Top > Search of Japanese Patents > WOUND HEALING PROMOTING AGENT

WOUND HEALING PROMOTING AGENT

Patent code P160013226
File No. S2015-0183-N0
Posted date Aug 18, 2016
Application number P2014-257968
Publication number P2016-117679A
Patent number P6333715
Date of filing Dec 19, 2014
Date of publication of application Jun 30, 2016
Date of registration May 11, 2018
Inventor
  • (In Japanese)東 和生
  • (In Japanese)伊福 伸介
  • (In Japanese)泉 良太郎
  • (In Japanese)岡本 芳晴
  • (In Japanese)大▲崎▼ 智弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
Title WOUND HEALING PROMOTING AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently induce epithelialization of skin and collagen fiber proliferation on a dermal layer and promote wound healing.
SOLUTION: A wound healing promoter comprises surface-deacetylated chitin nanofiber (SDACNF).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

創傷治癒を促進するために様々な物質が用いられおり、検索もされている。例えば抗菌剤、抗生物質、壊死組織融解剤、肉芽形成促進剤、上皮形成促進剤などを含む創傷治療薬が用いられている。天然高分子を有効成分とした創傷治癒促進剤も知られており、キチンおよびキトサンの局所適用が創傷治癒促進作用を有することもわかっている(非特許文献1参照)。しかし、天然高分子を主体とする創傷治癒促進剤は毒性や副作用が少ないという利点を有するが、さらなる創傷治癒作用が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、創傷治癒促進剤に関する。詳細には、本発明は、表面脱アセチル化キチンナノファイバーを含む創傷治癒促進剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
表面脱アセチル化キチンナノファイバー(SDACNF)を含む創傷治癒促進剤であって、ケロイド化を抑制しつつ創傷治癒を促進するものである剤

【請求項2】
 
SDACNFの脱アセチル化度が5~20%である請求項1記載の創傷治癒促進剤。

【請求項3】
 
SDACNFのファイバー径が4~20ナノメートル、ファイバー長が100ナノメー
トル以上である請求項1または2記載の創傷治癒促進剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close