Top > Search of Japanese Patents > UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE

UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE

Patent code P160013181
File No. S2015-0005-N0
Posted date Aug 9, 2016
Application number P2014-205122
Publication number P2016-074277A
Patent number P6462302
Date of filing Oct 3, 2014
Date of publication of application May 12, 2016
Date of registration Jan 11, 2019
Inventor
  • (In Japanese)近 藤 逸 人
  • (In Japanese)刑 部 真 弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
Title UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an underwater propulsion device and an underwater probe device capable of securing needed propulsion power even during low speed operation, and having less vibration, and capable of finely controlling a posture.
SOLUTION: An underwater propulsion device 1 according to an embodiment comprises: a main body 2 whose tail part is a conical shape; at least one pump having a channel comprising inlets 6 on an outer peripheral face of the main body 2 and a discharging port on the tail part on a downstream side of the inlets 6, and an impeller disposed in the channel; a cylindrical diffuser 8 attached to the main body 2 so as to surround the outer periphery of the discharging port; and plural direction control blades 9 attached in an annular-state to the outer surface of the main body 2 in the vicinity of the downstream of the discharging port, and pivotally supported to the main body 2 at an upstream end.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、水中ロボットとして、自律型無人潜水機(Autonomous Underwater Vehicle:AUV)等の水中探査装置が知られている。この水中探査装置には、種々の小型センサが搭載されている。この水中探査装置は、例えば、プランクトンの分布等の海洋生態系の観察等への使用が想定されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水中推進装置および水中探査装置、より詳しくは、ポンプジェット推進方式の水中推進装置、および当該水中推進装置を利用した水中探査装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
本体と、
前記本体の外周面に吸入口を有し、前記吸入口の下流側における前記本体の後尾部分に吐出口を有する流路と、前記流路中に設けられたインペラとを有する少なくとも一つのポンプと、
前記吐出口の下流近傍における前記本体の外面に取り付けられ、上流端で前記本体に枢支された複数の方向制御翼と、
を備え
前記吐出口は、前記本体の後尾部分の外周面に設けられており、
前記吐出口から噴出されたジェット流は前記方向制御翼の外側表面に沿って流れる、水中推進装置。

【請求項2】
 
前記吐出口の外周を取り巻くように前記本体に取り付けられたディフューザをさらに備えることを特徴とする請求項1に記載の水中推進装置。

【請求項3】
 
前記ディフューザには、前記ディフューザの外側を流れる水流を、前記ディフューザと前記方向制御翼で挟まれた推進流路に導入する第1の随伴流導入流路が貫設されていることを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項4】
 
前記ディフューザの下流端部における外面には、上流側から下流側に向かって延びるとともに、下流側に向かうにつれて溝の深さが深くなる複数本の第1の随伴流導入溝が設けられていることを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項5】
 
前記吐出口の上流側の縁部には、前記本体の外側を流れる水流を、前記流路に導入する第2の随伴流導入流路が貫設されていることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の水中推進装置。

【請求項6】
 
前記吐出口の上流側の縁部における外面には、上流側から下流側に向かって延びるとともに、下流側に向かうにつれて溝の深さが深くなる複数本の第2の随伴流導入溝が設けられていることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の水中推進装置。

【請求項7】
 
前記本体の後尾部分は、切頭円錐状であることを特徴とする請求項1~6のいずれかに記載の水中推進装置。

【請求項8】
 
船尾部を有する船体と、
前記船体の外周面に吸入口を有し、前記吸入口の下流側における前記船尾部に吐出口を有する流路と、前記流路中に設けられたインペラとを有する少なくとも一つのポンプと、 前記吐出口の下流近傍における前記船体の外面に取り付けられ、上流端で前記船体に枢支された複数の方向制御翼と、
を備え
前記吐出口は、前記船尾部の外周面に設けられており、
前記吐出口から噴出されたジェット流は前記方向制御翼の外側表面に沿って流れる、水中探査装置。

【請求項9】
 
前記吐出口の外周を取り巻くように前記船体に取り付けられたディフューザをさらに備えることを特徴とする請求項8に記載の水中探査装置。

【請求項10】
 
前記ディフューザには、前記ディフューザの外側を流れる水流を、前記ディフューザと前記方向制御翼で挟まれた推進流路に導入する随伴流導入流路が貫設されていることを特徴とする請求項9に記載の水中探査装置。

【請求項11】
 
前記ディフューザの下流端部における外面には、上流側から下流側に向かって延びるとともに、下流側に向かうにつれて溝の深さが深くなる複数本の随伴流導入溝が設けられていることを特徴とする請求項9に記載の水中探査装置。

【請求項12】
 
前記吐出口の上流側の縁部には、前記船体の外側を流れる水流を、前記流路の吐出口近傍に導入する第2の随伴流導入流路が貫設されていることを特徴とする請求項8~11のいずれかに記載の水中探査装置。

【請求項13】
 
前記吐出口の上流側の縁部における外面には、上流側から下流側に向かって延びるとともに、下流側に向かうにつれて溝の深さが深くなる複数本の第2の随伴流導入溝が設けられていることを特徴とする請求項8~11のいずれかに記載の水中探査装置。

【請求項14】
 
前記船体の船尾部は、切頭円錐状であることを特徴とする請求項8~13のいずれかに記載の水中探査装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014205122thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close