Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR AUTHENTICATION PROCESSING, AND APPARATUS AND METHOD FOR REGISTERING AUTHENTICATION INFORMATION

APPARATUS AND METHOD FOR AUTHENTICATION PROCESSING, AND APPARATUS AND METHOD FOR REGISTERING AUTHENTICATION INFORMATION

Patent code P160013230
File No. S2015-0265-N0
Posted date Aug 18, 2016
Application number P2014-257756
Publication number P2016-118910A
Patent number P6516467
Date of filing Dec 19, 2014
Date of publication of application Jun 30, 2016
Date of registration Apr 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 公則
  • (In Japanese)渡邊 睦
  • (In Japanese)鹿嶋 雅之
  • (In Japanese)畠中 一成
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title APPARATUS AND METHOD FOR AUTHENTICATION PROCESSING, AND APPARATUS AND METHOD FOR REGISTERING AUTHENTICATION INFORMATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable personal authentication that prevents signature from being leaked through peeping or the like, does not require touching of an authentication sensor or the like, and assures a very high level of security.
SOLUTION: A range sensor 20 detects three-dimensional coordinates of a hand and finger in a three-dimensional space in every frame. A finger identification information acquisition unit 123 identifies the finger of the hand and generates finger identification information. An arithmetic authentication processing unit 103 computes in-air signature data produced by a person to be authenticated using a fingertip in the three-dimensional space based on the finger identification information and the three-dimensional coordinate information detected by the range sensor 20 when the fingertip of the person to be authenticated is moved in the three-dimensional space, and performs authentication determination by comparing the in-air signature data with registered signature data.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、クレジットカードなどを使用した際にはサイン(署名)の記入が求められることが多い。サインは、ペンなどを用いて伝票等の所定欄に氏名を書くことにより行われている。クレジットカードの管理会社等は、伝票等に記入されたサインを基に、そのクレジットカードを使用した者(認証対象者)が正当な使用者であるかを確認する。なお、伝票等の紙面上にサインを記入する代わりに、例えばクレジットカードの管理会社等とオンライン接続されているタブレット端末等を使用し、そのタブレット端末等のタッチセンサ画面上にサインすることでオンライン個人認証が行われる場合もある。

また例えば、特許文献1には、ステレオカメラから得られる手指の軌跡と、3次元加速度センサから得られる手指動作の加速度データとに基づく、空中での署名動作により個人認証を行う認証装置が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、認証対象者の個人認証を行う認証処理装置及び認証処理方法、個人認証に使用する情報を登録する認証情報登録装置及び認証情報登録方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
三次元空間内における検出対象物の三次元座標を所定の時間周期ごとに検出する座標検出手段と、
前記三次元空間内の前記検出対象物が認証対象者の手であるとき、前記手の手指を識別して指識別情報を生成する指識別手段と、
前記指識別手段による前記指識別情報と、前記認証対象者の前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際に前記座標検出手段にて前記所定の時間周期ごとに検出された三次元座標情報とに基づいて、前記認証対象者が前記手指の指先により前記三次元空間内に記入したサインのデータを算出する演算手段と、
前記演算手段により算出された前記サインのデータと予め登録されている登録サインのデータとを比較して認証判定を行う認証判定手段とを有し、
前記指識別手段は、前記手の各手指のうち何れか一本の手指のみが伸ばされて他の各手指が折り曲げられているとき、前記伸ばされた手指を個別に識別した指識別情報を生成し、
前記演算手段は、前記サインを構成している複数のパーツごとに、前記指識別手段により前記個別に識別された前記手指の指識別情報と、前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際の前記三次元座標情報とに基づいて、前記サインのデータを算出し、
前記認証判定手段は、登録サインを構成している複数のパーツごとに個別の指識別情報と三次元座標情報とに基づいて予め算出されて登録されている前記登録サインのデータと、前記演算手段により算出された前記サインのデータとを比較して前記認証判定を行うことを特徴とする認証処理装置。

