Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE MATERIAL USING DILATANT FLUID

COMPOSITE MATERIAL USING DILATANT FLUID meetings

Patent code P160013139
File No. N16010
Posted date Jul 26, 2016
Application number P2016-117741
Publication number P2017-222222A
Date of filing Jun 14, 2016
Date of publication of application Dec 21, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小林 俊一
  • (In Japanese)金田 望
  • (In Japanese)杉山 皓亮
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title COMPOSITE MATERIAL USING DILATANT FLUID meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a composite material using a dilatant fluid, which can be used for various purposes by varying rigidity according to an oscillation speed.
SOLUTION: This composite material using a dilatant fluid 14 comprises: a dilatant fluid; and an operation material that generates shearing between it and the dilatant fluid through interaction caused by contact with the dilatant fluid, and is characterized by being provided with compatibility with the dilatant fluid. As the operation material has the compatibility with the dilatant fluid, shearing effectively occurs between the dilatant fluid and the operation material, and rigidity can be varied according to an oscillation speed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ダイラタント流体とは、shear thickeningとかダイラタンシーと呼ばれる、粘度がせん断速度によって増加する特性をもつ流体、すなわち、せん断速度が大きいときに粘度が大きくなり、せん断速度が小さいときには粘度が小さくなる材料である。良く知られているダイラタント流体にウーブレック(片栗粉の懸濁液,コーンスターチの懸濁液)がある。
ダイラタンシーを備える素材はしなやかな衝撃吸収性を備えることから、自動車のヘッドレスト等の衝撃吸収剤として利用されている(特許文献1等)。

ダイラタント流体の利用例として、水中の推進機構であるフィンへの適用が考えられる。
フィンは小型船舶,水中探査艇,水中ロボット,スキューバダイビング等の推進に応用されているが、水中における推進には速度・環境・運動タスクなどによって最適なフィンの剛性が変化する。また、うちわのような揺動による冷却用フィン,飛翔のための揺動フィンにおいても同様に最適な弾性がある。
しかしながら、動作中に剛性が異なるフィンに交換することは現実的でないことから、可変剛性機構を備えるフィンが開発された(特許文献2、非特許文献1)。この可変剛性機構を備えるフィンは,フィンの内部にモータを設置し,板バネの有効長さを変化させたり,弾性板のねじりを変化させたりして剛性を変化させるものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はダイラタント流体を用いた複合材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ダイラタント流体と、
該ダイラタント流体と接触して相互作用することにより、ダイラタント流体との間でせん断作用を生じさせる作用材料とからなる複合材料であって、
前記作用材料は、柔軟性と、前記ダイラタント流体との親和性とを有することを特徴とするダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項2】
 
前記ダイラタント流体と前記作用材料とが、変形可能な収容体に封入されていることを特徴とする請求項1記載のダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項3】
 
前記収容体は、フィン形状に形成されていることを特徴とする請求項1または2記載のダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項4】
 
前記作用材料は、多数本の柔軟な繊維をランダムにまたは繊維方向を揃えて積層して形成されたものであることを特徴とする請求項2または3記載のダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項5】
 
前記作用材料は、多数本の柔軟な繊維を束状に揃えて、前記収容体の一端側と他端側とを繋ぐように配置されたものであることを特徴とする請求項4記載のダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項6】
 
前記作用材料は、多数枚の柔軟なフィルム材をランダムにまたはフィルムの配列方向を揃えて積層して形成されたものであることを特徴とする請求項2または3記載のダイラタント流体を用いた複合材料。

【請求項7】
 
前記ダイラタント流体がウーブレックであり、前記作用材料が親水性のものであることを特徴とする請求項1~6のいずれか一項記載のダイラタント流体を用いた複合材料。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016117741thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close