Top > Search of Japanese Patents > THERAPEUTIC COMPOSITIONS FOR CHRONIC MYELOGENOUS LEUKEMIA

THERAPEUTIC COMPOSITIONS FOR CHRONIC MYELOGENOUS LEUKEMIA

Patent code P160013158
File No. S2014-1639-N0
Posted date Aug 4, 2016
Application number P2014-202529
Publication number P2016-069348A
Patent number P6267619
Date of filing Sep 30, 2014
Date of publication of application May 9, 2016
Date of registration Jan 5, 2018
Inventor
  • (In Japanese)西田 升三
  • (In Japanese)椿 正寛
  • (In Japanese)武田 朋也
  • (In Japanese)西尾 和人
  • (In Japanese)中山 隆志
  • (In Japanese)坂井 和子
  • (In Japanese)駒居 真紀子
  • (In Japanese)小野 優里
  • (In Japanese)深松 真衣
Applicant
  • (In Japanese)学校法人近畿大学
Title THERAPEUTIC COMPOSITIONS FOR CHRONIC MYELOGENOUS LEUKEMIA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide therapeutic compositions that are effective against chronic myelogenous leukemia in a more fundamental way, although therapeutic compositions of the second and third generations more effective than imatinib are now under development to overcome the problem that imatinib is effective for chronic myelogenous leukemia, but continuous administration of imatinib results in acquired drug resistance.
SOLUTION: A therapeutic composition of the invention for chronic myelogenous leukemia comprises a first pharmaceutical composition comprising at least one selected from imatinib, nilotinib, dasatinib, ponatinib and bafetinib to inhibit Bcr-Abl tyrosine kinase; a second pharmaceutical composition to inhibit Met tyrosine kinase or a third pharmaceutical composition to inhibit MEK kinase, where the combination use of these compositions can overcome the drug resistance.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

慢性骨髄性白血病(Chronic Myelogenous Leukemia:CML)は、造血幹細胞を発症起源とする骨髄増殖性疾患である。フィラデルフィア染色体として知られる染色体転座による造血幹細胞の遺伝子の後天的異常が原因とされる。造血幹細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、白血球や血小板が増加する血液腫瘍である。この疾患は成人白血病の約15%を占めるといわれている。

慢性骨髄性白血病の治療薬としては、フィラデルフィア染色体の遺伝子産物であるBcr-Ablに対するチロシンキナーゼ阻害薬(Tyrosine Kinase Inhibitor:TKI)であるメシル酸イマチニブ(以後単に「イマチニブ」ともいう。)が開発され、骨髄増殖性疾患患者の治療成績は著しく改善した。この薬は、Bcr-Ablを標的とするため、分子標的薬と呼ばれている。

しかし、イマチニブを用いた治療を行うと、その患者がイマチニブに対する耐性獲得することが臨床上の重大な問題となっている。このため、耐性を獲得した患者に対しても、効果を発揮するダサチニブ、ニロチニブ、ボスチニブといった第二世代のAblチロシンキナーゼ阻害剤が開発されている。

一方、癌治療薬において分子標的薬耐性が生じることは他の疾患でも知られている。例えば、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を有した肺がんに対するEGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)やEML4-ALK融合遺伝子を有する肺がんに対するALKチロシンキナーゼ阻害剤(ALK-TKI)は、きわめて高い著効性を示す。しかし、ほとんど例外なく1年から数年で耐性が獲得され再発するとされる(非特許文献1)。

非特許文献1では、分子標的薬耐性獲得の原因として、標的自身の二次的変異、側副経路の活性化といった原因が開示されている。特に側副経路として肝細胞増殖因子(HGF)がリガンドとなるMetタンパク質が活性化することで耐性を誘導することが紹介されている。

また、特許文献1では、癌治療のための新規なc-Met阻害剤が開示されている。特許文献1は、このc-Met阻害剤にさらに第2の化学療法剤を組み合わせた医薬組成物が記載されている。その一群の第2の化学療法剤の一つとしてイマチニブが挙げられている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、慢性骨髄性白血病の治療用組成物に関するもので、特に従来の治療薬に対して耐性を有する患者に対しても有効な治療用組成物を提供するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Bcr-Ablチロシンキナーゼを阻害する第1医薬組成物と、
Metチロシンキナーゼを阻害する第2医薬組成物で構成されることを特徴とする前記第1医薬組成物に対して耐性を有した慢性骨髄性白血病の治療用組成物。

【請求項2】
 
前記第1医薬組成物が、イマチニブ、ニロチニブ、ダサチニブ、ポナチニブ、バフェチニブから選ばれる少なくとも1つの医薬組成物であり、
前記第2医薬組成物が、カボザンチニブ、クリゾチニブ、フォアチニブ、BMS777607、ゴルバチニブ、MK-2461、MGCD-265、MK-8033、アムバチニブ、TAS-115、S49076、BMS-754807、BMS-794833、LY2801653、CKI27/RG7304/RO5126766/CH5126766、BI847325、PHA-665752、EMD1214063、JNJ-38877605、PF-4217903、SGX523、INCB-028060、チバンチニブ、SAR125844、ボリチニブ、AMG-458、NVP-BVU972、SU11274、AMG208、AMG337から選ばれる少なくとも1つの医薬組成物であることを特徴とする請求項1に記載された前記第1医薬組成物に対して耐性を有した慢性骨髄性白血病の治療用組成物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014202529thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close