Top > Search of Japanese Patents > BATTERY DRIVEN MOBILE BODY SYSTEM

BATTERY DRIVEN MOBILE BODY SYSTEM

Patent code P160013164
File No. S2014-1573-N0
Posted date Aug 4, 2016
Application number P2014-194183
Publication number P2016-067107A
Patent number P6468585
Date of filing Sep 24, 2014
Date of publication of application Apr 28, 2016
Date of registration Jan 25, 2019
Inventor
  • (In Japanese)大 出 剛
  • (In Japanese)清 水 悦 郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
Title BATTERY DRIVEN MOBILE BODY SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To perform safe and efficient charging from a mobile body comprising a power generator to another mobile body comprising a storage battery.
SOLUTION: A battery driven mobile body system comprises: a first mobile body including a power generation system for outputting generated power, a first battery system to which charging power is supplied from the power generation system through a power line comprising a first switch, a first battery driving control unit for managing the first battery system, and a management system for managing the power generation system and the first battery driving control unit; a second mobile body including a second battery system to which charging power is supplied through a power line comprising a second switch and a second battery driving control unit for managing the second battery system; and a connection device for connecting the first mobile body and the second mobile body. The management system controls the first battery driving control unit of the first mobile body and the second battery driving control unit of the second mobile body, according to a single control method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、災害時や過疎地など系統電源を利用できない場合に、ガソリン等のエンジンで駆動する発電機と、発電機により発電された電力を蓄える蓄電池とを備えたハイブリッド車(HEV:Hybrid Electric Vehicle)を電源装置として用いる技術が提案されている(特許文献1)。ここには、HEV車から他の電気自動車(EV:Electric Vehicle)の蓄電池へ充電する技術が開示されている。

蓄電池を備えた電池推進船においても、他の船舶から供給される電力によって蓄電池を充電することに対する要求があり、レジャーボートとして、親ボートの発電機から子ボートの電池に充電する技術も提案されている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明の実施形態は、電池推進移動体システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発電した電力を出力する発電システムと、第1の開閉器を備える電力線を介して前記発電システムから充電電力が供給される第1の電池システムと、前記第1の電池システムを管理する第1の電池推進制御部と、前記発電システムおよび前記第1の電池推進制御部を管理する管理システムとを有し、ハイブリッド電池推進船である第1の移動体と、
第2の開閉器を備える電力線を介して充電電力が供給される第2の電池システムと、前記第2の電池システムを管理する第2の電池推進制御部とを有し、電池推進船である第2の移動体と、
前記第1の移動体と前記第2の移動体を接続する接続装置と、
を備える電池推進移動体システムであって、
前記接続装置は、前記第1の移動体と前記第2の移動体との間において、前記発電システムから供給される電力を搬送する電力線同士、および、前記管理システムと前記第2の電池推進制御部との間で通信を行う通信線同士をそれぞれ電気的に接続し、
前記管理システムは、前記通信線を介して前記第2の電池システムに関する電池管理情報を取得し、前記電池管理情報に基づいて前記第2の開閉器の開閉を制御し、前記発電システムに対して、前記第2の開閉器によって前記電力線が通電状態となっている前記第2の電池システムを充電するために必要な電力を発電する制御を行い、
前記管理システムは、前記第1の移動体の前記第1の電池推進制御部と前記第2の移動体の前記第2の電池推進制御部を共通の制御方式に従って制御し、
前記接続装置は、
前記ハイブリッド電池推進船側の第1のコネクタと、前記電池推進船側の第2のコネクタと、を有しており、
前記第1のコネクタと前記第2のコネクタが嵌合した状態において、
前記第1の移動体に設けられた第1の直流電源に接続される第1の接続確認信号線と、前記第2の移動体に設けられた第1の接続確認回路に接続される第2の接続確認信号線とを電気的に接続し、かつ、
前記第2の移動体に設けられた第2の直流電源に接続される第3の接続確認信号線と、前記第1の移動体に設けられた第2の接続確認回路に接続される第4の接続確認信号線とを電気的に接続することを特徴とする電池推進移動体システム。

【請求項2】
 
前記接続装置により前記第1の移動体と前記第2の移動体が接続されると、前記管理システムは前記第2の電池推進制御部の制御を開始し、前記第2の電池推進制御部は前記第2の電池システムの状態に関する情報を前記管理システムに送信することを特徴とする請求項1に記載の電池推進移動体システム。

【請求項3】
 
前記第1および第2の電池システムの最大電圧は、前記電力線に通電する最大電圧で統一されており、前記電力線により並列に接続されていることを特徴とする請求項1または2に記載の電池推進移動体システム。

【請求項4】
 
前記電力線は、前記発電システムから前記第1および第2の電池システムに電流が流れるように接続された逆流防止ダイオードを備えることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の電池推進移動体システム。

【請求項5】
 
前記接続装置は、自身の姿勢を検知する姿勢センサを備え、前記管理システムは、前記姿勢センサが検出した値に基づいて、前記第2の移動体の前記第2の電池システムへの充電を停止することを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の電池推進移動体システム。

【請求項6】
 
前記管理システムは、前記第1および第2の接続確認信号線を介した信号、及び/又は前記通信線を介したデータ送受信に基づいて、前記第1の移動体と前記第2の移動体が前記接続装置により接続されたことを把握することを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載の電池推進移動体システム。

【請求項7】
 
前記第2の電池推進制御部は、前記第1および第2の接続確認信号線を介した信号、及び/又は前記通信線を介したデータ送受信に基づいて、前記第1の移動体と前記第2の移動体が前記接続装置により接続されたことを把握することを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の電池推進移動体システム。

【請求項8】
 
前記管理システムは、前記第1および第2の電池推進制御部を介して前記第1および第2の電池システムの状態を監視し、現在値が予め設定した値に達した場合あるいはエラー状態と判定された場合、対象の電池システムに対する充電を停止する制御を行うことを特徴とする請求項1~7のいずれかに記載の電池推進移動体システム。

【請求項9】
 
前記管理システムは、前記通信線を介して前記第2の電池推進制御部との通信を確認できない場合、または前記第1および第2の接続確認信号線を介した信号を検出できない場合にエラー状態と判定することを特徴とする請求項8に記載の電池推進移動体システム。

【請求項10】
 
前記第2の電池推進制御部は、前記通信線を介して前記管理システムとの通信を確認できない場合、または前記第1および第2の接続確認信号線を介した信号を検出できない場合にエラー状態と判定することを特徴とする請求項8に記載の電池推進移動体システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014194183thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close