【請求項2】
 
三次元空間内における検出対象物の三次元座標を所定の時間周期ごとに検出する座標検出手段と、
前記三次元空間内の前記検出対象物が登録対象者の手であるとき、前記手の手指を識別して指識別情報を生成する指識別手段と、
前記指識別手段による前記指識別情報と、前記登録対象者の前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際に前記座標検出手段にて前記所定の時間周期ごとに検出された三次元座標情報とに基づいて、前記登録対象者が前記手指の指先により前記三次元空間内に記入したサインのデータを算出する演算手段と、
前記演算手段により算出された前記サインのデータを、登録サインのデータとして登録する登録手段とを有し、
前記指識別手段は、前記手の各手指のうち何れか一本の手指のみが伸ばされて他の各手指が折り曲げられているとき、前記伸ばされた手指を個別に識別した指識別情報を生成し、
前記演算手段は、前記サインを構成している複数のパーツごとに、前記指識別手段により前記個別に識別された前記手指の指識別情報と、前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際の前記三次元座標情報とに基づいて、前記サインのデータを算出することを特徴とする認証情報登録装置。

【請求項3】
 
前記登録手段は、複数の登録対象者ごとに個別に前記算出がなされた登録サインのデータを、前記登録対象者ごとに対応させて前記登録することを特徴とする請求項2記載の認証情報登録装置。

【請求項4】
 
前記登録手段は、複数の登録対象場所ごとに、それぞれ異なる前記サインのデータを対応させて前記登録することを特徴とする請求項2または3記載の認証情報登録装置。

【請求項5】
 
前記登録手段は、前記登録対象場所ごとに要求されるセキュリティレベルに応じて、前記登録対象場所ごとに前記異なるサインのデータを対応させて登録することを特徴とする請求項4記載の認証情報登録装置。

【請求項6】
 
認証処理装置が実行する認証処理方法であって、
三次元空間内における検出対象物の三次元座標を所定の時間周期ごとに検出する座標検出ステップと、
前記三次元空間内の前記検出対象物が認証対象者の手であるとき、前記手の手指を識別して指識別情報を生成する指識別ステップと、
前記指識別ステップによる前記指識別情報と、前記認証対象者の前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際に前記座標検出ステップにて前記所定の時間周期ごとに検出された三次元座標情報とに基づいて、前記認証対象者が前記手指の指先により前記三次元空間内に記入したサインのデータを算出する演算ステップと、
前記演算ステップにより算出された前記サインのデータと予め登録されている登録サインのデータとを比較して認証判定を行う認証判定ステップとを含み、
前記指識別ステップでは、前記手の各手指のうち何れか一本の手指のみが伸ばされて他の各手指が折り曲げられているとき、前記伸ばされた手指を個別に識別した指識別情報を生成し、
前記演算ステップでは、前記サインを構成している複数のパーツごとに、前記指識別手段により前記個別に識別された前記手指の指識別情報と、前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際の前記三次元座標情報とに基づいて、前記サインのデータを算出し、
前記認証判定ステップでは、登録サインを構成している複数のパーツごとに個別の指識別情報と三次元座標情報とに基づいて予め算出されて登録されている前記登録サインのデータと、前記演算手段により算出された前記サインのデータとを比較して前記認証判定を行うことを特徴とする認証処理方法。

【請求項7】
 
認証情報登録装置が実行する認証情報登録方法であって、
三次元空間内における検出対象物の三次元座標を所定の時間周期ごとに検出する座標検出ステップと、
前記三次元空間内の前記検出対象物が登録対象者の手であるとき、前記手の手指を識別して指識別情報を生成する指識別ステップと、
前記指識別ステップによる前記指識別情報と、前記登録対象者の前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際に前記座標検出ステップにて前記所定の時間周期ごとに検出された三次元座標情報とに基づいて、前記登録対象者が前記手指の指先により前記三次元空間内に記入したサインのデータを算出する演算ステップと、
前記演算ステップにより算出された前記サインのデータを登録サインのデータとして登録する登録ステップとを含み、
前記指識別ステップでは、前記手の各手指のうち何れか一本の手指のみが伸ばされて他の各手指が折り曲げられているとき、前記伸ばされた手指を個別に識別した指識別情報を生成し、
前記演算ステップでは、前記サインを構成している複数のパーツごとに、前記指識別手段により前記個別に識別された前記手指の指識別情報と、前記手指の指先が前記三次元空間内を移動した際の前記三次元座標情報とに基づいて、前記サインのデータを算出することを特徴とする認証情報登録方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014257756thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close