Top > Search of Japanese Patents > AUTHENTICATION PROCESSING DEVICE AND AUTHENTICATION PROCESSING METHOD

AUTHENTICATION PROCESSING DEVICE AND AUTHENTICATION PROCESSING METHOD

Patent code P160013228
File No. S2015-0264-N0
Posted date Aug 18, 2016
Application number P2014-254347
Publication number P2016-115199A
Patent number P6418685
Date of filing Dec 16, 2014
Date of publication of application Jun 23, 2016
Date of registration Oct 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 公則
  • (In Japanese)渡邊 睦
  • (In Japanese)鹿嶋 雅之
  • (In Japanese)池之上 太一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title AUTHENTICATION PROCESSING DEVICE AND AUTHENTICATION PROCESSING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To easily introduce an authentication processing system and also to provide a mechanism for ensuring security in a non-contact manner.
SOLUTION: The authentication processing system includes a distance image sensor 110 for photographing a distance image of a hand 200 of an authentication target person with a moving image, a number setting part 133 for setting a unique number to each section area by dividing a moving image-photographed area by the distance image sensor 110 into a plurality of section areas, a resting position information acquisition part 134 for acquiring a resting position information showing a resting position of a fingertip 211 of the authentication target person on the basis of the distance image acquired by moving image photographing by the distance image sensor 110, a number acquisition part 135 for discriminating a section area to which the resting position belongs on the basis of the resting position information to acquire a number set in the section area, and an authentication processing part 136 for performing authentication processing of the authentication target person on the basis of a time series number being a number acquired in time series in the number acquisition part 135 and a personal identification number of the authentication target person stored in a personal identification number storage part 131.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在、銀行の現金自動預け払い機(ATM:Automated Teller Machine)などでは、セキュリティキーとして暗証番号が用いられ、例えば、4桁の数字が利用されている。その一方で、カードの偽造や暗証番号入力時の盗撮などによる犯罪は、後を絶たないのが現状である。

このような背景のもと、近時では、セキュリティ向上の観点から、セキュリティキーとして、手の指紋や静脈パターンなどのバイオメトリック情報を用いた認証が提案されて実現されている(例えば、下記の特許文献1及び特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、認証対象者の認証処理を行う認証処理装置及び認証処理方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
認証対象者の手の距離画像を動画撮影する距離画像センサを備え、前記距離画像を用いて前記認証対象者の認証処理を行う認証処理装置であって、
前記認証対象者の暗証番号を記憶する記憶手段と、
前記距離画像センサによる動画撮影領域を複数の区分領域に分けて、各区分領域に対して一意の番号を設定する番号設定手段と、
前記動画撮影により得られた前記距離画像に基づいて前記手における指先の静止位置を示す静止位置情報を取得する静止位置情報取得手段と、
前記静止位置情報に基づいて前記静止位置が属する前記区分領域を判別し、前記番号設定手段によって当該区分領域に設定された番号を取得する番号取得手段と、
前記番号取得手段において時系列で取得された番号である時系列番号と、前記暗証番号とに基づいて、前記認証対象者の認証処理を行う認証処理手段と
を有し、
前記距離画像センサは、暗箱内に設置されており、当該暗箱内に挿入された前記手の前記距離画像を動画撮影することを特徴とする認証処理装置。

【請求項2】
 
前記認証対象者が前記各区分領域に対して前記一意の番号を対応付けるための対応付け情報を入力する入力手段を更に有し、
前記番号設定手段は、前記対応付け情報に従って前記各区分領域に対して前記一意の番号を設定することを特徴とする請求項1に記載の認証処理装置。

【請求項3】
 
前記各区分領域は、六面体の形状からなる領域であることを特徴とする請求項1または2に記載の認証処理装置。

【請求項4】
 
前記各区分領域は、球体の形状からなる領域であることを特徴とする請求項1または2に記載の認証処理装置。

【請求項5】
 
認証対象者の手の距離画像を動画撮影する距離画像センサと、前記認証対象者の暗証番号を記憶する記憶手段とを備え、前記距離画像を用いて前記認証対象者の認証処理を行う認証処理装置による認証処理方法であって、
前記距離画像センサによる動画撮影領域を複数の区分領域に分けて、各区分領域に対して一意の番号を設定する番号設定ステップと、
前記動画撮影により得られた前記距離画像に基づいて前記手における指先の静止位置を示す静止位置情報を取得する静止位置情報取得ステップと、
前記静止位置情報に基づいて前記静止位置が属する前記区分領域を判別し、前記番号設定ステップによって当該区分領域に設定された番号を取得する番号取得ステップと、
前記番号取得ステップにおいて時系列で取得された番号である時系列番号と、前記暗証番号とに基づいて、前記認証対象者の認証処理を行う認証処理ステップと
を有し、
前記距離画像センサは、暗箱内に設置されており、当該暗箱内に挿入された前記手の前記距離画像を動画撮影することを特徴とする認証処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014254347thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close