Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)アミノ酸結晶の製造方法及びタンパク質結晶の製造方法

(In Japanese)アミノ酸結晶の製造方法及びタンパク質結晶の製造方法

Patent code P160013175
File No. (S2014-1461-N0)
Posted date Aug 4, 2016
Application number P2015-551082
Patent number P5924723
Date of filing Jul 27, 2015
Date of registration Apr 28, 2016
International application number JP2015071240
Date of international filing Jul 27, 2015
Priority data
  • P2014-176697 (Aug 31, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)尾松 孝茂
  • (In Japanese)宮本 克彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title (In Japanese)アミノ酸結晶の製造方法及びタンパク質結晶の製造方法
Abstract (In Japanese)光渦の新たな応用の可能性を提供する。そのため、本発明の一観点にかかるアミノ酸結晶の製造方法は、光渦を、アミノ酸飽和溶液に照射して、アミノ酸飽和溶液中にアミノ酸結晶を形成することを特徴とする。また、本観点において、限定されるわけではないが、アミノ酸は、アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン、フェルアラニン、プロリン、セリン、トレオニン、トリプトファン、チロシン及びバリン、並びにこれらの誘導体、の少なくともいずれかの少なくともいずれかであることが好ましい。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光渦は、位相特異点に由来する角運動量(軌道角運動量)及びドーナツ型強度分布という特徴的な性質をもった光波である。

光渦の代表例としては、例えばラゲールガウスビームを挙げることができる(例えば下記非特許文献1参照)。ラゲールガウスビームは、円筒座標系における波動方程式の固有解であり、回転中心の周りで1波長伝搬するごとに2πの整数倍だけ位相が回転する周期的境界条件を満たす。このため、量子数L(l=1,2,3…)を用いて軌道角運動量の大きさを表すことが可能である。光渦の波面はらせん形状を有しており、この法線方向と光の伝搬方向のベクトル差で与えられる方向に軌道角運動量が働く。

また光渦は、光の放射圧を利用した光マニピュレーション、位相特異点を利用した高解像度顕微鏡、軌道角運動量を積極的に利用した光渦アブレーション加工などに利用することができ、今後の工業的な利用が大きく期待される。

光渦を発振させる公知の技術として、例えば下記特許文献1に記載の装置を例示することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アミノ酸結晶の製造方法及びタンパク質結晶の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光渦を、グリシン飽和溶液に照射して、前記グリシン飽和溶液中にグリシンの結晶を形成する、グリシン結晶の製造方法。

【請求項2】
 
前記光渦は、円偏光である請求項1記載のグリシン結晶の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close