Top > Search of Japanese Patents > FLUORESCENT COMPOSITION, 9-AMINOANTHRACENE OR DERIVATIVE THEREOF DECOMPOSITION INHIBITING AGENT AND METHOD, AND PROTIC ORGANIC COMPOUND DETECTION AGENT AND METHOD

FLUORESCENT COMPOSITION, 9-AMINOANTHRACENE OR DERIVATIVE THEREOF DECOMPOSITION INHIBITING AGENT AND METHOD, AND PROTIC ORGANIC COMPOUND DETECTION AGENT AND METHOD meetings

Patent code P160013156
File No. S2014-1088-N0
Posted date Aug 4, 2016
Application number P2014-208090
Publication number P2016-079191A
Patent number P6089324
Date of filing Oct 9, 2014
Date of publication of application May 16, 2016
Date of registration Feb 17, 2017
Inventor
  • (In Japanese)内山 洋介
  • (In Japanese)内山 孝司
  • (In Japanese)大槻 武丸
  • (In Japanese)菊池 勇一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title FLUORESCENT COMPOSITION, 9-AMINOANTHRACENE OR DERIVATIVE THEREOF DECOMPOSITION INHIBITING AGENT AND METHOD, AND PROTIC ORGANIC COMPOUND DETECTION AGENT AND METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: a fluorescent composition that contains 9-aminoanthracene (9AA) or a derivative thereof and in which the decomposition of 9AA or a derivative thereof is inhibited; and also a 9AA or a derivative thereof decomposition inhibiting agent, a 9AA or a derivative thereof decomposition inhibiting method, a protic organic compound detection agent, and a protic organic compound detection method.
SOLUTION: Provided are: a fluorescent composition comprising 9AA or a derivative thereof, and a protic organic compound; a 9AA, or a derivative thereof, decomposition inhibiting agent containing, as an active ingredient, a protic organic compound; a 9AA, or a derivative thereof, decomposition inhibiting method comprising a step for letting a protic organic compound coexist with 9AA or a derivative thereof; a protic organic compound detection agent containing, as an active ingredient, 9AA or a derivative thereof; and a protic organic compound detection method comprising a step for bringing 9AA, or a derivative thereof, into contact with a sample.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

緑色及び赤色蛍光物質は、蛍光顕微鏡観察に有用であり、細胞イメージング等に用いられる。蛍光物質には、天然の動植物から抽出された天然物と人工的に合成された非天然物が存在する。天然物は、大量の動植物から選択的に抽出しなければならないため、大量に得ることが困難な場合があるが、非天然物は、大量に得ることが比較的容易である。

非天然物の緑色蛍光物質の1つとして、下記式(1)で表される9-アミノアントラセン(以下、「9AA」という場合がある。)が知られている(例えば、非特許文献1を参照)。9AAは、波長約440nmの励起光を照射すると、波長約510nmの蛍光を発する化合物である。

【化1】
(省略)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、蛍光組成物、9-アミノアントラセン又はその誘導体の分解抑制剤及び分解抑制方法、プロトン性有機化合物の検出剤及びプロトン性有機化合物の検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プロトン性有機化合物を有効成分として含有する、9-アミノアントラセン又は下記式(2)で表される9-アミノアントラセン誘導体の分解抑制剤。
【化1】
 
(省略)
[式(2)中、R1は水素原子又は炭素数1~6のアルキル基を表し、R2はそれぞれ独立に水素原子、ハロゲン、炭素数1~6のアルキル基又は炭素数1~6のアルコキシ基を表す。]

【請求項2】
 
前記プロトン性有機化合物は、カルボン酸又はアルコールである、請求項1に記載の分解抑制剤。

【請求項3】
 
9-アミノアントラセン又は記式(2)で表される9-アミノアントラセン誘導体にプロトン性有機化合物を共存させる工程を含む、9-アミノアントラセン又はその誘導体の分解抑制方法。
【化2】
 
(省略)
[式(2)中、R1は水素原子又は炭素数1~6のアルキル基を表し、R2はそれぞれ独立に水素原子、ハロゲン、炭素数1~6のアルキル基又は炭素数1~6のアルコキシ基を表す。]

【請求項4】
 
前記プロトン性有機化合物は、カルボン酸又はアルコールである、請求項3に記載の分解抑制方法。

【請求項5】
 
9-アミノアントラセン又は記式(2)で表される9-アミノアントラセン誘導体を有効成分として含有する、プロトン性有機化合物の検出剤。
【化3】
 
(省略)
[式(2)中、R1は水素原子又は炭素数1~6のアルキル基を表し、R2はそれぞれ独立に水素原子、ハロゲン、炭素数1~6のアルキル基又は炭素数1~6のアルコキシ基を表す。]

【請求項6】
 
プロトン性有機化合物の検出方法であって、サンプルに、9-アミノアントラセン又は記式(2)で表される9-アミノアントラセン誘導体を接触させる工程と、前記9-アミノアントラセン又は前記式(2)で表される9-アミノアントラセン誘導体の蛍光を検出する工程と、を含み、前記蛍光の存在がプロトン性有機化合物の存在を示す、検出方法。
【化4】
 
(省略)
[式(2)中、R1は水素原子又は炭素数1~6のアルキル基を表し、R2はそれぞれ独立に水素原子、ハロゲン、炭素数1~6のアルキル基又は炭素数1~6のアルコキシ基を表す。]
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close