Top > Search of Japanese Patents > MUON-PLASMOID COMPOSITE FUSION REACTOR

MUON-PLASMOID COMPOSITE FUSION REACTOR

Patent code P160013204
File No. S2015-0204-N0
Posted date Aug 9, 2016
Application number P2014-250765
Publication number P2016-114370A
Patent number P6429232
Date of filing Dec 11, 2014
Date of publication of application Jun 23, 2016
Date of registration Nov 9, 2018
Inventor
  • (In Japanese)浅井 朋彦
  • (In Japanese)稲垣 滋
Applicant
  • (In Japanese)学校法人日本大学
Title MUON-PLASMOID COMPOSITE FUSION REACTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a muon-plasmoid composite fusion reactor capable of reactivating muons to improve energy production efficiency.
SOLUTION: Provided is a muon-plasmoid composite fusion reactor which triggers fusion reactions and the reactor comprises a target vessel 10, a solid hydrogen ice fog generation source 20, a plasmoid generation source 30, and a muon generation source 40. The solid hydrogen ice fog generation source 20, which is connected to the target vessel 10, releases solid hydrogen into the target vessel 10 to produce solid hydrogen ice fog 21. The plasmoid generation source 30, which is connected to the target vessel 10, generates magnetization plasmoids 31 and transfers the magnetization plasmoids into the solid hydrogen ice fog 21 in the target vessel 10 to form a solid-plasma compound area 32. The muon generation source 40, which is connected to the target vessel 10, releases muons 41 into the solid-plasma compound area 32 to trigger nuclear reactions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現存する核融合炉の方式は主に3種類あり、1つ目は高温プラズマの磁気閉じ込め方式でありトカマク方式、ステラレータ方式等である(例えば特許文献1)。2つ目はレーザ光等でターゲットを爆縮し高温高密度状態で短時間に反応を起こす慣性閉じ込め方式である。さらに3つ目はミューオンを用いたミューオン触媒方式である(例えば非特許文献1)。

水素や重水素のアイスペレットをターゲットとしたミューオン触媒核融合炉は、核物理や加速器科学の分野で研究が進められ、安定的に核融合反応を得られることが知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は核融合炉に関し、特に、反応効率を高めた核融合炉に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
核融合反応を得るためのミューオン-プラズモイド複合核融合炉であって、該ミューオン-プラズモイド複合核融合炉は、
核融合反応を起こすための標的容器と、
前記標的容器に接続され、標的容器内に固体水素を入射し固体水素氷霧を形成するための固体水素氷霧発生源と、
前記標的容器に接続され、磁化プラズモイドを発生すると共に標的容器内の固体水素氷霧中に磁化プラズモイドを移送し、固体-プラズマ複合領域を形成するためのプラズモイド発生源と、
前記標的容器に接続され、固体-プラズマ複合領域にミューオンを入射し核反応を得るためのミューオン発生源と、
を具備することを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。

【請求項2】
 
請求項1に記載のミューオン-プラズモイド複合核融合炉において、前記固体水素氷霧発生源及びプラズモイド発生源は、生成される固体-プラズマ複合領域がミューオンの寿命に比べて長い時間維持されるように制御されることを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2に記載のミューオン-プラズモイド複合核融合炉において、前記プラズモイド発生源は、磁化プラズモイドをプラズマの拡散又は緩和の時間スケールより速く、標的容器内の固体水素氷霧中に移送することを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。

【請求項4】
 
請求項1乃至請求項3の何れかに記載のミューオン-プラズモイド複合核融合炉において、前記ミューオン発生源は、固体水素氷霧が昇華する間にミューオンを入射することを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。

【請求項5】
 
請求項1乃至請求項4の何れかに記載のミューオン-プラズモイド複合核融合炉であって、さらに、前記標的容器に接続され、核融合生成物を回収するためのエネルギ変換器を具備することを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。

【請求項6】
 
請求項5に記載のミューオン-プラズモイド複合核融合炉において、前記プラズモイド発生源は、発生する磁化プラズモイドを閉じ込める磁場をガイド磁場として用いて核融合生成物をエネルギ変換器に誘導することを特徴とするミューオン-プラズモイド複合核融合炉。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014250765thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close