Top > Search of Japanese Patents > COMMUNICATION DEVICE, COMMUNICATION METHOD AND PROGRAM

COMMUNICATION DEVICE, COMMUNICATION METHOD AND PROGRAM commons meetings

Patent code P160013149
Posted date Aug 3, 2016
Application number P2009-156517
Publication number P2011-013871A
Patent number P5673989
Date of filing Jul 1, 2009
Date of publication of application Jan 20, 2011
Date of registration Jan 9, 2015
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 良平
  • (In Japanese)長谷川 由香子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
Title COMMUNICATION DEVICE, COMMUNICATION METHOD AND PROGRAM commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a versatile communication device capable of communicating quickly through less number of times of operation and capable of easily making alterations and additions to a message, in comparison with a conventional device requiring a complicated input operation, as there is a need for a welfare device allowing an operator, such as a disabled person with speech problems, an aged person and an ailing person, to communicate.
SOLUTION: Elements of conversation are put into a hierarchical database, a selection screen for displaying a plurality of visual symbols symbolizing the elements is generated for every level of hierarchy, and a message corresponding to a combination of the elements selected at each level of hierarchy is displayed and outputted as voice to thereby assist communication.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、ロボット工学、介護福祉機器開発、エンターテインメントの分野では、各種スイッチ、ジョイスティック、マウス、タッチパネル等よる入力操作が行われている。介護福祉機器の開発分野では、老人や病人などの複雑な入力操作が不可能な操作者のために、直観的に簡単な操作で意思を伝えることができる機器が望まれている。特に、発話障害のある患者や老人にとって、基本的な身の回りの介護や気持ち等の意思を、より簡単に介助者に伝えることのできる機器が望まれている。

従来から、文字盤あるいは絵カードなどの発話を補助するものがある。また、言語機能や聴覚に障害を持つ利用者の会話を補助する機器に関する技術は、例えば特許文献1および2に示されている。特許文献1には、五十音の文字盤に加え身体ケアのリクエストを選ぶメッセージボードを用いる技術が示されている。特許文献2には、携帯情報端末を用いるシンボル表示を選択するコミュニケーション支援システムが示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、発話障害のある障害者や老人や病人等が簡単に操作して意思を伝達することができる階層的入力によりメッセージを出力する意思伝達装置、方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
会話の構成要素を階層的にデータベース化して蓄積する手段と、前記構成要素をシンボル表示した視覚記号を各階層の選択画面で複数表示する表示手段と、前記選択画面の選択肢を選択させる入力手段とを備え、
前記表示手段は、第1階層の選択画面でシンボル表示された複数の構成要素のうちの一つが選択されると、該選択された構成要素の第2階層の選択画面を表示し、前記第2階層の選択画面でシンボル表示された複数の構成要素のうちの一つが選択されると、該選択された第2階層の構成要素の第3階層の選択画面を表示する表示手段であり、
前記入力手段は、事象関連脳波の計測による入力手段であり、
各階層で選択された構成要素の組み合わせに対応するメッセージを表示するとともに音声出力することを特徴とする意思伝達装置。

【請求項2】
 
コンピュータを
会話の構成要素を階層的にデータベース化して蓄積する手段
前記構成要素をシンボル表示した視覚記号を各階層の選択画面で複数表示し、該表示は、第1階層の選択画面でシンボル表示された複数の構成要素のうちの一つが事象関連脳波の計測により選択されると、該選択された構成要素の第2階層の選択画面を表示し、前記第2階層の選択画面でシンボル表示された複数の構成要素のうちの一つが事象関連脳波の計測により選択されると、該選択された第2階層の構成要素の第3階層の選択画面を表示するものであり、各階層で選択された構成要素の組み合わせに対応するメッセージを表示する手段
前記メッセージの表示とともに音声出力する手段
として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009156517thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンス等を御希望の方又は特許の内容に興味を持たれた方は,下記「問合せ先」まで直接お問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close