクト内に設けられ、前記一方の開口部から吸入した湖沼中のヘドロが混入した水を通過させてヘドロを分離する整流網と、
前記ダクトの整流網が設けられている位置の下方に設けられ、上端が前記ダクト内に連通する収容部とを備え、
前記整流網で分離されたヘドロが収容部内に落下して回収されるようにしたことを特徴とする湖沼のヘドロ回収装置。

【請求項3】
 
湖沼の水面近傍の風速を計測する風速計測手段と、前記風速計測手段が計測する風速が予め設定された値を超えている強風時にのみポンプを駆動させるポンプ駆動制御手段とを有することを特徴とする請求項2記載のヘドロ回収装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007070841thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close