Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF HEAT INSULATION PIPE, FORMING METHOD OF HEAT INSULATION FILM, HEAT INSULATION PIPE AND HEAT INSULATION FILM

MANUFACTURING METHOD OF HEAT INSULATION PIPE, FORMING METHOD OF HEAT INSULATION FILM, HEAT INSULATION PIPE AND HEAT INSULATION FILM

Patent code P160013194
File No. S2015-0100-N0
Posted date Aug 9, 2016
Application number P2014-224916
Publication number P2016-089950A
Patent number P6385798
Date of filing Nov 5, 2014
Date of publication of application May 23, 2016
Date of registration Aug 17, 2018
Inventor
  • (In Japanese)中尾 正喜
  • (In Japanese)ファーナム クレイグ
  • (In Japanese)長廣 剛
  • (In Japanese)高木 舞人
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪
Title MANUFACTURING METHOD OF HEAT INSULATION PIPE, FORMING METHOD OF HEAT INSULATION FILM, HEAT INSULATION PIPE AND HEAT INSULATION FILM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of a heat insulation pipe having an excellent heat insulation characteristic by a comparatively simple technique, a forming method of a heat insulation film, the heat insulation pipe and the heat insulation film.
SOLUTION: A pipe body 1 which is an object to be formed with a heat insulation film is accommodated in a furnace 10. Then, an electric charge is imparted to a hollow or porous silica particle that is a raw material for forming the heat insulation film, and a potential difference is imparted between the silica particle and the pipe body 1. Then, the silica particle imparted with the electric charge is injected to a heat insulation film forming face of the pipe body 1 which is accommodated in the furnace 10. A process in which the silica particle is injected includes a process in which a surface of the heat insulation film in formation is set at a temperature at which low-temperature type quartz (α-quartz) stably exists, and the inside of the heat insulation film in formation is set at a temperature at which high-temperature type quartz (β-quartz) stably exists.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、断熱管等が備える断熱膜として中空シリカ等の微小中空粒子が利用されている(例えば、特許文献1~4等)。微小中空粒子は、外殻及び中空部を有する微粒子であり、中空部により断熱効果を奏することができる。

例えば、特許文献1は、合成樹脂からなるバインダーに微小中空球体を所定量混合し、当該合成樹脂を遠心分離等の方法で鋼管内にライニング層を形成した断熱鋼管を開示している。また、特許文献2は、内部にナノ中空粒子を均一に分散させた断熱アクリル塗料を開示している。さらに、特許文献3は、バインダー内に、当該バインダーの弾性率よりも低い弾性率を有する材料で構成された中空粒状体を分散させることで、耐久性を向上させた遮熱膜を開示している。

一方、特許文献4は、金属製母材の表面に、多数の中空粒子が密に充填された状態に設けられてなる中空粒子層と、当該中空粒子層を覆う皮膜を備える断熱構造体を開示している。また、中空粒子層を構成する中空粒子同士が互いに接合された構成を開示している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、断熱管の製造方法、断熱膜の製造方法、断熱管及び断熱膜に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
管体の内壁又は外壁に断熱膜を備える断熱管の製造方法であって、
断熱膜形成対象の導電性を有する管体を炉内に収容するステップと、
断熱膜を構成する原料である、中空又は多孔質のシリカ粒子に電荷を付与するとともに、前記シリカ粒子と前記管体との間に電位差を付与するステップと、
前記炉内に収容された前記管体の断熱膜形成面に前記電荷が付与されたシリカ粒子を噴射するステップと、
を有し、
前記シリカ粒子を噴射するステップが、形成中の断熱膜の表面を低温型石英(α-石英)が安定して存在する温度とし、形成中の断熱膜の内部を高温型石英(β-石英)が安定して存在する温度にするステップを含む、断熱管の製造方法。

【請求項2】
 
前記断熱膜が形成される、前記管体の壁面に、前記シリカ粒子を保持する接着材を塗布するステップをさらに備える、請求項1記載の断熱管の製造方法。

【請求項3】
 
断熱膜の製造方法であって、
断熱膜形成対象の導電性を有する被施工体を炉内に収容するステップと、
断熱膜を構成する原料である、中空又は多孔質のシリカ粒子に電荷を付与するとともに、前記シリカ粒子と前記被施工体との間に電位差を付与するステップと、
前記炉内に収容された前記被施工体の断熱膜形成面に前記電荷が付与されたシリカ粒子を噴射するステップと、
を有し、
前記シリカ粒子を噴射するステップが、形成中の断熱膜の表面を低温型石英(α-石英)が安定して存在する温度とし、形成中の断熱膜の内部を高温型石英(β-石英)が安定して存在する温度にするステップを含む、断熱膜の製造方法。

【請求項4】
 
導電性を有する管体と、
前記管体の内壁又は外壁に設けられた、多数の中空又は多孔質のシリカ粒子からなり、互いに隣接するシリカ粒子が、その表面に高温型石英(β-石英)からなる部分と低温型石英(α-石英)からなる部分とを有する状態で相互に接合した領域を有する断熱膜と、
を備える断熱管。

【請求項5】
 
導電性を有する被施工体の表面に形成される断熱膜であって、
多数の中空又は多孔質のシリカ粒子からなり、互いに隣接するシリカ粒子が、その表面に高温型石英(β-石英)からなる部分と低温型石英(α-石英)からなる部分とを有する状態で相互に接合した領域を有する断熱膜。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014224916thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close