Top > Search of Japanese Patents > CELL CULTURE SYSTEM

CELL CULTURE SYSTEM

Patent code P160013162
File No. S2014-1617-N0
Posted date Aug 4, 2016
Application number P2014-197443
Publication number P2016-067232A
Patent number P6440432
Date of filing Sep 26, 2014
Date of publication of application May 9, 2016
Date of registration Nov 30, 2018
Inventor
  • (In Japanese)谷口 英樹
  • (In Japanese)武部 貴則
  • (In Japanese)関根 圭輔
  • (In Japanese)中尾 敦
  • (In Japanese)廣松 崇史
  • (In Japanese)砂山 裕信
  • (In Japanese)西村 哲也
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人横浜市立大学
  • (In Japanese)バイオメディカ・ソリューション株式会社
  • (In Japanese)澁谷工業株式会社
Title CELL CULTURE SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable operations necessary for a cell culture in an operation isolator to perform efficiently in a short time without mixing saprophytic bacteria in cells to be treated.
SOLUTION: An operation isolator 21 forms a sterilized space. An incubator 33 is connected to the operation isolator 21 and contains cells to culture. A closet 52 stores articles used in the operation isolator 21. A pass box 51 is provided in order to carry in the articles to the closet 52 from the outside. The closet 52 and the operation isolator 21 are linked directly or indirectly.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1に開示されているように、iPS細胞等の多機能性幹細胞から得られる臓器細胞と、血管内皮を構成する血管内皮細胞と、組織で機能する細胞の支持構造を形成する間葉系細胞とをそれぞれ培養した後、最適な混合比率で共培養することにより、微小血管構造を有する立体的な器官芽を試験管内で誘導することができ、さらに、これを生体内に移植することで臓器を作製することができる。

このような細胞や組織の培養を行うために、無菌空間を形成するアイソレータと、アイソレータに着脱自在に接続され、細胞を収容して培養するインキュベータとを備え、アイソレータ内で培養に必要な作業を行うように構成されたシステムが知られている。例えば特許文献2に開示されたシステムでは、インキュベータが接続された2つのアイソレータを、滅菌庫を介して連結しており、各インキュベータにおいて、異なる細胞の培養を行うことが可能である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、損傷を受けた生体機能に対して、幹細胞などを用いて復元させる再生医療において使用される細胞培養システムに関し、より詳しくは、細胞を調製するための作業用アイソレータに、細胞を収容して培養するインキュベータを接続して構成した細胞培養システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
無菌空間を形成する作業用アイソレータと、前記作業用アイソレータに接続されて細胞を収容して培養するインキュベータとを備えた細胞培養システムにおいて、
前記作業用アイソレータで使用する物品を収納する収納庫と、この収納庫に外部から物品を搬入するためのパスボックスと、内部に形成した無菌空間に移送手段を配置した移送用アイソレータとを備えるとともに、
前記作業用アイソレータとインキュベータを複数備えて、前記移送用アイソレータの搬送経路に沿って前記複数の作業用アイソレータを連結し、この移送用アイソレータを介して前記収納庫と作業用アイソレータを連結し、
さらに、前記物品を収容する複数の収容体を備え、前記物品を前記収容体に収容した状態で前記収納庫に物品を収容するとともに、前記移送手段で移送することを特徴とする細胞培養システム。

【請求項2】
 
前記移送手段の移送経路は直線的に形成されており、前記移送手段は前記収容体を往復動可能に移送することを特徴とする請求項1に記載の細胞培養システム。

【請求項3】
 
前記収納庫が着脱可能に設けられていることを特徴とする請求項1または2に記載の細胞培養システム。

【請求項4】
 
前記複数のインキュベータで種類の異なる細胞を培養し、相互に異なるインキュベータで培養された細胞をいずれかの作業用アイソレータで混合することを特徴とする請求項1ないし3に記載の細胞培養システム。

【請求項5】
 
前記複数のインキュベータで種類の同じ細胞を培養し、相互に異なるインキュベータで培養された細胞をいずれかの作業用アイソレータで混合することを特徴とする請求項1ないし3に記載の細胞培養システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014197443thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close