Top > Search of Japanese Patents > GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION, PRODUCTION METHOD OF GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION

GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION, PRODUCTION METHOD OF GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION

Patent code P160013207
File No. S2015-0196-N0
Posted date Aug 9, 2016
Application number P2014-246016
Publication number P2016-106775A
Patent number P6566290
Date of filing Dec 4, 2014
Date of publication of application Jun 20, 2016
Date of registration Aug 9, 2019
Inventor
  • (In Japanese)内田 健太郎
  • (In Japanese)東山 礼治
  • (In Japanese)井上 玄
  • (In Japanese)宮城 正行
  • (In Japanese)高相 晶士
  • (In Japanese)酒井 利奈
  • (In Japanese)服部 俊治
  • (In Japanese)田中 啓友
  • (In Japanese)小倉 孝之
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
  • (In Japanese)株式会社ニッピ
Title GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION, PRODUCTION METHOD OF GRAFT MATERIAL FOR CARTILAGE REGENERATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a graft material for cartilage regeneration, which has excellent cartilage regeneration capacity.
SOLUTION: A graft material for cartilage regeneration contains collagen fibers having an average diameter of 1-10 μm as a main component and has a moisture content of 0-20 (w/w)%, and density of collagen of 50-800 mg/cm3, in which distribution of collagen has a density gradient. The collagen fibers are generated by neutralizing an acidic solution of collagen, and subsequently crude collagen fibers with collagen concentration of 12-50 (w/v)% is formed by filtration or the like. The graft material for cartilage regeneration can be produced by molding the crude collagen fibers by compression filtration molding, and subsequently drying the molded product.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

軟骨組織は自己修復能に乏しく、一度、外傷や変形性関節症などにより軟骨欠損が生じると、それらが自然に治癒されることは期待できない。現在、軟骨欠損に対して、患者自身の健常部から採取した軟骨組織を移植する方法(自家骨軟骨移植(Osteochondral autograft))や、ドナーから採取した軟骨組織を移植する方法(同種骨軟骨移植(Osteochondral allograft))、患者自身の軟骨組織から採取した細胞を体外で培養させ、培養した細胞を再び患者へと移植する方法(自家軟骨細胞移植)などが行われている。

近年、培養細胞や成長因子を使用しないPGLA(グリコール酸/L-乳酸共重合体)からなる多孔質性軟骨修復材料が開発され、軟骨欠損の修復に臨床応用されている。軟骨修復材料が軟骨欠損部に移植されると、軟骨欠損部の周囲から細胞が供給されて軟骨修復材料を足場として細胞が増殖し、軟骨組織が再生される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、軟骨再生用移植材料及び軟骨再生用移植材料の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
平均直径が1~10μmのコラーゲン線維を主成分として含有する軟骨再生用移植材料であって、水分含量0~20(w/w)%であり、コラーゲン密度が200400mg/cm3であり、前記コラーゲン線維の分布が密度勾配を有し、
前記密度勾配が連続密度勾配であり、
一方の端部から、前記一方の端部と対向する他方の端部へかけて、前記密度勾配のコラーゲン密度が大きくされており、
前記他方の端部のコラーゲン密度が、300~500mg/cm3あり、
前記軟骨再生用移植材料を10mM、4℃の塩酸に24時間浸漬させて抽出されたコラーゲンが、前記軟骨再生用移植材料に含まれる総コラーゲンのうち75質量%以上であることを特徴とする軟骨再生用移植材料。

【請求項2】
 
前記軟骨再生用移植材料が孔を有し、当該孔の平均孔径が1~50μmである請求項1に記載の軟骨再生用移植材料。

【請求項3】
 
20~37℃での前記密度勾配の方向の圧縮剛性が10~70N/mmである請求項1又は2に記載の軟骨再生用移植材料。

【請求項4】
 
リン酸緩衝生理食塩水(pH7.5)に20時間浸漬した後での体積増加率が1.5~2.5倍の範囲内である請求項1~3のいずれか一項に記載の軟骨再生用移植材料。

【請求項5】
 
更に、細胞走化因子、成長因子、細胞増殖因子、血液凝固因子および抗凝固因子からなる群から選択される1種以上の因子を含む請求項1~4のいずれか一項に記載の軟骨再生用移植材料。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか一項に記載の軟骨再生用移植材料の製造方法であって、
コラーゲン酸性溶液を中性にしてコラーゲン線維を生成するコラーゲン線維生成工程、
前記コラーゲン線維を含有する溶液から前記コラーゲン線維を分取してコラーゲン濃度12~50(w/v)%の粗コラーゲン線維を形成する粗コラーゲン線維形成工程、
前記粗コラーゲン線維を所定形状に成形する成型工程、および
前記成型工程で得た成形物を乾燥する乾燥工程を行い、
前記成型工程が圧縮濾過成型であることを特徴とする軟骨再生用移植材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close